お見合い相手はうちのボスのネタバレ

漫画「お見合い相手はうちのボス」は原作Haehwa先生、漫画NARAK先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「お見合い相手はうちのボス」67話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

投資家が投資を撤退したことにたいし、スアとジュンはスアの父親に投資を楽します。

父親は一度は反対するものの2人の熱意に感激し、無事乗り切ることができました。

≫≫前話「お見合い相手はうちのボス」66話はこちら

お見合い相手はうちのボス67話の見どころ・考察予想

スタークラウドのピンチで急展開な流れでしたが、無事スアのパパが投資をしてくれるということで無事解決というところで、ハナは結局今後諦めるのかどうかが気になるところです。

 

さすがに、ジュンを諦めるのかと思いますが、スアは自らハナの元に現れることはないだろうし、父親の跡を継ぐのでもう会うことは無いのかなとも思います。

ハナが諦めてなければ別ですが・・・

 

別の展開でいくとなれば、ユンがらみか、結婚がらみかといったところなのかな?と思います。

お見合い相手はうちのボス67話のネタバレ込みあらすじ

説教をするジフ

一連の流れを知りジュンの見舞いに来たジフは、ギプスの状態でスアの父親に会いに行った事を叱ります。

気にせず休めといったはずだと激怒するジフに怯むジュン。

 

私の事は信用されてないのかと思ってしまうジフは、理由を聞きます。

しかし、理由を話したがらないジュンに「私の事を無能な社長と思っていたことはわかった」と嫌味を言われてしまいます。

 

根負けして、すべて話したジュン。

 

それを聞いたジフの結論は「君がイケメンで故に起こったことだな」と嫌味たっぷりです。

布団にかくれるジュンに「とにかく解決できたし、体調を整えるように」と指示するジフ。

 

去り際に「では、魔性の秘書さん」と棘のある一言を言い、ジュンは「からかわないでください」と強く訴えるのでした。

魔性の秘書の効果?

ユナはスアと会い、スアが社長になることを知り驚きます。

これから経営を勉強しなくてはいけなくなり、愚痴るスアに「スアが社長って、あんたの会社心配になってきた」と冗談を言うユナ。

 

怒るスアに「遊ぶのが一番といつもいってたスアだから」と笑うユナ。

「励ましてくれてもいいじゃない」との怒りに、「冗談よ」と謝るのでした。

 

スアは責任もってやる人なのは一番よく知ってるから立派な社長になれると太鼓判を押すユナ。

しかし、スアは少し自信なさげです。

 

それに対し、推進力といえばスアと力説します。

頼もしいお父さんもいるから少しずつ成長していけば大丈夫、スアのそばにはキム室長もいると励ましました。

 

あまり力にはなれないけど私もいるというユナに、感動するスア。

2人だきあって友情を確かめ合いますが「ジュンさんは譲ってね」とスアはお願いしてしまいます。

 

そして2人のバトルは勃発。

私を補佐してくれる有能な秘書が欲しいと言うスアと、キム室長はスタークラウドに忠誠を誓っているというユナとの壮絶な口論が繰り広げられました。

 

さすが魔性に秘書」と、喧嘩する2人を少し離れたところから見守るジフ。

ジフはユナに声をかけ、そろそろ帰ろうと誘います。

 

スアも早くジュンに会いたいと思い「今日の所は帰してやる」と心のなかで呟きました。

しかしジフは去り際にスアに声をかけ、「キム室長は私の部下だということを忘れないで」と言い、スアはカチンと来ます。

 

もうすぐ私の夫になることも忘れないでと反論するスアですが、スマホにメッセージが入り、相手はジフ・・・

 

欲を出すと結婚がさらに先延ばしになるかもしれません」と書かれており、スアの激怒はヒートアップするのでした。

スアの結婚を知ったユノは・・・

家に帰ったユナは、スアの事を考えていました。

結婚もして社長になると前進するスアを見て「本当の大人になる」と感じるユナ。

 

スアに比べて私は何も決められないと落ち込みます。

社長の事が好きだけど、まだ線を越える勇気がでないと考え込んでしまうユナ

 

そこへユノが帰ってきます。

テスト期間だから図書館で勉強してたとのこと。

 

ユノはユナが飲もうとしてたお酒を飲みだし「それ私の!」と止めます。

ソーセージもくれたら明日の店の手伝い代わってあげると言われ、承諾するユナ。

 

ユノはユナが家飲みするなんで珍しいので、何かあったか聞きます。

スアの話きいて色々考えさせられたと言い、スアが会社を継ぐことになったことを説明しました。

 

ユノは「スア姉って財閥とかは嫌で平凡な人生が良いって言ってたはずでは」と聞きユナは、「そうなんだけど、結婚決めて考えが変わった」と説明します。

 

結婚という言葉を聞き、一気に表情が曇るユノ。

ユナはビールを飲みながら「キム室長と結婚するって言ってなかったっけ」と言い、ユノは茫然としてしまいます。

 

ユノはキム室長という人物は、この前お店手伝ってくれた人かと確認し、そうだと言うユナ。

ユノはさらに、「付き合ってるだけじゃなくて結婚?こんな早くに?」と少し突っかかり気味に質問します。

 

ユナは「私も早すぎだと思ってた」と言いユノをみると、一気飲みするユノが。

「ゆっくり飲みなさい」と注意するのですが、ユノは飲んだ缶を潰し、その場から去っていくのでした。

 

そして、夜中の外を走るユノは、学生の頃を思い出します。

ユノが学生の頃に顔に怪我をして、スアが喧嘩じゃないのか心配する思い出。

 

急ぐユノに、スアは絆創膏をはってあげます。

そして笑顔で「家に帰ったら薬ちゃんと塗りなよ!キレイな顔に傷つけたらだめだよ」と注意するのでした。

 

ユノは空を見上げ「それが始まりだった・・・」と思うのでした。

お見合い相手はうちのボス67話の感想&次回68話の考察予想

ほんと魔性の秘書さんですね(笑)。

しかし、ジフに迷惑をかけたくない、自分が怪我をしてて何もできないのがもどかしいという正義感からくる行動だったのはジフもわかっているかと。

 

ジフとジュンのコンビだったら、この先もスタークラウドは安泰ですね。

素敵な兄弟愛だと思います。

 

そして、スアの事をすごい理解してるユナのアドバイスは流石ですね。

そして、スアを見て自分の行動を反省するところも、これから先ジフを支えていけるのでは?と思います。

 

ユノの恋心は、仲のいい年上のお姉さんに抱く初恋って感じなんでしょうかね?

さすがに相手がジュンで、あれだけスアは一途にジュンを想っててジュンも同じ気持ちなので、ユノが入る余地はなさそうな気がします。

 

これから先ユノがジュンにライバル心を燃やすのかどうか気になりますね。

まとめ

今回は漫画『お見合い相手はうちのボス』67話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「お見合い相手はうちのボス」68話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら