ネタバレ全話|悪女は2度生きる【ピッコマ漫画】1話から最新話・最終回まで臨時まとめ!

漫画「悪女は2度生きる」原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」24話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

母のミライラから殴られ続けているところをセドリックから守ってもらいます。

アルティゼアは家を出ることになりました。

 

怪我をしたこともアルティゼアの考えの内だったのでしょうか?

≫≫前話「悪女は2度生きる」23話はこちら

悪女は2度生きる24話の見どころ・考察予想

アルティゼアを守りたいセドリック

いくら作戦とは言え、アルティゼアが怪我をすることが我慢できないセドリック。

仲間としてアルティゼアを守ると話します。

 

街ではセドリックの良い噂が広がっていました。

アルティゼアとセドリックがローレンスの話をしているところでお客様がやって来ます。

 

それは兄のローレンスでした。

悪女は2度生きる24話のネタバレ込みあらすじ

仮の婚約者の2人ですが、仲間として認めてほしいと願うセドリック

全てアルティゼアの作戦通りだったことに気付くセドリック。

アルフォンスにアルティゼアを守る指示をしたのは自分が見守っているということを周りに知らせるためです。

 

これはアルフォンスもアルティゼアも知っていることのはずでした。

しかしアルティゼアが初めて開いたお茶会でアルフォンスがいません。

 

その状況でミライラが帰って来ました。

アルティゼアは、いくらなんでも全てを把握できないと話します。

 

セドリックは全てアルティゼアが計画したのかと尋ねました。

白状するアルティゼア。

 

しかし計画という大それたものではありません。

母親が帰るタイミングにお茶会を開いただけです。

 

ここでローサン家との関係が完全に切れたことを証明したかったからでした。

何かしらの機会がなければ侯爵家を収めることはできないはずです。

 

アルティゼアが鍵と帳簿をビルから取ったのもほんの一部でした。

ティア、と叫ぶセドリック。

 

アルティゼアが殴られたことも仕方がないのかと尋ねます。

まっすぐな目で返事をするアルティゼア。

 

セドリックは本当はアルティゼアに声を上げたくありませんでした。

昨晩から考えていましたが無理なようです。

 

黙っていたことを謝るアルティゼア。

しかし大切なことだったと説明しました。

 

セドリックが声を上げた理由はアルティゼアが怪我をしたからです。

大げさだと驚くアルティゼア。

 

いくらあの母親でも娘を殺すはずがありません。

セドリックはアルティゼア自身を道具と思わないようにと諭します。

 

このままだと命まで懸けることになると心配をしているのです。

アルティゼアは過去に死以上の過酷な人生を経験しています。

 

命を懸けることは怖くありません。

セドリックは、一緒に歩むなら傷付くことは許さないと再度伝えます。

 

謝るアルティゼアに、もう1つの間違えを伝えました。

それは迷惑掛けたような振る舞いをしていることです。

 

アルティゼアは本当に感謝をしています。

昨日セドリックが来てくれるとは思っていませんでした。

 

セドリックは自分の役目を果たしているだけだと話します。

2人は形だけの婚約者ということを理解していますが、仲間だと思ってほしいと伝えました。

 

セドリックは自身の主であることを説明するアルティゼア。

それならセドリックが守ると答えました。

 

頭を使うのはアルティゼア、守るのはセドリック。

見つめ合う2人。

 

アルティゼアは何という言葉を言えば良いかわかりません。

ごめんなさいなのか、ありがとうなのか。

 

考えたアルティゼアは、助けに来てくれたことを嬉しかったと感謝の気持ちを伝えます。

照れた表情を見せるセドリックです。

可哀想なアルティゼアと男らしいセドリック

街では皇帝の愛人が娘をいじめていると噂が広まっていました。

相続問題で結婚が許されないこと、人前で殴られたことが話になっています。

 

しかしセドリックと結婚することになったことは喜ばしいと良い噂もありました。

可哀想な女性を助け出したセドリックが優しくて男らしい、そして家庭的なすごい人だと評判です。

 

その頃セドリックとアルティゼアは一緒に食事をしていました。

使用人のアンスガーとマーカスがアルティゼアの食の細さを心配しているようです。

 

たくさんお菓子食べさせようとするセドリック。

まだお菓子がたくさんあります。

 

半分なら食べれると言うアルティゼア。

セドリックはその半分を一気に食べます。

 

残ったお菓子を全部食べて周りを安心させてほしいと言いました。

お菓子を一口で食べたセドリックが面白くて笑うあるティゼアです。

 

セドリックはローレンスの話をします。

ローレンスは今日屋敷に帰ったようです。

 

住まいでもあるので屋敷に入れたと説明します。

アルティゼアがそこまでしなくてもローレンスには多くの財産があるはずです。

 

しかし今はこのままでいるべきだと笑うアルティゼア。

セドリックは無理をすることがないよう念押しします。

 

そこへメイドがお客様がやってきたことを伝えに来ました。

ローレンスが訪ねて来たのです。

悪女は2度生きる24話の感想&次回25話の考察予想

全てのことがアルティゼア思惑ではありませんが、計画通りに進んでいるようです。

街ではローサン家の評価がガタ落ち、セドリックの評価が上がっています。

 

良い調子なのではないでしょうか。

しかし怪我を負ってまで計画を進めるアルティゼアに心配が止まりませんね。

 

そんな中でローレンがやってきましたが、何の話をしに来たのでしょうか・・・?

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』24話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女は2度生きる」25話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら