ある継母のメルヘンのネタバレ&感想

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」23話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ヨハネスの追悼招宴で初めて皇太子テオバルトと出逢ったシュリー。気を張っていた自分を見透かすようなテオバルトの言葉に、一瞬心が揺らぐシュリーですが、まだ自分には為すべきことがあると気を引き締めるのでした。

≫≫「ある継母のメルヘン」22話ネタバレはこちら

ある継母のメルヘン23話の見どころ・考察予想

追悼招宴で、シュリーは招待客についてもかなり気を配りました。

わずかな関わりでも、招待状を出していたのです。

 

なぜなら、シュリーにはある目的があったから。

それは、社交界で最も力を持つ貴婦人たちの心を掴むこと!

 

そのためにシュリーはちゃんと作戦も練っています。

果たして、シュリーは夫人たちに受け入れてもらえるのでしょうか!?

ある継母のメルヘン23話のネタバレ込みあらすじ

パーティー会場に戻ったシュリー。

今の自分の身を置く場所を今のシュリーは分かっていました。

シュリーの狙い

大勢の来客のあるパーティーでは、どこかのグループに属することが必要です。

今日も…。

 

でも、シュリーの立場はとても曖昧です。

 

同年代の既婚者は、新婚で新婚生活を満喫していたり、出産などでパーティーには参加していません。

かと言って未婚の女性たちとは共通の話題は見つからないし、男性の派閥に入るわけにもいかないのです。

 

シュリーが歩み寄ったのは子を持つ貴婦人たちでした。

敢えて年上…それもかなりの年配のグループに声をかけるシュリー。

 

当たり障りのない料理のことから話題を振りました。

夫人たちはシュリーを品定めするような視線を投げかけます。

 

年長者の夫人が料理を褒め、併せてシュリーへの賛辞を口にすると、次々に賛同の声が聞こえました。

 

そこでシュリーは腰を低くして、こうした賛辞を受けるのも参加してくれた皆様のおかげだと礼を述べます。

最後に、参加してくれたことが嬉しいと満面の笑顔を見せました。

 

張り詰めていた空気が一気に和んだと思った途端、1人の夫人がシュリーに妙な噂があると切り出します。

もう訊くのですがという声も聞こえますが、興味津々だったことは明らかでした。

貴婦人たちを味方につけたシュリー

その噂というのは、セバスティアン伯爵夫人のことでした。

シュリーに追い出されたことを涙ながらにあちこちで吹聴していたようです。

 

何の話かは分かるとシュリーが話し始めました。

まず、これは自分の未熟さが招いたことだと言うシュリー。

 

父を亡くして気落ちしている子供たちのためを思って、セバスティアン伯爵夫人に相手をして欲しいと頼んだけれど、あまりに厳格であったと声を落とします。

 

自分のことをよく思っていないことは分かっていたけれど、そんな理由で子供たちを傷つけるのは許されないと思ったから、夫人に無礼を働いてしまったと説明しました。

 

夫人たちは「傷」という言葉に反応します。

その時粗暴で有名なヴァレンティノもいたこともあって、事の成り行きを察したようです。

 

一人の婦人が、何も間違っていないと声をあげました。

自分だって我慢できななかったと息巻いて、他の夫人にも同意を求めます。

 

親以外の部外者が子供を叱るなんて以ての外だ、夫は何もわかっていないと、母親パワーが炸裂しました。

一気のその話題で盛り上がります。

 

そうこうするうち、シュリーは間違ってはいないと言うものの、対処の仕方を指摘されます。

シュリーはその意見を真摯に受け止め、今後このようなことがあったら力を貸してもらえないかと伺いを立てました。

 

夫人たちは快諾します。

自分の子の子育ても難しいのに、前妻の子をシュリーの若さで育てる苦労に心底同情したようでした。

 

シュリーの狙いはまさにそれだったのです。

彼女たちを味方につけることで、近寄りがたい男性たちからの評価も変わってくるだろうと目論んでもいました。

 

今日の目的は達成されたと、シュリーが胸を撫で下ろしている時、大きな物音がして会場がざわめきます。

2階で喧嘩が起こっているというのです。

 

シュリーは嫌な予感がします。

まさかジェレミーが!?

ある継母のメルヘン23話の感想&次回24話の考察予想

現在のシュリーは16歳の小娘かもしれませんが、中身は23歳(?)です。

ある程度の経験はしてきているわけですね。

ほとんどが失敗だったのですが。

 

だから、年が若い未亡人で、なおかつ前妻の子供4人を育てているという境遇を逆手に取って夫人たちを味方につけようと思ったのでしょう。

 

セバスティアン伯爵夫人のことは渡りに船だったのでは?

母性を利用して、共感を得るなんて流石です。

 

でも、シュリーの場合計算だけとは思えないところが良いのです。

子供たちのことを一生懸命考えているのはよく分かりますから。

 

さて、ジェレミーが何かやらかしたようです。

一難去ってまた一難というところでしょうか。

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』23話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「ある継母のメルヘン」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら