ピッコマ漫画・悪役令嬢の計画のネタバレ&感想

漫画「悪役令嬢の計画」は原作Yusoo先生、Lemi先生、Bae Hee Jin先生、漫画Storysoop先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪役令嬢の計画」18話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アイリーンは、バイオレットがエアハルトと結婚するなら、助けてあげるといい、考えるように告げました。

バイオレットは、リチャードと直接話をつけるためラッセル王子に会いに行くのでした。

≫≫前話「悪役令嬢の計画」17話はこちら

悪役令嬢の計画18話の見どころ・考察予想

バイオレットは、無事リチャードと話しをつけられるのか

バイオレットがラッセル王子に会いに来た理由を、ラッセル王子は何か勘違いしているようですね(笑)。

そんなラッセル王子に、愛に来た理由がリチャードと話しをつけたいといったら、ラッセル王子はさぞかしがっかりするでしょう。

 

そんなラッセル王子ですが、いつもバイオレットを助けようとしているのは伝わりますし、バイオレットの願いをかなえるためにリチャードにあわせてあげるのではないかなと予想します。

バイオレットが無事リチャードと話しができるのか、見ていきましょう!

悪役令嬢の計画18話のネタバレ込みあらすじ

赤面ラッセル王子がかわいい

自分を待っていたというラッセル王子にバイオレットが不思議な顔をすると、ラッセル王子は顔を赤くしながら、貸したジャケットを待っていただけだと言い訳をします。

しかし、それだけの理由にはふさわしくない焦りっぷりに、バイオレットはクスッと笑うのでした。

 

バイオレットは、そんなに待たせて悪かったといいながらジャケットを渡すと、ラッセル王子は俺は本気だとさらに顔を赤くしながらジャケットを受け取りました。

バイオレットは、本当に自分ではなくジャケットを待っていたのかと笑うと、顔を真っ赤にして当然だといいうラッセル王子に対し、可愛いなと思います。

 

バイオレットがリチャードの件を聞くと、ラッセル王子は、バイオレットへの強姦未遂により爵位はく奪、そして、領地を没収予定である事、島流しの刑にもなるだろうと答えました。

バイオレットはお礼を言いながら、リチャードが誰かから指示を受けて実行したという話はないかと聞きます。

 

ラッセル王子は、そんなこと聞いておらず、リチャードはひたすらバイオレットと恋人だと主張していたことを話すと、バイオレットは、リチャードはうそをついているだけだと笑顔で言いました。

そして、ラッセル王子は、指示されたとはどういうことか聞きますが、原作と違いラッセルとシャンノンが仲がいいことから、バイオレットはシャンノンが指示したことは伝えないほうがよいと察します。

 

バイオレットがごまかすと、ラッセル王子は、本当は、あの件にシャンノンがかかわっていたりしないか聞きます。

ラッセル王子が気づいていると感じたバイオレットは、自分のカンでそう思うというと、ラッセル王子は、タイミングよく登場したシャンノンを変だと思っていたと告げました。

ラッセル王子の意味深な言葉

そして、シャンノンがバイオレットの変な噂を流していたのも知っていたし仲良くしたくなかったがハーロンに頼まれたからとぼやきます。

バイオレットがハーロンに頼まれたというのはどういうことか聞くと、ラッセル王子は、言い間違えをしただけだと下手くそにごまかします。

 

話を終わらせようとするラッセルに、バイオレットはリチャードと直接会って話したいことをお願いすると、ラッセル王子は、規則だから無理だと告げました。

しかし、どうしてもだめかと見つめるバイオレットに、ラッセル王子が断れるわけもなく顔を赤らめて、何とかすると約束したのでした、

 

そして、ラッセル王子は、地下にある牢獄にバイオレットを連れていき、バイオレットがリチャードに話しかけると、リチャードは心から反省していると告げます。

当時酒に酔っていたこと、バイオレットを愛していたこと、そのバイオレットが婚約すると聞いてパニック状態になったことを話し、彼女がそそのかさなければあんなことをしなかったといいました。

シャンノンの入れ知恵

そして、シャンノンにバイオレットのことが好きか聞かれ、もしバイオレットを今日奪えば、バイオレットの婚約の話もなかったことにできると言われ、噂を気にするバイオレットはリチャードと結婚することになるといわれたというのです。

そう、自分の名誉を汚したくないバイオレットはリチャードと結婚することを選択するとそそのかされたのです。

 

バイオレットは、シャンノンにイラつきブルブル震えます。

リチャードは、酒に酔っていてシャンノンの言葉を信じてしまったというと、人のせいにするとは最低だとバイオレットに叱られます。

 

リチャードは、シャンノンが後始末はうまくやること、しかしシャンノン自身が表に出て助けることは出来ないと言われたからシャンノンについて黙っていたといいました。

バイオレットは、シャンノンがここからリチャードを助けると信じているのかとあざ笑うと、リチャードは、そうではないと答えたのです。

 

そう、リチャードは、シャンノンに同情したからシャンノンのことを告げなかったのだといったのです。

同情、その言葉にバイオレットはどういうことかと反応したのでした。

悪役令嬢の計画18話の感想&次回19話の考察予想

ラッセル王子かわいいですね。

いつも赤面して、バイオレットのことが好きなのがバレバレなのに、あまのじゃくな態度をとるのが小学生の男の子のようです。笑

 

しかしバイオレットはモテモテですね!

リチャードがしたことはどんな理由があれ絶対に許されることではないのですが、それをけしかけたシャンノンは、自分の手を汚さず、知能犯ですね。

 

シャンノンになぜ同情したのか、それはたぶんシャンノンがハーロンを好きで、お互い好きな人が婚約したからとかそんな理由のような気がします。

次回、リチャードの発言に注目です!

まとめ

今回は漫画『悪役令嬢の計画』18話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪役令嬢の計画」19話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら