ボスは元カレくんのネタバレ&感想

漫画「ボスは元カレくん」原作・漫画YU-RANG HAN先生の作品で毎週月曜日ピッコマで配信されています。

今回は「ボスは元カレくん」47話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ラビは兄に明日家に連れてきて処分しろと命令されたことが気にかかります。

ついには行動に移すのです。

 

葬式に出席しなければならないから、犬を預かってほしいと願い出るラビ。

承諾したコムシンは、ラビの家についていきます。

 

家に到着した時、どうにかしてコムシンを家に招き入れようとしますがうまくいきません。

仕方がないので犬を連れてくるふりをして包丁を手に持ちますが、犬がいない事に気が付きます。

 

異変を感じたコムシンは、ラビから犬がいなくなったと聞かされます。

そして、見つかったのは側溝の中。

助けを求めに行こうとするラビと違い、迷うことなく側溝に飛び込んだコムシンでした。

 

そんな彼女の姿に、好きになってしまったと感じるラビでした。

 

コムシンは帰ったあと、家の前で待ち伏せしていたヨンハと会います。

ラビにやきもちを焼くヨンハに、かわいいと感じたコムシンです。

 

そんなラブラブなキスシーンをコムシンの母親に見られてしまって恥ずかしい思いをする二人でした。

≫≫前話「ボスは元カレくん」46話はこちら

ボスは元カレくん47話の見どころ・考察予想

自分がコムシンを殺害すると決めていたラビですが、コムシンを好きになってしまいました。

彼の行動はどのように変わっていくのか、思う気持ちもどのように変化していくか楽しみです。

 

また、結婚の承諾は得たもののラブラブしているところをすべて見られていたのは恥ずかしいですよね。

ラブラブなふたりにさらなる進展はあるのかどうか気になります。

ボスは元カレくん47話のネタバレ込みあらすじ

血の匂い

ラビは寝ているときに冷たい視線を感じます。

悪い夢でもみたのかと目を覚ますと、そこには兄ソングァンの姿がありました。

 

驚くラビに、何の匂いもしないと言うのです。

何の匂いだと問うラビに、ソングァンは血の匂いだと答えます。

 

何で殺さなかったとソングァン。

飼い犬のオリがいなくなったからバタバタしていたんだとラビ。

 

すぐに見つかって良かったと喋るラビに、怖気づいたのかとソングァンは問います。

自信がないなら自分がやるとも言いました。

 

コムシンに手をかけられては困ると焦るラビは、その時が来たら自分がやると答えます。

もう一人にはなりたくないから、ソングァンを刑務所に戻すわけにはいかないからと。

 

その答えに満足そうに、ソングァンはご飯が出来ているから出てきて食べろと言うのでした。

それぞれの家族

ヨンハの車に乗り込むコムシン。

ここにいると言うことは、前の事をお母さんには見られてなかったと喜ぶヨンハです。

 

しかし、実際には最初から最後まで恥ずかしいところを全部見られていたのでした。

この事実をヨンハが知ったらお母さんには会えないはずだと思ったコムシンは黙っておくのです。

 

ヨンハは、見られていたかもと思ったら恥ずかしくて寝ている時に10回以上飛び起きたと笑いながら話します。

笑顔で相槌を打つコムシンですが、その倍の回数は飛び起きたと思うのでした。

 

寝不足かとコムシンを気遣うヨンハ。

肌が乾燥気味だと伝えます。

 

もともとそんなに奇麗な肌ではないと答えるコムシンに、お金を使えば美肌は手に入ると化粧品を渡すヨンハです。

 

一度使ってみて気に入らなかったら妹さんにあげてくださいと伝えます。

コムシンは、お礼を言いました。

 

自分はいつ店長の家に行けばいいかと問うコムシンです。

その予定がないのかもしれないとドキドキするコムシン。

 

ヨンハは下着は買ったかと問います。

意味が分からないコムシンに、今夜でもいいですよと答えます。

 

でも、外泊はダメだからラビに店を任せて早退でもするかと提案。

コムシンは慌てて訂正し、ヨンハの実家にあいさつに行かなくていいのかと問うのでした。

 

少し考えこむヨンハに、不安になるコムシンです。

自己肯定感が低くなると考えるコムシン。

 

自己肯定感が低くなるとみじめになるから、ならないように努力をしていたと考えます。

そして、やっぱり早すぎるかと伝えました。

 

あまり早いと自分にもプレッシャーなので、慌てずに行こうと提案します。

そんな大人な対応に、自分はまだ両親とは親しくないのだと伝えるヨンハでした。

ソングァンからの遭遇

レジに立ちながらコムシンが考えます。

自分が会長に気に入られるはずがないと。

 

財閥の後継ぎと平凡な女の結婚はドラマの話であり、現実には難しいとヨンハも迷っていると思い込みます。

やっと付き合えたのに現実の壁を感じるコムシン。

 

昔みたいにヨンハと両親の縁が切れたらいいのにと思ってしまうのでした。

そんな自分をたしなめます。

 

その時、全身黒づくめの男がレジにやって来ました。

 

ソングァンです。

支払いを済ませたソングァンは周りを見渡してからコムシンに話しかけます。

 

今、店内に一人かと聞きます。

戸惑うコムシン。

 

初めて来た客に、なんでそんなことを聞かれるのか不審に思います。

それでも、今は一人だけどもうすぐほかのスタッフが帰ってくると伝えました。

 

ソングァンは、安心したと。

特に夜は危ないから注意しないと、世の中恐ろしいじゃないかと言います。

 

心配してくれたことに礼を言うコムシンの顔を覗き込んで、笑って去っていくソングァン。

そんな彼の態度に不快感を覚えたのでした。

 

店を出たソングァンとラビが鉢合わせになります。

ラビにウインクするソングァン。

 

なぜここにいるのか、まさかソングァンがやったのかと焦るラビ。

先輩と大きな声を出しながら慌てて店内に入るラビです。

 

焦るラビの前に、笑顔のコムシンが出てきました。

 

そんなに会いたかったのかというコムシンに、今の客に何かされなかったか聞くラビ。

不気味な感じで笑われたけど何もされなかったと答えたのでした。

 

それでも脅されなかったか問うラビに、そうだったらこんなに平常心ではいられないとコムシン。

もしかして知り合いか聞きます。

 

知り合いではなく悪い予感がしたと答えるラビは、自分に任せるといったのに店に来た兄に苛立ちます。

さすが私の恋人

ヨンハの友達の誕生日会に来た二人。

この間のパーティーでの失態を詫びる主役たちです。

 

コムシンは大人ぶってもう全部忘れたと答えますが、あの時の事を考えると殴ってやりたいと思うのでした。

 

サンタはお金を受け取らずにいなくなったことを話しているの聞いて、少しは良心があるサンタだったみたいと感じたコムシン。

 

そこに若い女性のふたり組が来ました。

ひとりは、芸能人がたくさん来ている事に興奮しヒョンシクオッパに顔が広いと絡みつきます。

 

もうひとりは、ヨンハをみてこのハンサムなオッパは誰なのか聞きます。

パクホームの会長の息子と聞いたふたりは、それぞれの彼女だと名乗りました。

 

ふたりの奇麗さに見とれているコムシンに、あのおばさんは誰なのかと陰口をたたいていました。

 

ヨンハは、コムシンを抱き寄せ結婚を約束した人だと紹介します。

すでにコムシンの両親にも承諾を得ているとも伝え、お前たちも結婚するんだろうと言うのでした。

 

そんなヨンハの問いかけに、まさかと言いかけるひとりの男性

もうひとりも、親が決めた相手としなきゃいけないから今の彼女は永遠に恋人だというのでした。

 

自分が惨めな気持ちにならないように先に伝えてくれたことに感謝するコムシンでした。

さすが私の素敵な彼氏だと感心します。

ボスは元カレくん47話の感想&次回48話の考察予想

兄に忠誠を誓った弟の動きが怪しいと感じたのか、直接コムシンに会いに来たソングァン。

不気味な接触の仕方をしてきますね。

 

ラビは恋心に気が付いて、兄からどうコムシンを守っていくのでしょうか。

それとも実行に移すのか気になります。

 

また、年上だからと陰口を言う女性たちに婚約していることを堂々と言うヨンハがかっこよかったです。

次回もどんな展開になるのか目が離せません。

まとめ

今回は漫画『ボスは元カレくん』47話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「ボスは元カレくん」48話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら