悪女の定義ネタバレ&感想

漫画「悪女の定義」は原作Sola先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生、脚本のYuns先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」19 話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

ラブエルが本当の味方だと知り、シャティはうれし涙を流します。
そして第五皇子カイラードとのお茶会では胸が高鳴るシャティ
そんなシャティをにらむ侍女エディスの姿がありました。

≫≫前話「悪女の定義」18話はこちら

悪女の定義 19話の見どころ・考察予想

ティータイムのあとにカイラードは皇太子のもとへと向かいました。
弟と兄、すこしですが関係性がみえてくるかもしれません。
カイラードとのやりとりにときめきを隠せず色々ととまどうシャティ
転生前のことも思いだします。
そして、人払いをして欲しいと伝えてまで、シャティに話したいことがあるというエディスの考えとは…!?

悪女の定義 19話のネタバレ込みあらすじ

チャンドラム公爵家のパーティーに一緒に参加していただけませんか?というカイラードに、…喜んで。というシャティ

弟と兄

先程のやりとりを思い出し手のひらをギュッとするカイラード。
そんなカイラードが向かったのは、剣の稽古をしている兄上である皇太子のもとでした。
どうされたんですか?稽古だなんて…とたずねるカイラードに一言、剣を抜けと言う皇太子
だまってうなずきカイラードは剣を抜きます。
会話のない二人。キンッ!!カキンッ!!と剣が重なる音だけが周りに響きました。

シャティとまどいの感情

ティータイムは順調だった
公爵家のパーティーに一緒に行ってくれる…受け入れてくれた。ふぅ…と一息つくシャティ。
ヘルマも食いついたし、アイリーンはパーティーに参加せずにはいかなくなったはず。とシャティは思い巡らしました。
そして、どうしてこんなに心がときめくのだろう?とすこし乙女な表情のシャティでした。
ですが、ちょっと待って!ときめく?わたしが?…と、とまどいます。
そんなシャティに、具合でも悪いのですか?と声をかけるラブエル。
そんなに顔にでてた?と焦ったシャティは眠たいだけと答えました。
うそ!!そんなことがあるはずが…今はそんな場合ではない!と頭をかかえるシャティ。
変わったものをみるような表情でその状況をみつめるラブエル。
ときめいてる場合じゃないの!私を陥れようとしてる人がいるのよ!と考えるシャティ。
転生前、恋人に裏切られそれが原因で命を落としたていたシャティ。
命を自ら絶ったわけじゃないけど、原因であることは変わらないものとシャティは考えていました。
皇后になろうと覚悟を決めたのも、それしか生きる道はないと思ったからで恋を成就なんて気はない!そう思っているシャティ。
…それなのにときめくなんて!!考えがないのか強メンタルすぎなの?!と頭を抱えました。
頭を抱えながら、いや!!ちがう!まわりが敵だらけという状態で親切にしてくれる素敵な皇子が現れたら、ときめかない方がおかしい!と考え直します。
相手が違う人だったとしても、同じような感情になったはず…もう考えるのはやめると冷静さをとりもどしたシャティ
こういう時には昼ドラ見るのが一番なんだけど。料理の下ごしらえしながらだと、すぐ時間が過ぎるのよねと転生前の趣味を思い出していました。
ここにはないけれど………あ!となにかひらめいたシャティ。
似たようなものがあることに気づき、勢いよく立ち上がりました。
そして外出の準備をとつげます。
そのタイミングでエディスから声がかかりました

エディスとの対峙

お話がございます。人払いをお願いします。というエディス。
一体なにを考えているの?と思いながら、それではみんな休憩をしてきてとほかの侍女たちに指示をだすシャティ。
対峙するシャティとエディス。
ちょっと怒ってる様子のエディスから一言、単刀直入に、侍女を辞めさせていただきますとハッキリとつげられます。
礼儀がなくワガママ、そんな頭の悪い人にお仕えできません。とはっきり言うエディス。
その言葉に動じることなく、わたしへの侮辱かしら?と言いながら、引っかかった!と考えるシャティ。
元々、イジワルしてウンザリさせ、そこからやめようとする人を懐柔して味方を増やす作戦をシャティは考えていたのでした。
その作戦に引っかったエディス。
さらに怒りを強め、侮辱ですよ!事実を申し上げただけ、侮辱と思うなら侍女への振る舞いはなんなのですか!?と息をきらしながらエディスは言いました
あとは懐柔さえうまくいけば…と考えているシャティ。
わたしのふるまいの事実を言ってくれるなら、どうぞ続けてと笑顔で伝えます。
????
そんなシャティにエディスは引きました。
言ってることがおかしいのは分かってるけど、なによその顔は!わたしは変態じゃあないわ!とすこし焦ったシャティ。
でも今はカリスマ性を見せつける時!と気持ちを立てします。
わたしへの侮辱を続けて、わたしの前だけで。そして、わたしを監視し管理してくださいとシャティは言い切りました。
あれ?なんかちょっとプロポーズぽい?と不安になるシャティ。
そんなシャティにエディスはわざとなのですか?と問いました。

悪女の定義 19話の感想&次回20話の考察予想

まずはカイラードですよね!一体どんな気持ちでいるのかハッキリしませんが、あれ?もしかして?という雰囲気がありました♪
そして兄弟仲はどうなんでしょうか?悪くはなさそうですが…。
どちらも、これからどうなるのか気になります。
そしてシャティの転生前の趣味が大学生にしては渋い!と思ってしまいました。
この話の一番はエディスですよね!やっぱりかなり怒っていたようでした。
それはそうですよね怒るエディスの気持ちもわかります。シャティに訳のわからないイジワルを繰り返されていたようでした。
エディスは本当にやめてしまうのでしょうか?次話の見どころになりそうな感じがします。
聡い雰囲気のあるエディス、やめないで欲しいなあと思いました。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』19話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」20話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら