できるメイド様ネタバレ&感想

漫画できるメイド様 は原作sanho先生、漫画yuin先生の作品で『ピッコマ』で配信されています。

今回は「できるメイド様」43話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

東方教国から使節団が来ていると聞いた皇太子。異教徒である彼らにいい感情は持っていないものの、数百年ぶりの正式な使節団なので断るわけにはいきません。そこで、テストも兼ねて皇太子妃候補に接待を任せることに…。

≫≫「できるメイド様 」42話ネタバレはこちら

できるメイド様43話の見どころ・考察予想

アリエルとレイチェルのどちらかに接待をさせて、皇太子妃としての器量をテストするのもいいと提案された皇太子。

結果として、財力的にアリエルが接待することになりました。

アリエルはちゃんと接待ができたのか!?

異教徒の接待は特に料理に気を配る必要があります。

アリエルも事前に注意する点を聞いていたのですが…。

 

結果的に使節団を怒らせてしまいます。

 

皇太子も頭を悩ませますが、その時レイチェルが問題を解決する方法があると皇太子を訪ねてきました。

その後ろには当然…。

できるメイド様43話のネタバレ込みあらすじ

皇太子妃候補のアリエルとレイチェルはどんどん火花を散らしていきます。

その日も気位の高いアリエルはレイチェルに対する怒りでヒステリーを起こしていました。

アリエルが接待!?

悔し涙を浮かべるアリエルを侍女たちが宥め、最後に選ばれるのはアリエル令嬢だと励ましていました。

そこへ、東方からの使節団の接待をどちらかに任せるという知らせが入ります。

 

財力で勝っているアリエルは絶好のチャンスだと張り切りました。

レイチェルに私こそ皇太子妃に相応しいと見せつけてやると意気込みます。

 

そしてマリに対しても敵意を向けるのでした。

 

同じ知らせを受けたレイチェルは、アリエルが接待を成功させたら皇太子は彼女を選ぶに決まっていると焦りを見せます。

 

レイチェルもアリエルの家門の財力をよく知っているので、失敗でもしない限りチャンスは来ないだろうと思うのでした。

 

マリは、国益に関わる問題なのに、皇太子候補を利用することに疑問を持ちます。

アリエルがちゃんと接待をできるのかも不安でした。

 

異教徒の接待は、文化の差を十分考慮しないといけません。

まさか豚肉料理を出したりしないかと心配になるマリ…。

使節団カサン、怒り出す

東方教国からの使節団が帝国にやってきました。

使節団のカサンは、はなから気がすすまない様子です。

 

それでも、丁重にもてなされ、機嫌も良くなりました。

アリエルの用意した晩餐会に招待すると、喜んで出席すると返事をします。

 

アリエルが丁寧な挨拶をすると、こんな美人と一緒に食事ができるなんて嬉しいと軽口を言うくらいでした。

 

アリエルも教国では豚肉と酒は口にしないと聞いていて、細心の注意を払っているつもりです。

一つのミスも許されない…と。

 

食事が進み、メインディッシュが運ばれてきました。

仔牛のステーキだと聞いたカサンは顔色を変えます。

 

これはイスラム教に反すると怒鳴りました。

この肉は豚肉ではないとアリエルが説明しますが、ハラールではない肉は食べられないと激怒します。

 

バカにされたと思ったカサンは怒り心頭で席を立ってしまいました。

悩める皇太子に救世主?

この話を聞いた皇太子は、こっちから招待したわけでもないのに我儘だとため息をつきました。

事前にメニューを確認したときには問題になるようなものはなかったのに、一体何が問題だったんだと訊ねます。

 

問題なのは仔牛のステーキがハラール肉ではないということ。

ハラールとは、イスラム教で許されている屠殺方法なのでした。

 

使節団が激しく抗議をして断食を宣言しています。

イスラム教に反していない料理を出さない限り、要件さえ話さないつもりだと聞いて、面倒なことになったと皇太子も頭を抱えました。

 

数百年ぶりに使節団を送ってくるほど重要な要件があるはずだから、話も聞かずに帰すわけにはいかないと思う皇太子。

でも、教国の言いなりになるわけにもいきません。

 

無理な要求には応えることなく和解する方法はないかと思い悩んでいました。

 

ふとマリの顔が浮かびます。

でも、いくらマリでも知らないだろうと思い直し、頭からその考えを払拭する皇太子。

 

レイチェルが対応できる問題でもないと思っているところへ、当のレイチェルがやってきました。

レイチェルは使節団の問題を解決する方法があると言って皇太子を訪ねてきたのです。

 

少し前、アリエルの失敗を聞いてレイチェルは彼女が任されてよかったと胸をなでおろしていました。

自分でも失態を犯す可能性が高いだろう、と。

 

するとマリが使節団の問題を解決する気はありませんかとレイチェルに訊きました。

それができたらいいんだけど…と躊躇するレイチェルに、マリは「いい考えがある」と言うのでした。

できるメイド様43話の感想&次回44話の考察予想

使節団としてやってきたカサン、ずいぶん我儘だなと思いました。

食べられないのであればその事を言えばいいだけでは?

 

わざと出されたと思うなんて、もとから敵対心がものすごいのでしょう。

本当に和解をするつもりなら、食べられるリストでも先に送ってくればいいのに、と現代人の私は思ってしまいました。

 

皇太子が解決策を探っている時、マリを思い浮かべてしまうのはなんだか可愛いです。

実務的なことだけじゃなくて、心のどこかでマリを頼っているんじゃないかと思ってしまいます。

 

本当に解決策を提案したのですけどね。

レイチェルを通して。

まとめ

今回は漫画『できるメイド様』43話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「できるメイド様 」44話ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら