怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画怪物公爵と契約公女は原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「怪物公爵と契約公女」70話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

コンラッドが新しい護衛についたと知って、レスリーは心強く思います。初日、大量の洗濯物を請け負ったレスリーを川まで案内したコンラッドは、少しは息抜きが必要だと木陰にレスリーを座らせ、持参したお菓子を手渡すのでした。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

怪物公爵と契約公女70話の見どころ・考察予想

レスリーは淡々と試験を受けていますが、本当のところは疲れも出てきています。

そんなときコンラッドが護衛についてくれることになって、本当に心強く感じました。

 

コンラッドは前からレスリーの護衛につきたいと言っていたようですね。

それをよく思わない人がいるから、レンティウスが自分が先に護衛についてコンラッドを呼びつけるという格好をとったのです。

 

そのコンラッドもまた、心配事の多い環境で育っていました。

父親のコンラッドに対する態度は、酷いものでした。

 

弟を守りたいと子供の頃から頑張ってきたコンラッド。

今は守りたい人が2人になって胸を痛めています。

 

本当に体が2つあれば…という心境なのです。

 

さて、神殿の外でもなにやら動きがありそうです。

アシュラがマディアに会いに行きます!

怪物公爵と契約公女70話のネタバレ込みあらすじ

コンラッドは、エリーがレスリーに何かしてきていないか心配していました。

大人しくしているとレスリーが答えると、安心するコンラッド。

 

スペラード侯爵の消息について、何も進展がないことを申し訳無さそうに謝罪しました。

気にかけてくれるだけで充分だとレスリーは答えるのでした。

スペラード侯爵夫人は今…

レスリーは侯爵夫人がなんの動きもないことを不思議に思います。

裁判に負けた後、夫人は生家のルゲイン子爵家に身を寄せていました。

 

ルゲイン子爵はかつて酷い干ばつで大きな被害を受けましたが、スペラード侯爵と縁談が持ち上がり九死に一生を得たのです。

その際首都に近いルゲイン領はスペラード家の手に渡るようになりました。

 

スペラード公爵家が没落した今、子爵家が領地を取り戻そうとしてもよさそうなのになぜ何もしてこないのかと思うレスリー。

 

そんなことを考えて押し黙ったままのレスリーに、エリーのことを考えているのだろうと思ったコンラッドがやっぱり納得がいかないと言い出します。

 

今すぐ司祭のところへ説明に行くと言うコンラッドに、サルバトール公爵も何度も抗議してもダメだったと説明しました。

 

王権と神権は完全に分立していて、特に最初の司祭に関することは、たとえ皇帝陛下でも安易に手出しはできないのです。

 

監視も付いているから大丈夫だと言うレスリーに、それでも何かあったらすぐに相談してくれとコンラッドが言いました。

コンラッドの事情

神殿に戻ると、レンティウスがコンラッドを話があると言って呼びました。

レスリーの手伝いを目につくところでしないように注意をしますが、コンラッドがレスリーに特別な感情を持っていることをからかいます。

 

本来の目的はコンラッドへ手紙を渡すことだったようで、本当はよくないと言いながらその場で読むことを許可しました。

弟のフリートからで、母親の具合がよくないという内容でした。

 

コンラッドが暗い顔をしているので何かあったのかレンティウスが訊ねます。

母親のことと、弟が精神的に参っていることを伝えました。

 

父親は母が病気になった4年前からおかしくなり、弟は息を殺して生活している状態なのです。

当分の間親戚に預かってもらうようレンティウスも提案しました。

 

それも考えていると答えるコンラッド。

体が2つあればいいのに、とこぼします。

大丈夫だ、とレンティウスは慰めました。

アシュラとマディア

その頃マディア太后の庭園で何やらガヤガヤと騒ぎが起こっていました。

押し止める護衛を無視してずんずん入ってくる人物。

 

マディア太后の侍女が誰だろうと近づこうとすると、マディアがかまわないと言いました。

友人が訪ねてきたようだと言ったとき、アシュラ・サルバトール公爵が姿を現します。

 

不穏な空気が流れる中、マディアがアシュラをお茶に誘いました。

アシュラもその誘いを受けます。

 

マディアがお茶の用意をするよう侍女に言いつけますが、護衛がいなくなると心配しました。

 

マディアは帝国の最も高貴な守護者が付いてくれるのだから心配ないと言って、アシュラにそうでしょう?と訊きます。

責任持ってマディアのそばについていると答えるアシュラ。

 

2人になると、マディアがここには何の用できたのかと訊ねるのでした。

怪物公爵と契約公女70話の感想&次回71話の考察予想

コンラッドも家庭環境には恵まれない幼少期を過ごしていました。

レスリーと知り合ったばかりのまだ成人前の少年のときでさえ、父親から弟を守っている姿が描写されています。

 

だからこそなのか、最初からレスリーには好意的でした。

それが青年期にさしかかり、恋心に変わっていったのでしょう。

 

でも、かなり前からコンラッドはレスリーに対して特別な感情を持っていたのは確かですね。

レスリーも早く自分の気持ちに気づけばいいのに、と思います。

 

でも、今はまだそれどころではないでしょう。

アラベーラにならないと、18歳になったら契約が終了してしまうとレスリーは思っていますから。

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』70話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら