エボニーネタバレ

漫画エボニーは原作JAYA先生、漫画Neida/REDICE STUDIO先生の作品です。

更新日は日曜日となっています。

 

ゴジさん
前回のおさらいガオ!

ドクターに診察された結果、エボニーの状態がついに明かされます。彼女は、とっくにボロボロでした。

特に心の傷は深く、自分のこともよく分からなくなっていました。

そんなエボニーに、ダンテは彼女が犯したとされる「犯罪」について質問をしますが…。

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「エボニー」の6話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

エボニーの【6話】の考察予想

ゴジさん
エボニー【6話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

ドクター現る!

ドクターは、なんとショートカットの女性でした!

スレンダーで背筋も伸びていますが、その顔には疲れのようなものが見えます。

ドクターは、エボニーへ問診を行い、その結果をダンテへと報告します。

エボニーの体の状態、そして――心の状態も。

 

そしてダンテがついにエボニーをベッドドン…ではなく、

ダンテがついにエボニーが犯したとされている「犯罪」へと迫る!

前回の最後で、5年前の事件の日、エボニーがどんな状況だったか、が薄っすらと描かれましたね。

5年前のエボニーを追いかけているのは、彼女が殺したとされている婚約者でしょうか?

それとも、また別の人物でしょうか?

 

エボニーは父親に反抗したことがあるようなので、もしかしたら、反抗した結果5年前のあの事件が起こってしまった…のかもしれません。

 

5年前、一体、エボニーと、父と婚約者の間に何があったのでしょうか…?

エボニー【6話】ネタバレあらすじ

――今まで、誰も信じてくれなかった。

 

エボニーが「犯罪」を犯してなどいないのだと、そう信じてくれたのはダンテが初めてでした。

そのことに、エボニーは思わず泣き出してしまいます。

おそらくお城の人達もそうなのでしょうが、はっきりと言葉にしたのはダンテが初めてです。

腕の中で子供のように泣きじゃくるエボニーを、ダンテは大丈夫だと慰めます。

誰からも信じてもらえないというのは、とても辛いことです。

しかしカルカスでは、誰もエボニーの無罪を信じてはくれなかったのですね…。

エボニーを信じてくれる人が現れて、本当によかったです…!

 

赤い薔薇が鮮やかに咲く頃、エボニーの治療を始めて一週間が経ちました。

時期としては、初夏頃なのでしょうか。

まだ、エボニーの体は全快とはいきません。

全身がボロボロだったのですから、それもそのはずですね…。

ドクターも、最初から長期間の治療になると考えていたようです。

背骨の修正や骨盤の修正など、根本からの治療。

素っ気ない様子のドクターですが、エボニーへの治療はとてもしっかりしたものです。

そんなドクターに、エボニーは言葉には出ないだけで優しい人なのだと感じとります。

 

そして一通りの診察が終わったドクターは、エボニーへある質問を投げかけます。

エボニーの元々の性格は、一体どのようなものだったのか。

彼女にもきっと、明るく可愛らしかった幼い頃があったのではないか、と。

エボニーは、その答えを濁します。

――逆らえば、罰を与えられる。

――それなら、喋らない方がよっぽどいい。

 

ドクターはそれについて深くは聞かず、代わりにお城の人達について話してくれました。

どうやら、お城の人達はほとんど外国人で構成されているようです。

エボニーは気付いていなかったことから、国の間で人の行き来が少なく、外国人というのが珍しいのかもしれません。

みんな、カルカスの外から来た人達だったのですね。

そんなフラットな視点を持つ彼らだからこそ、エボニーを「魔女」という目で見ることがないのでしょう。

国が違えば、常識もガラッと変わってしまうものですからね。

 

ドクターはエボニーへ、だからこのお城の中では人目を気にしなくていい、とアドバイスをします。

このお城の人達は、カルカスの男尊女卑の考えなんて知らないし、気にしない。

たとえエボニーが女性らしく振る舞わなくても、それでもいいのだと。

エボニーにとって、それはかなりの衝撃だったでしょう。

ちなみに、ここではとても可愛らしいエボニーのミニキャラが登場します。必見です。

それを聞いたエボニーは、少しずつですがお城の人達へと心を開いていきます。

 

更に、ドクターの出自も判明します。

外国の大学での医学部トップだったようです。

そしてカルカス、バベル以外にも、オディウム連合という新たな国らしき名前が出てきました。

そこの傘下ということですから、かなり大きな大学なのかもしれません。

卒業時のドクターの姿が描かれていますが、今のドクターと比べると月日が経っていることを感じさせますね…。

また、ドクターがカルカスに来たのはダンテによるものだったようです。

上には逆らえなかったというドクター。世知辛いですね…。

 

一方その頃、ダンテはカルカスの貴族たちによる社交場へと出向いていました。

様々な思惑が飛び交うそこで、ダンテは誰かを待っているようです。

やってきたのは――シェドル家の家主、「マーカス・シェドル」。

エボニーの死んだ婚約者――「ヴィクター・シェドル」と、同じ家名の男性でした。

エボニー6話の感想&次回7話の考察予想

笑ったり、走り回ったりするエボニーのミニキャラがとても可愛い回でしたね…!!

エボニー本人がこのくらい明るい人物になる日も、いつかはくるのでしょうか。

ドクターからのアドバイスで、エボニーの心が少しは解きほぐされてくれればいいのですが…。

 

新しい登場人物「マーカス」はちょっと狐のような顔をしていて、計算高そうな様子です。

エボニーの死んだ婚約者と同じ家の人物ですから、エボニーのことを信じていない可能性もありえますが…。

マーカスは、一体どのような人物なのでしょうか。

次回の「エボニー」も、楽しみですね。

まとめ

今回は漫画エボニー6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら