逆ハーレムゲームの中に落ちたようですネタバレ&感想

漫画「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」は原作GOYA先生、漫画inui先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」18話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前話(17話)で、ユリエルに対して怒りを露にした主人公。

2人の関係は今後どうなっていくのでしょうか。

≫≫前話「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」17話はこちら

逆ハーレムゲームの中に落ちたようです18話の見どころ・考察予想

デイジー×ユリエル×主人公…さらには総侍女長?

18話ではデイジーとユリエルの会話が最初に描かれます。

一見天然そうなデイジーでも、しっかりとユリエルのことは警戒しているようです。

 

しかし、ユリエルは主人公をダシに、デイジーを上手く騙そうとします。

 

…その折に主人公が登場!

一体主人公はユリエルにどう接したのでしょうか。

 

さらには物語の後半で、新たに「総侍女長」と呼ばれる明らかにベテランで仕事ができそうな、品のある初老の女性が登場します。

この人物もどのように関わっていくのか、早速見ていきましょう!

逆ハーレムゲームの中に落ちたようです18話のネタバレ込みあらすじ

ユリエル×デイジー

「デイジー」

物語はユリエルがデイジーを呼び止めるところからスタートします。

 

デイジーはユリエルが宮を立入禁止になったのを知っていたようで、「どうしてここに?」とユリエルに尋ねます。

対してユリエルは「立入禁止は解かれた」と明るく応えます。

 

デイジーはまだ怪しんでいる様子で、「どうして解かれたのか」と再び尋ねます。

デイジーはユリエルが大騒ぎをしたことを知っていて、ユリエルの立入禁止が解かれたのは嘘だと気づいている様子。

 

しかし、ユリエルは

  • 姫様のことで嘘をつくわけがない
  • 姫様の専属侍女になった
  • 今は頼まれたお使いの途中

と言葉巧みにデイジーを攻めていきます。

 

そして最後に、「姫様がデイジーと過ごす時間は本当に楽しいと仰っていた」と嘘をつきます。

これを聞いたデイジーは大層嬉しかったのか、「姫様ったらぁ!」と完全にユリエルの言葉を信じてしまいます。

 

続けてユリエルはデイジーに向かって、「姫様があなたにお願いがある。この手紙をある人物に届けてほしいそうなの。」と不敵な笑みを浮かべながらデイジーを騙していきます。

 

…大丈夫かデイジー?

主人公登場!ユリエルに制裁を

ユリエルがデイジーに手紙を渡そうとした瞬間主人公が登場、そして手紙を奪い取ります!

 

「こんなものは頼んでない」と相当お怒りの様子。

ユリエルも狼狽えています。

 

手紙の内容は

  • テルロス卿へ
  • 歓迎の意味を込めて“少女”の贈り物を渡す

 

…完全にデイジーは騙されるところでした。

これに対して主人公は激昂、手紙を握り潰し、ユリエルの襟元を掴み反論を一切聞き入れようとしません。

 

このまま手紙を渡していれば誰もが主人公が命じたことだと思い、それをわかってやったのでしょう、とユリエルに問い詰めます。

 

…何故ここまで主人公が先回りして行動できたのか、答えは前話の終了時に現れた「ピロン」という音でした。

そのゲームウィンドウに現れた文字は「侍従のエヴァンから情報を獲得した。テルロス・ブリタという侯爵が好みの侍女を連れ出す。」というものでした。

 

デイジーを言葉巧みに騙そうとしていたことを、主人公は全てお見通しだったわけです。

 

しかし、ここで新たにゲームウィンドウが登場します。

そこには「弱点入手に成功」という文字が。

勝ち誇った顔のユリエルでしたが、その弱点のゲームウィンドウを見て激変、「[役立たずな弱点]デイジー・フェレン、この弱点では皇女を怒らせるだけです…」という文字が書かれていました。

 

ここで主人公は気付きます。

初めて弱点入手のウィンドウが見えたのはデイジーと2人でいる時だったと。

 

…デイジーは主人公の弱点のようです。

 

主人公はユリエルに対して、「よくもそんなマネができるわね」と激しく詰め寄ります。

しかし、デイジーも負けていません。

「全て姫様のため、これまでの過ちを許して欲しかっただけ」とこの後に及んでまだ嘘を貫きます。

 

すると主人公は一変、優しく「たしかに悪くない提案ね」と受け入れます。

しかし、続けて悪魔のような笑みを浮かべ、「あなたが行ってきなさい」とユリエルを送り出そうとします。

総侍女長登場

主人公とユリエルがやり合う中、「決められた持ち場を離れるなんて…」と言いながら、総侍女長と呼ばれるベテラン感満載の女性が登場します。

そして、この総侍女長がユリエルに対しての非礼を詫び、ユリエルに厳しく指導している中、新たなゲームウィンドウが現れます。

 

「[皇帝の感心]、皇帝との偶然の出会いを6回成功させましょう」と書かれ、「成功時、エルフォーツ・アンジェ・セシリアの特殊ルートが開きます」

 

主人公はセシリアがこの国の皇帝であることにすぐ気付きます。

果たしてユリエルの進む道はどこなのでしょうか?

これで18話は終了です。

逆ハーレムゲームの中に落ちたようです18話の感想&次回19話の考察予想

ユリエルと主人公がバチバチ!

…やはり主人公とユリエルの言い争いはとても激しいものでした。

 

主人公が怒りを爆発させても、何とか言い逃れようとするユリエルのずる賢さが目立ちます。

やはりユリエルもゲームの主人公だけあって、頭の回転の速さが伺えます。

 

しかし、主人公も負けていません。

「あなたが行きなさい」

と言った時の笑顔はその場が本当に凍りつくような笑顔でした。

 

主人公は段々とユリエルに対して容赦が無くなってきたと感じられる回でした。

また、新たに現れた

「セシリアの特殊ルート」、こちらも今後どうなっていくのかが非常に注目です。

 

次回、ユリエルはテルロス侯爵の元に行かされてしまうのでしょうか?

また、新たに登場した総侍女長はどう関わってくるのでしょうか。

 

今後ますます目が離せませんね!

まとめ

今回は漫画『逆ハーレムゲームの中に落ちたようです』18話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「逆ハーレムゲームの中に落ちたようです」19話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら