俺だけログインネタバレ

漫画「俺だけログイン」は原作トイカー先生、漫画Rose Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「俺だけログイン」63話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ボスを倒し、その場にいる雑魚も一掃した翔太とマリナは戦利品の分配を相談します。

仮面をマリナが、足絆と鈴は翔太がゲットするのでした。

≫≫前話「俺だけログイン」62話はこちら

俺だけログイン63話の見どころ・考察予想

久々の戦闘という感じでしたが、あっけなくボスを倒すほど強い翔太とマリナ。

マリナは「竜巻」と関わりたくないが関わらなければいけなさそうだったし、「竜巻」に関して詳しいことが何か欲しいところです。

 

一旦部屋に戻った翔太は、とりあえず休憩ですかね。

さすがに体力が全く減らないというわけにはいかないので、部屋で今後の対策にとりかかるのかと思います。

俺だけログイン63話のネタバレ込みあらすじ

さすがに疲れた翔太ですが・・・

部屋に戻った翔太達。

翔太はベッドでぐったりの様子です。

 

戦ってる最中は平気だったが、終わると急にヘタると感想を述べる翔太。

ずっと緊張状態だったから、気が一気に緩んだと美羽も解説します。

 

翔太はライオン仮面の隣りにいたエリートモンスターから得た魔石を手に取ります。

翔太も、そんな大きい魔石は初めてだとのこと。

 

モンスタービードとは全然違うこの魔石。

モンスタービードが「死んだ」マナとすると、この魔石には生命力を感じとれます。

 

翔太は急に起き上がり、魔石に宿ったマナを手に入れたいと言い出します。

食べようとする翔太ですが、美羽に止められました。

 

モンスターのマナは翔太にとって異質なので、無理に取り込むと暴走してしまうかもと。

なので、体内には取り込まずに外部から加工してアーティファクトにすると、神埼も解説します。

 

一通り間考えた後、翔太は「ダンジョンクリア後にレベルが上がるのは、ダンジョン内で達成した業績をマナで生産するからだよな」と再確認しました。

そう考えると、「ダンジョンとはモンスターのマナを加工して、効率よくプレイヤーに渡すための空間」だと翔太は言い出しました。

 

それは興味深いと捉える美羽と翔太。

 

翔太は続けて、もしそうなら、山の中でモンスターを倒した時に俺だけレベルアップするのはどうしてか問います。

美羽は「そもそも翔太さんんいはマナの加工が無必要」だと仮定し、神埼は「ダンジョン中じゃなくても同じ加工過程が適用されるからかも」と言いました。

魔石を食べた翔太は・・・

だったら迷う必要はないと、魔石を食べる翔太を見て驚く二人。

翔太の内からすごいパワーが出ましたが、特に危険なことは起こりません。

 

そして「魔力が1アップしました」との表示がでました。

ある程度の衝突は予定してたが、何ともない翔太。

 

むしろ自然すぎると美羽に説明し、まるで最初から自分のものみたいに吸収されたとのこと。

調子にのり、残りの魔石も食べることに。

 

結果魔力は7に上がり、力がみなぎる翔太。

これで、ヘビーウェポンバトルを作る時に消費した魔力も全回復です。

 

「只者ではないと思ってたけど、翔太さんには驚かされっぱなし」という美羽。

神埼は「プレイヤーがダンジョンで得られるものは2種類ある」と説明し、「精製されたモンスタービードと業績にあった形で加工されたマナ、アニキはダンジョン内外関係なく効果が得られる」と推測しました。

 

プレイヤーの制限を超えたプレイヤー・・・

この事を魔石研究者が知ったらぶっ倒れるとニヤつきます。

 

そうすると、地上にでてきたモンスターもダンジョンと同じくらい真剣にやる必要があると考えました。

そして、レベル100になったら、マリナにも余裕で勝てると予想します。

 

そこまでの経緯としては。

まずレベルを100まで上げ、次に魔石をあつめるという方法。

 

美羽は「トッププレイヤーのマリナにたった100レベで挑むのですか?」と不安げです。

しかし、翔太さんなら可能性が十分あるとも言いました。

 

翔太は「とりあえず寝て、レベルとマナになれたら動こう」と寝ることにしました。

いつも即行動なのに珍しいと言う美羽。

 

翔太は「あくまで再整備だ」と伝え、成長させたスキルを点検する時間も必要とし、尻尾の強化もしないといけないと言いました。

 

そして、モンスターがいつまた地上に暴れるかもわからないんだと。

 

一人で守る気満々の翔太に、美羽は「一人では無理です」と諭しました。

ある程度他のプレイヤーの力も利用していかないとと・・

翔太の助けになれるプレイヤーは・・・

他のプレイヤーと考え出し、美羽は「まさかマリナを思い浮かべたのでは」と驚き気味にいいます。

翔太は「確かに可愛かった」と彼女を評価しました。

 

美羽は「だけど、彼女は外国人・・」といいかけて、そんな事いったらいったいいつの話してるんだと思いとどまります。

 

ですが、翔太も「そこがなぁ」と言い出しますが、国内にはまだあそこまでのプレイヤーがいないと考えました。

「え?」と思う美羽。

 

美羽は慌てて「私もそう言おうと思ってたんです」と照れながら押し通しました。

 

国内プレイヤーでふと思い出した翔太は「竜巻」のギルマスである真田の事を思い出し、ギルマスとしてはどうかわからないが、人間としては失格だと思うと美羽に言いました。

何を今更と言う美羽。

 

あいつはわざと遅れて現れたと翔太はいい、ギルドの戦力を減らしたくないからわざとモンスターを放置したと語る翔太。

あれでは、おれが戦ってるのを見物してたようだと考え、レベルも高いし実力もあるのになんで引っ込んでるか不思議そうです。

 

この国の政府は対策とか考えないのかと言い出し、このままだと国外プレイヤーに手柄をとられると。

そう考えますが「まあいいや」と再びベッドに横になった寝ることにしました。

 

そしてすぐ寝入る翔太。

美羽は「お疲れさまでした。おやすみなさい」と翔太に声をかけるのでした。

俺だけログイン63話の感想&次回64話の考察予想

翔太の行動は大胆な時と慎重な時とのメリハリがすごいですね。

体内に取り込むとどうなるか不明である魔石を、自分の理論で結論づけて食べてしまう勇気は尊敬してしまいます。

 

結果さらに強くなったので、本当どこまで強くなるのやら・・・

まだマリナに勝てないと考えているようですが、今の翔太みてると普通に勝てそうな気がするんですけどね。

 

そして、ところどころで美羽が翔太に好意を寄せているのが伺えるシーンがありますね。

翔太的には美羽もマリナも特に恋愛対象として見ていないようですが、どの女性だったら翔太の好みなのか知りたいと思ってきました(笑)。

 

次回の予定はまだしっかりとは立ててないみたいですが、尻尾の強化のためにダンジョン巡りでもするのかな?と思います。

まとめ

今回は漫画『俺だけログイン』63話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「俺だけログイン」64話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら