シャーロットには5人の弟子がいるネタバレ

漫画シャーロットには5人の弟子がいる原作、漫画YongYong先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「シャーロットには5人の弟子がいる」52話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

エヴァンが災いと関係していると確信を持つシャーロット。「災いの痕跡」を封印するしかないと思いますが、今の自分には力があるだろうかと不安にも思います。その時、ジェフリーがシャーロットのもとに駆けつけました。

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら

シャーロットには5人の弟子がいる52話の見どころ・考察予想

ジェフリーに、1人で抱え込むなと言われ、シャーロットはダンやマーベルの魔術師の力を借りて、災いの痕跡を封印しようと試みます。

 

その中にはバーモンもいました。

シャーロット・エレノアを崇拝し、彼女を利用しようとする輩を罵倒し、アリア・リッセンとして現れたシャーロットにも塩対応だったバーモンですが、目の前で先頭に立ち魔法陣を操る姿を見て、もしや…と気付きます。

 

そして今回は、エヴァンとの出会い?と思わせる描写もあります。

シャーロットの「呪い」ははなからエヴァンと関係していたのでしょうか!?

シャーロットには5人の弟子がいる52話のネタバレ込みあらすじ

シャーロットは、「災いの痕跡」と呼ぶ不気味な塊には手を出すなとジェフリーに言います。

余計に危険になるかもしれないから、と。

 

その間にもエヴァンは塊を使って攻撃を続けます。

シャーロットの決断

シャーロットたちと離れた場所に立ち、エヴァンは攻撃をしていました。

シャーロットは、ジェフリーにエヴァンをあの塊から遠ざけて欲しいと頼みます。

 

アレは?とジェフリーが訊くと封印すると答えるシャーロット。

大丈夫?と訊くジェフリーに、1人ではできなくても、ジェフリーが言ったとおり私は1人じゃないと答えました。

 

シャーロットはバーモンの手にしている魔術師の杖に手を伸ばし、魔浄石を持っているかと訊きます。

はい?と訳のわからないといった返事をするバーモンをよそに、次にダン!と呼び寄せました。

 

ダンはすぐにシャーロットの元に駆けつけます。

エヴァンはどうするかとダンが問うと、ジェフリーが相手になると言いました。

 

ジェフリーはエヴァンの前にあっという間に移動しています。

 

君のしつけを任されたとエヴァンの門前に現れたジェフリー。

実はね、初めから君が気に食わなかったと挑発するように言いました。

 

ものすごいソードマスターの力が、離れた場所にいるキルハルトにも伝わります。

その存在感にキルハルトが圧倒されていると、シャーロットに呼ばれました。

 

ダンが魔法陣を展開する間、邪魔が入らないようにサポートをするよう頼まれます。

ここでシャーロットの後ろに控えているマーベルの魔術師お中にバーモンがいることに気付きますが、挨拶を交わすような時間はありません。

 

そうこうしている間にも、次々不穏な魔獣の気配が…。

それらを自分たちに任せてくれとシルバインが言いました。

偉大な大魔術師シャーロットが目の前に!?

シャーロットは先頭に立ち、変形した魔法陣を描くと言います。

ダンに指示を出し、最後の数式とコントロールをバーモンに頼むシャーロット。

 

バーモンには、マーベルの主席魔術師ならできますよね、と言葉をかけました。

やってみますと答えるバーモン。

 

では、はじめましょうか…シャーロットの合図と共に一同が動き出します。

 

ダンが動きを止めている間に準備を初めますよ、とシャーロット。

バーモンは前に立つシャーロットの後ろ姿を見ながら、自分のマナが彼女に伝わっているのを感じます。

 

今行っていることはバーモンにとって初めて。

全く別のタイプの魔法陣を組み合わせて封印の陣を作り、それも完璧なバランスで一瞬で展開したのです。

 

誰かに教わってできることではないと思うバーモン。

ジェフリーと親しげな様子、自然と魔術師たちの先頭に立ち、ダンに堂々と命令を下せる人…。

 

本当にあの方が目の前にいるのかと信じられないのでした。

シャーロットの過去の話

場面は変わり、大魔術師シャーロット・エレノアとしての人生を歩んでいる時―。

 

シャーロットに、なぜそんな真似をするのかと訊く小動物に擬態した精霊に、過ぎたことを後悔しても仕方がないとシャーロットが答えています。

 

後悔するぞ、という忠告をあとに、シャーロットは呼ばれるまま駆けつけると、数人に押さえつけられた1人の少年が。

シャーロットがいなくなったらいきなり暴れたのだと説明されます。

 

放してやれとシャーロットの言葉に、戸惑いながら言うとおりにすると、その少年がシャーロットめがけて走り寄ってきました。

 

シャーロットがスルッとよけると、そのままバタっと倒れてしまいます。

起き上がった少年は、ものすごい目で睨みながらシャーロット…と名前を呼びました。

 

シャーロットはクスッと笑って、師匠と呼びなさいと言うのでした。

シャーロットには5人の弟子がいる52話の感想&次回53話の考察予想

最後に出てきたシャーロットの1度目の人生の回想シーンの少年は、多分エヴァンだと思います。

 

エヴァンはシャーロットにとって厄介な弟子だという感じがしました。

弟子は5人共癖はありけれど、それとは少し違う感じの。

 

それがずっとジェフリーが危惧していた「呪い」と関係しているのかはまだわかりませんが、なんとなくそうかな、と思います。

 

そしてまだメインストーリーには登場していない4番目の弟子の、エルドの存在もきになります。

そろそろ出てこないのかな?と期待は高まるのですが…。

まとめ

今回は漫画『シャーロットには5人の弟子がいる』52話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『シャーロットには5人の弟子がいる』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら