公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ

漫画公爵家のメイドに憑依しましたは原作Jooahri先生、漫画Aloha先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」66話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

フェスティバル初日の舞踏会にリアンドロのエスコートで参列するイベリナ。リアンドロは滅多にこうした席には顔を出さないし、冷たいと評判なので皆に驚かれます。そして皇帝がイベリナを呼んだのは「呪い」に関係していると考えたからでした。

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら

公爵家のメイドに憑依しました66話の見どころ・考察予想

パーティー会場で、イベリナはエレオノラと皇帝に初めて会うことになります。

そして、この場でディエゴとエレオノラの婚約発表が。

 

イベリナは案外能天気にことを考えていました。

原作ではエレオノラに失恋したリアンドロが反乱を起こして処刑されますが、もうその心配はなくなったと思っているからですね。

 

リアンドロはエレオノラに対して塩対応だし…。

でも、イベリナの知らないところで別のストーリーが動いています。

 

まず、皇帝がイベリナに興味を持っていること。

リアンドロの呪いが解けたのはイベリナに何か関係しているのでは?と勘づいているようです。

 

そして!

ディエゴです。

 

男爵家で会った時に執着しているように見えました。

この2人はイベリナにどう関わってくるのでしょうか!?

公爵家のメイドに憑依しました66話のネタバレ込みあらすじ

パーティー会場で―。

イベリナの予想通り、リリアナに令嬢たちが熱い視線を送っています。

 

どう見ても美青年にしか見えないリリアナに、なんでおまえばっかりモテるんだとリカルドが文句を言いますが、護衛で来ているのでリリアナは仕事モードなのでした。

エレオノラの辛い境遇

会場には大勢の人がいるのに誰もダンスをしていないことを不思議に思ったイベリナがなぜかとリアンドロに訊きました。

 

普通は皇族がスタートを切るからだと言われて、じゃあリアンドロも?とイベリナが訊ねると、そうだけど踊りたいのか?と訊き返されます。

 

いえ別にと即答するイベリナにしゅんとするリアンドロ…。

そのとき会場がざわづいたので目を向けると、エレオノラが。

 

アンブロセティ人であるエレオノラを中傷する言葉があちこちから聞こえます。

それもわざと本人に聞こえるように言うのでした。

 

イベリナは、そもそも王国を帰属したのは帝国だし、リアンドロはそのせいで呪いにかけられたのに、と不愉快に思います。

 

そのうち、1人の令嬢が取り巻きを連れてエレオノラに直接言いがかりをつけてきました。

さらに、思い切りエレオノラを突き飛ばしたのです。

 

倒れそうになったエレオノラに、思わず手を差し伸べるイベリナ。

ところが一緒に倒れそうになってしまいました。

 

リアンドロが抱えて難を逃れたイベリナに、お節介なやつ、と不機嫌そうに言います。

さらに、出しゃばらなくても侍女が助けると言われたので、ムッとしたイベリナがただ見てろっていうのかと言い返しました。

 

エレオノラが2人に言い合いに割って入ってお礼を言います。

エレオノラはリアンドロが呪いにかかっていた公爵だとすぐに気付きました。

 

その呪いをかけた国の王女である自分のことを、よく思っていないのは当然だと思うエレオノラ。

でも、ちらりとも見ようとしないリアンドロにさらに気まずさを覚えるのでした。

 

2人に挟まれたイベリナも…。

エレオノラがイベリナに話しかけた時、皇帝が会場にやってきました。

ディエゴに見つかった!?

皇帝をひと目見て、イベリナは原作通りに威厳がある人物だと感想を持ちます。

ディエゴにもそっくり。

 

壇上に上がった皇帝は、会場を向くとリアンドロの隣りにいるイベリナに目を向けました。

 

イベリナも見られてる?感じますが、まさかと思い直します。

リアンドロとエレオノラに挟まれているからそう感じただけだろうと…。

 

皇帝の乾杯の言葉で杯を持ち上げる参列者たち。

そして、皇帝は今日集まってもらったのには理由がある、と言ってエレオノラを呼びました。

 

次にディエゴに声をかけます。

会場がざわめきました。

 

イベリナは、2人の婚約発表シーンをこの目で見られるなんて、と悦に入っています。

 

その時、壇上に向かうディエゴがイベリナを見て、男爵家で会った生意気なメイド?と足を止めました。

じっとイベリナを凝視するディエゴ。

 

まさか気付いた!?と焦るイベリナ。

ディエゴは、やっと見つけた…とニッコリ微笑むのでした。

公爵家のメイドに憑依しました66話の感想&次回67話の考察予想

イベリナはひょんなことからエレオノラと接触してしまいましたね。

 

リアンドロは相変わらずのつれない態度で、ここに恋の予感はまったく感じないのですが、エレオノラはリアンドロのことを気にして入るようです。

それは呪いをかけた国の王女としてなのかはわかりませんけど。

 

イベリナとしては、このままディエゴとエレオノラが結婚してハッピーエンド。

自分はリアンドロと人生を歩んでいこうと思っているはずです。

 

でも、ディエゴがイベリナに強い関心を持っている感じで嫌な予感がします。

皇帝もイベリナに何かしてきそうですね。

2人に新しい試練が!?

まとめ

今回は漫画『公爵家のメイドに憑依しました』66話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら