韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」86話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

来の使節団にお茶でおもてなしを考えている帝国ですが、味が変わってしまうという問題が発生しました。

クロエは無事にこの謎が解けるでしょうか?

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ86話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

見どころと考察

今回の注目ポイントは、お茶を振る舞われた来の使節団の反応です!

帝国にきた当初は、あまり帝国人たちに良い印象がありませんでした。

 

料理のあと早々に席を辞そうとしますが、軽食のお茶が運ばれてきて、お茶を飲むことになりました。

 

最高級のお茶と出される順番、また軽食との組み合わせなどから、帝国にも深い知識を持つ人がいることに気づきます。

自分たちが帝国人は野蛮という偏見を持っていたことを知り、帝国側と和やかな空気を作るよう努めたのでした。

お茶の味が変わる理由

皇帝からもてなすお茶の順番やメニューを見せてもらったクロエ。

お茶は最高級の品種ばかりで、コース料理と同じように、だんだん価値が上がっていくように構成されていました。

しかしクロエの知識では、この飲む準備には問題があったのです。

 

理由は酸化にあります。

お茶の葉は酸化させる程香りが強く濃くなるので、酸化の強いお茶を先に飲んでしまうと、弱いお茶を飲んだ時に味と香りに影響してしまうのです。

 

クロエは酸化の弱いお茶から準備することを皇帝に勧めました。

お茶に合わせた軽食も、クロエが選ぶことになりました。

60年ぶりの公式使節団

長年不安定な関係が続いた帝国と来。

来の使節団は、帝国の豪華さを上部だけ着飾った下品な文化だと感じていました。

 

出された料理も、家庭料理がちょっと豪華なくらいだと思っているようです。

疲れて早々に会食を終わらせようとしますが、軽食とお茶が運ばれてきました。

 

お茶の香りから、来でもなかなか手に入らない貴重なお茶であることに気づきます。

まさかここで飲めるとは…と思わず驚いています。

 

他にも茶に精通している様子が見て取れて、野蛮だと思っていた自分の偏見を改めるのでした。

来との国交問題

クロエはアルフォンスから、会談も良い雰囲気で終われたと聞いてほっとしています。

おもてなしや友好を示すことは無事にできたようです。

 

次は政治の問題ですが、今回は来から要求がありました。

帝国から、アヘンの密輸が増えているので阻止してほしいということです。

 

アヘンは依存性が高く、中毒者が増えて来は困っていました。

倫理的にも社会的にもかなり問題ですが、帝国の会議ではほとんどの人が中立の意見で、後は経済的な利益を追求する立場です。

 

密輸が増える程中毒者が増えて、利益も増えて行くという見方があります。

この派閥の代表が、なんとローンフェルト公爵と第一皇子でした。

公爵夫人の50のお茶レシピ86話の読んだ感想

お茶の作り方で、香りの強さが変わるんですね。

お茶はわたしが思っていたより奥が深く繊細でした。

 

お茶の本家とも言える来の使節を納得させられるクロエのお茶の知識はさすがです。

クロエも来との友好に関心があるのか、会議の様子をアルフォンスに聞いています。

 

来は帝国からのアヘンの密輸に困っているので、密輸を止めるように要求がありました。

アヘンの中毒はかなり深い社会問題になりますから、当然防止に力を入れるとクロエは思いましたが、そううまくは行かないようです。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』86話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」86話はこちら