悪役のエンディングは死のみネタバレ&感想

漫画「悪役のエンディングは死のみ」は原作Gwon Gyeoeul先生、漫画SUOL先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪役のエンディングは死のみ」28話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

公爵からイクリスを屋敷に入れてもいいと承諾を得るも、義兄は良く思ってない様子です。

ペネロペはイクリスに、公爵家の人たちから認めてもらうように命令をするのでした。

≫≫前話「悪役のエンディングは死のみ」27話はこちら

悪役のエンディングは死のみ28話の見どころ・考察予想

イクリスの好感度が結構順調にあがってますね。

ハードモードだと、この上がり方は結構いいほうなのかな?と思いますが、実際のところは他のキャラクターと比較しないとわかりませんね。

 

とりあえず、イクリスがどのような手段で公爵家から認められる存在になってくか楽しみです。

少しずつ認められるにつれ、好感度もあがり、イクリスを怖がるペネロペとの関係もだんだん変わっていきそうな気がします。

悪役のエンディングは死のみ28話のネタバレ込みあらすじ

イクリスから戻る鍵を見つけたいと考えるペネロペ

イクリスの好感度が20%にあがりましたが、クリアにはまだほど遠いと思うペネロペ。

彼女はエミリーに、執事長が用意した部屋にイクリスを案内するように頼みます。

 

イクリスは「ご主人様」と声をかけ、褒めてもらえるように頑張ると言いました。

ペネロペは少し怖がりながらも、彼の頭に手をかけ撫でました。

 

まだイクリスの事が怖いが、私の選択は間違ってなく、ここから抜け出せる希望が私を突き動かすと、イクリスを見ながら思います。

イクリスは撫でられながら、助けてくくれたのがご主人さまで嬉しいと言うのでした。

 

朝になり、結局公爵とデリックはイクリスを追い出す事はしませんでした。

そして、自粛を言い訳に部屋にこもっていても干渉してくることもなかったのです。

 

しかし、公爵家が「クロード」という名の貴族を探していて、騎士団の規律が厳しくなったことをエミリーから聞きました。

そしてこのひと時は、紆余曲折があった末にイクリスを救出することに成功した私に与えられた平和だったのです。

エミリーがもってきた宝石

ある日エミリーから、食の好みが変わったと言われます。

以前は味の濃いものは食べなかったのに、辛い料理をたべるようになったからでした。

 

それを聞いてビクッとしてしまう彼女は、年を取ると好みも変わると誤魔化しました。

エミリーは納得し、一安心です。

 

そうして、用意されたチキンの骨を取るエミリーをじっと見る彼女。

次はガーリックのトッピングでもお願いしてみようと思いました。

 

エミリーは「もうじき建国祭も終わりですね」と話しかけます。

そうねと相槌を打つペネロペに、以前宝石商から注文したものが届いたとエミリーは言いました。

 

覚えがないと聞き返しますが、お祭りの前に宝石商を呼んだ話をされ、思い出す彼女。

ペネロペは思い出し、そっちのルートも考えないとと考え込みます。

 

そして、宝石をもってきてもらうことに。

用意された宝石は、綺麗な色をしたカフスボタンでした。

 

最上級の青金石だとエミリーは言い、公爵様へのプレゼントなのかと尋ねますが、ペネロペは心の中で「まさか」と思います。

ペネロペはエミリーに、商人の街にある情報やに詳しい人はいないか尋ねました。

 

仕事を頼みたいからとお願いしますが、エミリーは少し浮かない顔をします。

エミリーは「私のルームメイトが商人の街で働いてたので詳しいと思う」と言いました。

 

名前は「レナ」と言うそうです。

何処にいるか聞こうとすると、エミリーはその仕事を私にやらせてくださいとお願いしました。

 

エミリーはうつむき「その子は口が軽くて、それに・・えーと」と仕事をその子に渡したくない様子です。

何かを察したペネロペは、あなたに任せるわと指示し「近頃はちゃんと仕事をこなせてたし勘だけはいいから」と評価します。

 

すると彼女の表情は明るくなりました。

「精一杯がんばります」とお礼を言うエミリー。

 

今回の働き次第で例の針をどうするか決めたいと言うと、一転エミリーの顔色が悪くなりました。

そして「くれぐれも慎重に。信用を得るか追い出されるかはあなた次第」と忠告します。

 

エミリーは覚悟をきめたように同意しました。

5人目の攻略キャラ

私の自粛期間中に朝の仕事を終えたら情報屋を回って人探しを依頼してと頼みます。

エミリーは「誰ですか?」と尋ねると、詳細は紙に書くからそれを情報屋に渡すだけでいいと説明しました。

 

そして、代金は私の宝石でいくらでも払っていいと。

ただし、珍しい情報や商品を扱る高級な情報屋にいらいすることと、念を押しました。

 

お任せくださいと言うエミリー。

 

ヴィンターの店は規模が一番大きく、有名なところだから簡単に見つかるはず。

記憶を失ったイヴォンを探して公爵家にもどしたくらいだしと考える彼女。

 

「群青色の瞳・・仮面の商会長は侯爵様だったんですね?」とイヴォンに声をかけ、「私の本当の家族を探してくれた恩人」と説明するシーンを思い出し、イージーだって調子にのるんじゃなかったと後悔します。

 

私はハンカチの持ち主の名前や裏で情報屋をしてることも知ってるが、イヴォンのように自分で探しに行ったりはしないと。

向こうに私の存在をきづかせなきゃいけないと言います。

 

それをみてエミリーは「お嬢様にも春が・・」とときめくのでした・・

悪役のエンディングは死のみ28話の感想&次回29話の考察予想

最後エミリーは壮大な勘違いをして終わりましたね(笑)。

エミリーが自分がやりたいと言った理由は、汚名挽回したいという気持ちからでしょうか。

 

今回の任務はそんなに難しくないと思いますが、失敗しないかドキドキしてしまいそうです・・

 

そして、今回は登場率が少なかったイクリスは、次回は結構出番あるのか、それともエミリーメインなのか気になりますね。

 

あと、攻略対象であるヴィンターも近いうちに出てきそうです。

詳しいことがわからない状態なので、かなり慎重にいきそうな感じがします。

まとめ

今回は漫画『悪役のエンディングは死のみ』28話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪役のエンディングは死のみ」29話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら