俺だけレベルアップな件のネタバレ込みあらすじ&感想

漫画俺だけレベルアップな件原作Chugong先生、漫画H-goon先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「俺だけレベルアップな件」124話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

DFNで一番のギルド「抜剣」をはじめ、DFN内の各ギルドやハンターが官邸に集まり、首都上空に発生したS級ゲートの攻略方法について議論を展開するのでした。

結果として、補助系最強のS級ハンター「ユーリ・オルロフ」にオファーを出すことを決めます。

 

「ユーリ・オルロフ」は1日1千万ドルという大金を要求されるのでした。

職業スキルがレベルアップしたことによって、影との感覚共有を行う事が出来るようになった水篠ハンター。

 

「カルテノン神殿の鍵」のゲート位置の表示まで1日弱となり、DFNの巨大ゲートよりそちらが気になります。

≫≫前話「俺だけレベルアップな件」123話はこちら

俺だけレベルアップな件124話の見どころ・考察予想

DFNでは、巨大ゲート攻略のため、ユーリ・オルロフと金額交渉を行っています。

最初は余りの大金に驚きますが、ユーリ・オルロフの実力を直に確認する事で、理由に基づいたものであることを確信するのでした。

 

一方、水篠ハンターはカルテノン神殿の鍵のゲートの位置が公開となり、再び2重ダンジョンに突入します。

俺だけレベルアップな件124話のネタバレ込みあらすじ

ユーリ・オルロフとの交渉の行方

ユーリ・オルロフが吹っ掛けた「1日1千万ドル」の雇用費用に驚かされます。

しかし、国家権力級のトーマスとなると36兆ドルほど必要になる事から年間36億ドルで済む分、破格であると説明を加えます。

 

他のメンバーはロシア語が出来ないため、雰囲気だけで2名の交渉を見ていますが、順調でない事は状況を見て理解しているのでした。

更にユーリ・オルロフは同席している2名の様なS級ハンターを100名雇うより自身を雇った方が国防に適している。と追い打ちをかけます。

 

それを表明するために、同席者2名に対してスキルを発動し、1歩も動けなくなることを体験させるのでした。

まるで全身を縛られたかのようにS級ハンター2名が全く身動きを取る事が出来ない状態に陥るのでした。

 

文字通り力を見せつけられた一同は費用に対して十分な力がある事を理解します。

費用を支払うのは政府であるため、政府に今の話を通すべく連絡を入れるのでした。

突入2重ダンジョン

一方、日本では、水篠ハンターの持っているカルテノン神殿の鍵のゲートの位置の公開まで、1分を切っている状況です。

ゲートの位置は以前オークに襲われた妹の高校の校庭です。

 

水篠ハンターが急行すると、既に校庭には出現してから3日経過しているゲートが存在しています。

 

状況を見て、カルテノン神殿の鍵を使用するゲートが位置の発表と共に現れるのではなく、既存のゲート内に鍵が必要となる扉が発生していることを理解した水篠ハンター。

このゲートはC級のゲートでハンターが2時間前に潜入したという情報を聞きます。

 

とにかく、C級ゲートを攻略しようとしている攻撃隊が危険であることを理由にゲートの中に潜る事に成功するのでした。

ゲートの中では2時間前に潜った攻撃隊が全く開かないボスの扉の前で立ち往生しています。

そこに到着した水篠ハンターは、この扉が2重ダンジョンに続いているものであり、危険であると説明します。

 

鍵を使用して扉を開ける水篠ハンター。

すると、自分たちが攻略していたダンジョンを横取りされては面白くない攻撃隊の1名は扉の向こうに踏み込みます。

 

以前、水篠ハンターが覚醒した時に見た巨大な騎士の像がこの1名に襲い掛かります。

水篠ハンターのお陰で間一髪攻撃を避けることができ、名実共に危険であることを理解するのでした。

 

「2重ダンジョンが発生したことを協会に連絡してください」と言い残し、水篠ハンター1名が扉の奥へと進んでいきます。

 

壁に灯る青い炎と、無数の巨大な像に囲まれた部屋。

そして、その中でも1まわりサイズの大きい神官の像が中央の椅子に腰かけています。

 

またしても2重ダンジョン。

しかも全く同じ部屋にたどり着いた水篠ハンター。

 

しかし、レベルアップする事で、あの時とは比べ物にならないほど力を付けた水篠ハンターは、像がただの操り人形であり、魔力を放っている唯一の存在は、ルールの石板を持っている像であると確信します。

 

何か言えよ」の問いかけに、怪しげな笑みを浮かべながら「やっと来たか」と応答するのでした。

俺だけレベルアップな件124話の感想&次回125話の考察予想

ユーリ・オルロフはかなりの実力者であることが今回の話で分かりました。

更に、発言に迷いがないことから超巨大S級ゲート攻略の作戦が彼の中にはあるのかもしれません。

 

また、水篠ハンターは再び原点ともいえる2重ダンジョンに潜入したわけですが、以前の「ルール」が残っているのであれば、像とのバトルは避けることが出来ないのではないか?と予測します。

次回はDFN、2重ダンジョンどちらの話が進むのかは分かりませんが、いずれにしても重大な局面であると言えます。

まとめ

今回は漫画俺だけレベルアップな件』124話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「俺だけレベルアップな件」125話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら