その悪女に気をつけてくださいのネタバレ&感想

漫画「その悪女に気をつけてください」は原作Soda Ice先生、作画Blue Canna先生、脚色Berry先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「その悪女に気をつけてください」32話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

裏工作をしていたピーコックは、メリッサの用意した宝の情報を入手していました。

 

早速言い当てて勝ちを確信したピーコックですが、答えはハズレでした。

メリッサもピーコックに罠を仕掛けていたのです。

≫≫前話「その悪女に気をつけてください」31話はこちら

その悪女に気をつけてください32話の見どころ・考察予想

裏工作をしてメリッサの用意した宝が何かを知ったピーコックは余裕で登場しました。

裏工作に加担したのはヨナです。

 

クイズ対戦では簡単にメリッサの宝を言い当てたつもりでした。

しかし、これはメリッサがヨナを使って仕掛けた罠だったのです。

 

実際には違うものが入っていました。

騙されたと怒るピーコックですが、裏工作をしたのはピーコックも同じです。

 

そんなに決闘したかったらいつでも相手をしてあげると言いました。

 

勝負はまだ終わっていません。

 

メリッサは正解することが出来るのでしょうか。

そして、用意した本当の宝物は何だったのでしょうか。

その悪女に気をつけてください32話のネタバレ込みあらすじ

ここからが勝負

クイズ対戦はまだ終わっていません。

お互い火花を散らしています。

 

次はメリッサの番です。

宝石というところまでは当たっています。

 

その色は青色かと問いました。

最初にピンク、次に青色と聞いたのは、ピンクはナインの瞳の色で青は髪の色だからです。

 

それに気づいて真っ赤になるナイン。

ナインには日頃のお礼をしてあげなくちゃというメリッサの気持ちでした。

 

いいえと答えたピーコックに、嘘をついてはいけませんとユーリの注意が入ります。

審判の目の前ですぐにバレる嘘をつくなんて、愚かなピーコックです。

 

ストーリーでは頭脳派と言われていたピーコックですが本当にそうなのでしょうか?

それはあくまでも設定であって、物語の中で彼が頭の良さを見せつけたシーンは特にありませんでした。

 

主人公補正がかかったために問題は簡単に解決して、いつの間にか帝国一の大富豪になっていたのです。

作家より賢いキャラなんて生まれません。

 

つまり、設定だけの話で実は賢くないのです。

だからこれまでの男主人公たちが小説の中とイメージが違っていたのでしょう。

 

実際に登場人物たちと接してみて気づいたのは、お粗末な設定のせいで彼らが意外にも卑怯で間抜けだと言うことです。

 

ピーコックが少し哀れに見えてきました。

メリッサの希少で価値あるもの

とにかく宝石の色が青だということが分かりましたが、そう簡単には当たらないと慰めるメリッサ。

 

ピーコックが質問する番になりましたが、一向にあたりません。

見当もつかないようです。

 

メリッサは小説を読んでいるからこの世界にどんな宝石が出てくるのか、ピーコックがユーリに送る宝石が何かを覚えています。

 

メリッサの番になり、宝石の名を答えます。

それはブルーダイアモンド「たったひとりの波乗りお嬢様」ですかと。

 

正解です。

ユーリとナインも喜んでいます。

 

約束通りリプトンの地から撤退するように言いますが、まだメリッサの答えを聞いていません。

 

実は準備せずにだましているのではないかと思っているのです。

本当に効果で希少なものなのかこの目で確かめると。

 

この期に及んで本当にカッコ悪いピーコック。

ユーリが箱を開けると、中には一枚の紙が入っています。

 

こんな紙切れ一つが高価なはずはないと怒るピーコックに、正解はそこに書かれているものだと説明しました。

 

ヨナとナインが書いてあるものについて説明します。

 

この世で最も美しいものは輝く宝石?

最も尊いものは莫大なお金?

 

メリッサが、宝石より美しくお金より尊いものは私だと答えました。

紙にはメリッサ・ポジェブラトと書かれていたのです。

ピーコックご一行様撤退

そんなのは反則だというピーコック。

 

でも自分を正解にしてはいけないと言うルールはありません。

まさか、人の価値が宝石より劣るとでもいうのでしょうか。

 

いくら性格の悪いピーコックでも好きな人の前でこれ以上の醜態は見せたくないでしょう。

 

不法占拠していたピーコックの集団は撤退を余儀なくされました。

 

ユーリは満面の笑顔でメリッサにお礼を言いに来ました。

何とお礼を言ったらよいかというユーリに、私が勝手に事を大きくしただけだと答えます。

 

しかし、ユーリが言っているのは、メリッサのおかげで一生分も笑えたことでした。

 

確かにユーリは良く笑っていました。

今更ながら、ユーリの笑顔は本当に可愛いのです。

 

それだけでメリッサも満たされた気分でした。

 

この後どうするのか聞かれたメリッサは、そろそろ帰ると答えます。

 

何かを言いかけたユーリですが、その前にメリッサがお願いしたいことがあると言いました。

その悪女に気をつけてください32話の感想&次回31話の考察予想

メリッサの宝物の答えが自分とは!!

ちょっとピーコックがかわいそうな気もしますが、これは作戦勝ちですね。

 

頭脳派だと謳われていたピーコックが実は賢くないとか、ますます可哀そうな気が…。

小説を書いた作家のせいだと言うのでしょうか。

 

そもそもこの小説のタイトル「愛するアイツら」も、ブルーダイアモンドの「たったひとりの波乗りお嬢様」というネーミングもどうかと…。

そこも面白味ではありますが()

 

こんなやり方で負けてしまって、撤退を余儀なくされたのでは、黙って終わりにはしないと思いますね。

またなにか必ず仕掛けてくると思います。

 

ユーリを手に入れるだけでなく、メリッサにも仕返しに来るのではないでしょうか?

ちょっと粘着質っぽいですから。

 

メリッサがそろそろ帰ると言った時のユーリは寂しそうでしたね。

この二人が対立することなんてもうないでしょう。

 

帰る前にメリッサがお願いしたい事って、ナインのことですよね!!

やっと治してもらえるのは嬉しいけど、すんなりいくでしょうか…。

 

病気を治すより難しそうですね。

そろそろユーリの家の人が出てくるかな?

 

優秀な魔術を使える人たちだから期待大です!

まとめ

今回は漫画『その悪女に気をつけてください』32話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「その悪女に気をつけてください」33話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら