お見合い相手はうちのボスのネタバレ

漫画「お見合い相手はうちのボス」は原作Haehwa先生、漫画NARAK先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「お見合い相手はうちのボス」61話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

公でとはいかないが、ジフと正式に恋人同士になったユナは会社でも浮かれますが、上司から「寿退社は困る」と言われてしまいます。

そして、入院中のジュンと見合いに来たスアもラブラブなひと時を過ごすのでした。

≫≫前話「お見合い相手はうちのボス」60話はこちら

お見合い相手はうちのボス61話の見どころ・考察予想

新しキャラが登場か?と思わせるところで終わりましたが、このキャラが深くかかわってくるのかどうなのか・・

今の所障害がないユナとジフに対し何かしらアクションを起こす可能性もあると思います。

 

まだ彼の真相がわからないですが、ジフがジュンが療養中の助っ人って感じですね。

前回がラブラブ満載の回だったので、今回はストーリーが結構進みそうな気がします。

お見合い相手はうちのボス61話のネタバレ込みあらすじ

謎の男性の正体は?

目の前にいる男性が社長ではなかったので、驚くユナ。

男性は乗らないのか尋ね、ユナは戸惑うばかり。

 

先にと男性にエレベータを譲り、男性は去っていきました。

ユナは危うく「ジフさん」と呼ぶところだったと反省します。

 

それよりも、なんで社長が来てくれないのかがきになるのでした。

 

その頃ジフは、怒らせてしまったユナの機嫌をどう直そうか考えながらユナのもとに向かっていました。

待っていたエレベータのドアが開くと、前立っていたのは先ほどの男性。

 

彼はジフに「はじめまして!本日面接を受ける予定のユン・ジフンと申します」とあいさつしました。

ジフンという名前に戸惑うジフ。

 

「どうもはじめまして、早く着きましたね」とジフも挨拶し、ユンは大事な面接に遅れるわけにはいかないと説明しました。

ユンはジフに行先を聞きますが、ジフは答えられないので社長室に行くことに・・・

ドタキャンされた仕返しに・・・

一方ユナは持ってた紙コップを握りしめてました・・

許してあげようと思ってたが「すいません急用ができたので、今晩会って説明します」と謝罪通知が届いており、先に会おうって言ってたのに今晩説明しますという内容に超激怒です!

 

ふてくされながらユナはスアに連絡をとり予定を聞きくのでした。

飲み屋で待っていると、遅れてきたスア。

 

ジュンの所によってたから遅れたとのろけるスアに、遅いと怒るユナ。

今日も見舞いに?と尋ねるユナに、毎日顔見ないと我慢できないとのろけるスア。

 

そんなに会ったら飽きるのでは?との問いに、全く飽きなくむしろどんどん好きになっていると、さらにのろけます。

ユナは、言い方悪いけどスアを捨てようとした男なのに?と言いますが、スアは「捨てようとした人が変わりに事故に遭ってくれるわけないでしょ?」と。

 

私の事は愛してるけど、パパの一件で自信なくしちゃっただけと説明し、でももう結婚するしたから大丈夫と告白しました。

 

「結婚!?」と驚くユナ。

付き合って間もないのに結婚って早すぎるのでは?と心配します。

 

しかしスアは時間なんて関係ないと突っぱね、運命相手だからと断言しました。

そして、ユナも付き合うことになったことを知ってるスアは話を聞こうとします。

 

ユナは結婚に確信がもてないとのこと。

スアとは対照的なユナの返答に、両想いなんだからと背中を押そうとしますが、ジフがここまでに結婚を迫った回数を考えるとスアもユナが躊躇してることに納得します。

 

私と結婚したいのか結婚したいだけなのか、ジフの本心はまだユナには掴めず、当分結婚の話はなしにしてもらってるとスアに説明しました。

スアはユナの話をきいて、ジュンが「結婚が先延ばしになった」と嘆いていた原因はこれかと判断。

 

スアは「とりあえず話をきいて」とユナにいいました。

ユナに初めて見合い代行を頼んだが、その相手がよりによってカン・ジフだったと。

 

そして、2回目に会いに行ったときは帰ってもよかったが、ユナが居眠りして帰れなかった。

カン・ジフはユナの正体に気づいた後もクビにせず結婚したいと言った。

 

これまでの経緯をスアは説明し、ユナにジフは何でそういう行動をしたのか考えさせます。

分からないユナにスアが言った回答は「運命だから」。

 

ユナは先日ジフが言った「運命を感じました」という言葉を思い出します。

しかし我に返り「運命なわけない」と、危ないところでした。

 

スアは次の手を考えます。

朝目が覚めた時に隣で寝ている社長の姿を想像してと言い、今日みたいにお酒飲んだ翌日にユナの為に朝食を作ってる姿を想像させるスア。

 

そしてシャワーを浴びてるときに「一緒に」と入ってくるジフの姿。

そこに関してはジフの丸裸な姿をユナが想像してしまし、慌てて「やめてえええ」と叫びます。

 

べろんべろんに酔ってる2人は、結婚しろ、嫌だの論争を繰り広げました。

あんたが結婚しないと私が出来ない」とスアは愚痴りますが、「そんなこと知らない」とやけ酒を飲むユナ。

 

ついにユナは意識をうしなってしまい、慌てて起こそうとするスア。

しかし泥酔してしまい、弟のユノに電話しようとしますが、止めてある人のところに電話するスア。

やはり傍にいてほしいユナ

ユナが起きるとスアが座っていた席にはジフが・・・

ジフはユナに「連絡とれなくて心配してましたが、こんなところで飲んでいたとは・・」と呆れます。

 

そして「別れましょう」と切り出すジフ。

戸惑うユナに「ユナさんが私と結婚したがらないなら、ほかの人をさがします」とこの場をさろうとします。

 

呼び止めるユナの話を聞かずに「私は結婚しにいきます」と出ていきます。

ユナは泣きながら「私と結婚したいって言ったじゃないですか!」と訴えますが、「手遅れなので失礼・・」と結婚式場のバージンロードを歩くジフを追いかけるユナ。

 

「だめぇぇぇ!」と起き上がるユナ。

実は夢を見ていたユナは、涙をながしていました。

 

そこへ優しく微笑むジフが目の前に座っています。

悪い夢でもみていたようですね」と言うのでした。

お見合い相手はうちのボス61話の感想&次回62話の考察予想

なかなかイケメンのユン。

どことなく姿がユナが片思いしていたミヌに似ている気がします。

 

やはり中途採用で、これから面接を受ける予定なんですね。

なかなかの好青年な感じがしました。

 

そして、ユナの怒りが久々に爆発ですね(笑)。

仕返しにスアと飲みに行くところが、心配してほしいが故の行動だなぁって可愛く思えます。

 

スアはスアで、ジュンと結婚するにはユナに結婚してもらわないといけないので大変ですね。

ユナがジフに「結婚しましょう」と言うまでには結構時間かかりそうな気がします。

 

最後はジフが去っていってしまう夢まで見て、ユナには後悔なくジフが本気でユナと結婚したいのかどうか見極めていってほしいと思いました。

 

次回はまたラブラブに戻るか、ユンが秘書代行として働きだすか、展開が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『お見合い相手はうちのボス』61話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「お見合い相手はうちのボス」62話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら