暴君には悪女がお似合いネタバレ

漫画「暴君には悪女がお似合い」は原作YU-IRAN先生、漫画NAJEON先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「暴君には悪女がお似合い」48話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

イレーヌがセシルのメイドとして皇后宮にやってきました。リハルトとの怪しげな場面に遭遇しますが、皇后の座を狙うイレーヌはチャンスだと気合を入れます。完璧に仕事を目指し、まずは皇后教育を始めるイレーヌ…。

≫≫『暴君には悪女がお似合い』の他の話数ネタバレはこちら

暴君には悪女がお似合い48話の見どころ・考察予想

イレーヌによるセシルの皇后教育がスタート。

何とかセシルのプライドを傷つけてやろうと、言葉の端々に嫌味を含ませますがセシルにはまったく効果がありません。

 

どこまでも素直なセシルの可愛さが満載の話!

そしてイレーヌも性格はともあれ、結果的にはお人好しキャラになっていくのが面白いです。

 

皇后とその座を狙っている2人ですが、今は共通の敵がいますね。

ユリアナです。

 

ユリアナからの招待状を受け取ったセシルはうんざりした表情を浮かべます。

するとイレーヌが…。

暴君には悪女がお似合い48話のネタバレ込みあらすじ

イレーヌによる皇后教育が始まりました。

 

ドンと差し出したのは分厚いノート。

そこには、立派な皇后になるためにすべきこと、と書かれていました。

ディスりに気づかないセシル

セシルの皇后教育としてイレーヌが持ってきた教材は、実はイレーヌが自分のためにまとめたもの。

準備万端!さすが私!と自画自賛ですが…。

 

イレーヌによる講義が数時間続き、一通り終わったところでイレーヌが、皇后なら知ってて当たり前のことだと嫌味を言いました。

 

そうなんだ、頭に叩き込むと天真爛漫な笑顔を見せるセシル。

イレーヌはディスりにノーダメージなセシルのことを、ますます強敵だと誤解します。

 

セシルのプライドを傷つける方法はないかと考えたイレーヌは1冊の本を取り出しました。

特に重要なのは身分の違いをはっきりすることだと言って、貴族年鑑最新版を開きます。

 

一番目は当然エスティアン。

もちろんだとイレーヌは言って、自分の順位を示しました。651位。

 

そして皇后は、とペラペラとページを捲り、ここだと指し示します。

セシルの名前は帝国序列対象外と書かれて一番最後にありました。

 

この序列は帝国で生まれた時によって決められます。

皇后だからといって序列が上ではないことをイレーヌは思い知らせようとしました。

 

序列千位以内に入っている自分との格の差を見せつけたいイレーヌはほくそ笑みますが…。

セシルの名前が帝国の年鑑に

セシルは年鑑に書かれた自分の名前をぽーと見ていました。

 

序列対象外なのは仕方ないことだとセシルは割り切っています。

でも、こうしてちゃんと名前が記されているだけで嬉しく思うセシル。

 

もう1冊の書籍が目にとまったセシルが、こっちにも自分の名前が書いてあるのかと訊きました。

 

それは業績が書かれた本で、貴族だけでなく有名な国民も載っていると説明します。

イレーヌもセシル自身も載っていないだろうと思いながら本を開くと、なんと先頭に名前がありました。

 

セシル・フランビエ・ナビタここからはじまる、と書かれています。

イレーヌは青ざめて、乱丁本のようだから交換してもらうと言って本を閉じてしまいました。

 

セシルは、ここからはじまると書かれた内容に、胸がドキドキするのでした。

結託するセシルとイレーヌ?

次に招待状の返事の出し方を教授すると言って、大量に送られてきた封筒の束を持ってこさせました。

 

すべてに返事を出す必要はないけれど、位の高い貴族には…と手紙の差出人をチェックするイレーヌ。

手にとったのはユリアナからの招待状でした。

 

イレーヌは、ユリアナのことをよく思っていません。

招待状を出すほどここでの暮らしに馴染んでいるのかと怪訝そうに言いますが、セシルは明らかに嫌そうな表情。

 

そんなセシルを見て、イレーヌは88番の内容を覚えていますか?と言いました。

セシルはパラパラとノートを捲り、件の項目を見つけます。

 

大目に見るのは一度で充分、その項目を読み上げるセシル。

 

セシルは、あなたを選んだ私の目には狂いがなかったようだと伝えます。

私に任せてくださいとイレーヌは笑顔で答えました。

 

目を見合わせてニコッと笑い合う2人…。

暴君には悪女がお似合い48話の感想&次回49話の考察予想

イレーヌはひっつめ髪に伊達メガネ、ジャケット姿でいかにも女教師!という出で立ちで現れます。

形から入るタイプ?

 

今までの高慢ちきな令嬢とは全然違うタイプで、実はこっちの方が似合っているのでは、とさえ思われます。

 

貴族の序列、とか皇后なら知ってて当然なんていう嫌味がセシルに通用するはずはありませんね。

そういうことは全く興味ないから。

 

ユリアナ、まだいました!

そう言えば大魔女候補でしたね。

 

イレーヌは言っていることと行動が真逆に作用しているから、今回もセシルのためにユリアナをぎゃふんと言わせてしまいそうな予感がします。

まとめ

今回は漫画『暴君には悪女がお似合い』48話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『暴君には悪女がお似合い』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら