末っ子皇女殿下 ネタバレ12話【ピッコマ漫画】エニシャの教育を任されたラッツフェルト伯爵夫人。しかしエニシャは・・・。

漫画末っ子皇女殿下は原作SAHA先生、漫画先生の作品でStoneheadで配信されています。

今回は「末っ子皇女殿下」12話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

侍女たちを眠らせ、皇女の寝室に忍び込んだアルカスのノクシタは、大魔導師の行方を尋ねます。

アルカスからいなくなった自分を探すノクシタに、エニシャは心が痛くなりました。

ノクシタは何故かエニシャを気に入り、また来ると宣言し去って行きました。

 

教育者として有名な伯爵夫人は、皇帝陛下から直々にエニシャの教育を頼まれます。

エニシャをバカにしていた伯爵夫人ですが、エニシャを見た瞬間、心を奪われたのでした。

≫≫前話「末っ子皇女殿下」11話はこちら

末っ子皇女殿下12話の見どころ・考察予想

エニシャへの教育がついに始まります。

エニシャをバカにしていたはずの伯爵夫人は、エニシャにすでにメロメロです。

しかし、教育熱心な伯爵夫人。

早速、エニシャの年齢に合わせた教具を揃えます。

しかし、エニシャは6歳向けの教具まで完璧にこなしてしまったのでした。

 

魔法の国アルカスとヒペリオンでは、子供達のレベルが大きく違うことに気づいたエニシャ。

1歳児にしてはやりすぎたと大きく後悔していました。

 

皇帝陛下と兄のヘラード皇子殿下は1年間、城を離れることになりました。

1度、しっかりと思い知らせる必要があると感じた皇帝陛下。

真珠貝を採りにある国を滅ぼすことを決めたのでした。

真珠貝を採る意味とは何でしょうか。

末っ子皇女殿下12話のネタバレ込みあらすじ

皇帝陛下にエニシャの教育者として皇室に呼ばれたラッツフェルト伯爵夫人。

初めてエニシャを見た伯爵夫人は、すぐにエニシャの見た目にメロメロです。

さらに「パパ」と呼びながら皇帝陛下の方へ歩いていくエニシャを天使そのものだと感じ、天使の生まれ変わりだとも考えていました。

しかし、そんな可愛いエニシャが冷酷な皇帝陛下の子供だとは信じられず、さらに親バカになった皇帝陛下には呆れてしまうのでした。

エニシャへの教育

公爵夫人は早速エニシャに合わせた教具をたくさん用意します。

現在の年齢から成長した年齢まで、あらゆる年齢の教具を取り揃えたのです。

 

エニシャはおもむろに用意された教具を手にします。

すると、全て完璧に揃えてしまいました。

 

さらに、他の教具も手にします。

エニシャは、男女別による名詞の区別や句読点まで全て完璧の揃えてしまいます。

公爵夫人はとても驚きました。

 

5〜6歳向けの教具すらも完璧に合わせてしまった1歳のエニシャ。

そんなエニシャを見て、公爵夫人は「この上ない天才だ」と皇帝陛下に伝えます。

それを聞き、皇帝陛下も鼻高々になりました。

エニシャの失敗

一方、エニシャは失敗したと後悔していました。

少しだけ天才だという設定にするはずで教具に手を出したにもかかわらず、どんでもない天才だと認められてしまったのです。

アルカスの赤ん坊は本を読んだり、字を書いたり、赤ん坊でもできるので、ヒペリオンの子供のレベルとは大きく異なっていました。

エニシャの中身は大人なので、与えられた童話の本にも早々に飽きてしまい、普通の人のふりをするのはしんどいことだとさらに実感したのでした。

 

 

夜、エニシャが眠っていると、皇帝陛下と双子の皇子殿下たちがやってきます。

すると皇帝陛下が、ヘラードとしばらく外出すると話しました。

真珠貝を取りに皇室を離れるようです。

さらに、1度しっかり思い知らせてやる必要があると話します。

皇帝殿下はロシエル皇子殿下をエニシャの側に残し、ヘラード皇子殿下は連れて行きます。

 

皇帝陛下とヘラード皇子殿下は眠気眼のエニシャにしばらくの別れを告げ、城を後にしました。

いまいちどこに行くのか分かっていないエニシャ。

父と兄の行き先は?

エニシャは目を覚ますと、真珠貝を採るために皇帝陛下とヘラード皇子殿下がある一つの国を滅ぼすことにしたことを知りました。

末っ子皇女殿下12話の感想&次回13話の考察予想

とても厳しいと有名のはずの伯爵夫人がエニシャを見た瞬間に、エニシャにメロメロになってしまったところは笑ってしまいました。

エニシャの見た目が誰からも愛される感じなんですね。

早速エニシャへの教育を始めようとした伯爵夫人ですが、エニシャは全てを完璧にこなしてしまいました。

アルカスとの子供の能力の差を感じたエニシャですが、赤ちゃんのうちから文字が読めてしまうアルカスの子供たちは本当にすごいですね。

 

結局、伯爵夫人は何を教えることにしたのでしょうか。

そして、皇帝殿下とヘラード皇子殿下は1年城から離れ、ある国を滅ぼすことに決めます。

さらに真珠貝を採りに行くということですが、真珠貝にはどんな意味があるのでしょうか。

一国を滅ぼしてまで手に入れたい真珠貝とは、どのような物なのか気になります。

次回13話も楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『末っ子皇女殿下』12話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「末っ子皇女殿下」13話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら