ネタバレ全話|悪女は2度生きる【ピッコマ漫画】1話から最新話・最終回まで臨時まとめ!

漫画「悪女は2度生きる」原作Mint先生、漫画PEACHBERRY先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は2度生きる」36話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

いよいよ式が始まります。

セドリックに近づいた皇帝や、ロイガール大公は本音なのかそこに隠された意味があるのか分からない言葉をたくさんかけてきました。

上っ面の言葉だけを信じないようにしようと心するセドリックです。

 

式場内で談笑しているときに、ロイガール大公が同じ円卓の空席を気にします。

 

カメリア侯爵夫人も、アルティゼアが空席を作るわけがないと不審に思っていました。

その時、周りがざわめきます。

 

なんと皇后に手を引かれたアルティゼアが入場してきたのでした。

≫≫前話「悪女は2度生きる」35話はこちら

悪女は2度生きる36話の見どころ・考察予想

アルティゼアをエスコートしてきたのは皇帝の正妻である皇后陛下でした。

愛人の娘であるアルティゼアの結婚式に参列するだけでなく、エスコートまでするのは周りの人もざわついておかしくありません。

 

アルティゼアがどのように取引をしたのでしょうか。

そして、わざとらしく振舞う皇帝は何を思うのか。

 

また、実母であるミライラを抑えることが出来るのでしょうか。

悪女は2度生きる36話のネタバレ込みあらすじ

心にもない皇帝の言葉

皇帝は皇后の体調を気遣います。

皇后は、侍女の結婚式に参列できないほど弱ってはいないと答えました。

 

皇帝はアルティゼアの顔をみて、皇后が侍女と言った事に驚きます。

結婚式に、新郎新婦に跪けとは言わないだろうと問う皇后。

 

驚いただけで、過去を乗り越え外へ出るようになったのならば歓迎するという皇帝でした。

そして、自分たちの思い出も蘇ってくるようではないかとも。

 

そんな皇帝の心にもない言葉に、唇を噛む皇后です。

それでも皇帝は臆せず、皇后がアルティゼアの母親役をするならば自分はセドリックの父親役をしようと言います。

 

セドリックの胸に宝石を授けます。

両親がいない結婚式になるかと気がかりだったのだと、言うのでした。

皇后の思いとアルティゼアの思惑

アルティゼアの待合室に皇后がやって来ます。

思いがけない訪問者に、一緒にいた人たちが驚き思わず茶器を落としてしまうくらいです。

 

それでも、アルティゼアは頭を垂れ来てくれたことへの感謝を述べました。

そんなアルティゼアに、皇后は自分が来ることは想定していただろうと。

 

実現したら身に余る光栄だと考えていたと返すのです。

皇后は、人の心を揺さぶることが上手いのにその先が読めていない事などありえないと指摘します。

 

もういいと皇后はアルティゼアに手を差し伸べました。

アルティゼアはその手を取ります。

 

皇后は、着ている服が結婚式にはふさわしくないと何輪かの花を持って来いと侍女に命令しました。

そのうちの一輪を胸にさし、コサージュに。

 

そして、アルティゼアにこれを受け取りなさいとブーケに金色のものを置きます。

娘には、結婚式の日に輝く心を大切にしなさいという意味を込めて母から純金の宝玉が渡されるのだと伝えます。

 

息子にはいつまでも強い心を持ち続けるようにと父からダイヤモンドが。

そして、式が終わったら夫婦のための記念品を作るのだと伝えられました。

結婚式

演奏が鳴り響き、参列者は皆頭を垂れます。

皇帝と皇后に付き添われた、セドリックとアルティゼアは皆の祝福の拍手の元大司教様の前へと向かいました。

 

皇后はアルティゼアに、見ているからと耳打ちをしました。

皇帝は皇后に手を差し出します。

 

そんな皇帝を睨みますが、結婚式だと伝えられた皇后は仕方なく皇帝の手を取りました。

皇帝は冷めた目をするのでした。

 

大司教は、若い二人が結ばれるだけでなく長い間離れていた二人が和解まで至った事を髪が喜んでいると述べます。

その言葉に嬉しそうな表情のセドリックとアルティゼアでした。

 

そんな姿を遠くから眺めていたのがローレンス。

そして、ミライラです。

 

ミライラは、どうしてこんなことが出来るのかと今にも暴れだしそうなところ。

二人の男性に抑えられているところでした。

悪女は2度生きる36話の感想&次回37話の考察予想

心にもない皇帝の言葉は、読んでいるこちらも歯がゆくなるくらいにわざとらしいものでしたね。

少し皇后が可哀想になりました。

 

また、セドリックの両親を殺したのも皇帝です。

それなのに父親の代わりをと言える精神があまり信じられません。

 

それでも、父親役と母親役を皇帝と皇后にやらせることはミライラにとってはものすごい屈辱的なことだと思います。

抑えられていたミライラですが、ひと暴れするのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『悪女は2度生きる』36話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女は2度生きる」37話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら