悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ

漫画悪女は砂時計をひっくり返すは原作SANSOBE先生、漫画Antstudio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」44話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ミエールとオスカーの婚約がイシースの口から発表されアリアはショックを受けますが、アースからの花束で落ち着きを取り戻します。まだ時間はある、と心機一転するアリア。ミエールへの挑発は続くのでした。

≫≫『悪女は砂時計をひっくり返す』の他の話数ネタバレはこちら

悪女は砂時計をひっくり返す44話の見どころ・考察予想

アリアの挑発に大激怒するミエール。

そんなミエールにエマは宥めたりアイデアを出して未来の公爵夫人への軌跡を作ろうとしています。

 

人脈が必要だと言って、勢力を伸ばしている下級貴族や平民の奥方を招待してパーティーを開くよう進言しました。

 

ところが、伯爵令嬢として蝶よ花よと育てられたミエールが、夫人たちと価値観が合うわけがありません。

 

ミエールが何をしているのか気になったアリアは、直接パーティーに乗り込んでいきます。

すると、自分のよく知っている家門の人ばかり!

悪女は砂時計をひっくり返す44話のネタバレ込みあらすじ

オスカーから返されたブローチをわざとつけてミエールの前で挑発するアリア。

嫌がらせだと悟ったミエールは地団駄を踏んで悔しがります。

そんなミエールを慰めるエマ…。

ミエールの背後にエマ!

ミエールはヒステリーを起こし、部屋で物を投げつけてアリアに対する罵詈雑言を叫んでいました。

割れたガラスの破片を片付けなから、エマがミエールを気遣います。

 

落ち着きを取り戻したミエールが、アリアの監視にと送った侍女のベリーについて訊ねました。

全然役に立っていないことに、ミエールもエマも落胆します。

 

こうなったらイシースに手紙を書くしかないとミエールが言い出したので、それは得策ではないと思ったエマが進言しました。

 

オスカーを信じて待つよう宥めるエマに、ミエールは信じているけれど邪魔者がいるから困るとアリアのことを仄めかすと、その件は任せてくれとエマが言います。

 

ミエールは公爵夫人になることだけを考えるよう言葉をかけるエマ。

 

そこで、エマが最近勢力を伸ばし始めた貴族のことを持ち出します。

脈を広げるために交流を持つことを勧めるのでした。

ミエールの招待した夫人たちは!?

しばらくして、ミエールが下級貴族や平民の奥方を招待してパーティーを開いているとアニーから聞き、アリアも気になっていました。

 

今までは貴族の中でも上流階級の人にしか会わなかったミエールの趣旨変更を訝しむアリア。

 

過去ではこんなことは起こらなかったので、黙ってみていられなくなったアリアは、パーティーに挨拶だと言って顔を見せます。

 

同席していいかとアリアが声をかけると、ミエールの返事も待たずに夫人たちが招き入れました。

自分に興味があるからですが、マナーはなっていないと思うアリア。

 

夫人たちが自己紹介を始めると、皆聞き覚えのある家門です。

この場にいる夫人のほとんどが、アリアが投資した家門でした。

 

そこで、アリアは以前事業家たちに定期的に交流の場を持つよう伝えたことを思い出します。

この人達を招くなんて、ミエールは何を考えているのかとアリアはさらに訝しく思うのでした。

ミエールと夫人たちの温度差

彼女たちは投資者Aについて褒めそやすので、アリアはちょっとくすぐったい気持ちになります。

 

アリアが一つの家門の事業について話題にして感想も述べると、投資者も同じことを言っていたと喜ぶ夫人。

夫人たちは士気が上がって自分たちももっと頑張ると口にしました。

 

するとミエールが夫人たちが事業の手伝いをしていることを聞き、いきなりダメだと言います。

夫人の役目は家門を守ることだと断言するミエール。

 

そこでアリアは、旦那さまのサポートをするなんて素敵だと反論します。

ミエールがあからさまにムッとした表情を見せました。

 

場の空気を読んだ1人の夫人が、いずれは人を雇うと言うとミエールも満足そうに夫人のやるべきことは他にあると言います。

アリアとミエールが火花を散らし始めたので、件の夫人が場を取りなしました。

 

ミエールは貴族としての夫人の役割を諭した後、次の集まりに誘います。

次回は知り合いを紹介すると言うので、もしかして公爵家かとヒソヒソと話をする夫人たち。

 

そのとき、ミエールが記念品だと言ってバラ模様のクリスタルブローチを差し出しました。

ところが、夫人たちはブローチを受け取ろうとせず、次回の参加も辞退します。

 

ミエールは完全にへそを曲げて、気分が悪いと言って席を立ってしまいました。

 

夫人たちは機嫌を損ねてしまったと困惑します。

そこでアリアが次回は自分が開催するから参加しないかと提案しますが、どうも反応がよくありません。

 

微妙な雰囲気になりますが、そのとき夫人の方から自分たちの集まりに参加しないかとアリアは誘われるのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す44話の感想&次回45話の考察予想

ミエールは結局のところ貴族のお嬢様。

今のアリアに太刀打ちできるはずはありませんね。

 

どうやらアリアの投資は成功し続けているみたいです。

 

どれだけの資産を築いたのか気になりますね。ただ、アリアは伯爵家を出てからも1人で生きていけるだけの富を欲しいと思っているだけだから、あまり「欲」を感じさせないのでしょう。

 

そこが魅力でもあります。

夫人たちはアリアを集まりに誘いますが、それは人としてアリアに魅力を感じたということなのでしょうか?

 

ミエールのおかげで、アリアの人脈が広がりましたね。

まとめ

今回は漫画『悪女は砂時計をひっくり返す』44話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『悪女は砂時計をひっくり返す』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら