ある継母のメルヘンのネタバレ&感想

漫画ある継母のメルヘンは原作ORKA先生、漫画Spice&Kitty先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある継母のメルヘン」24話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ヨハネスの追悼招宴で、シュリーは子を持つ夫人たちを味方につけようと思っていました。低姿勢で教えを請うシュリーの作戦は成功します。ほっとしたのもつかの間、2階で喧嘩騒動が起こりました。ジェレミーが!?

≫≫「ある継母のメルヘン」その他話数ネタバレはこちら

ある継母のメルヘン24話の見どころ・考察予想

2階で少年たちが喧嘩をしていると聞き、シュリーはジェレミーとノラが!?と一瞬思います。

 

駆けつけてみると、ジェレミーが少年に掴みかかっていました。

状況から、ジェレミーが本気で怒っていると感じます。

 

シュリーは子供たちのことを信じているし、前世と違ってよくわかっています。

こういう席で、ジェレミーが殴りかかるほど怒る理由も。

 

シュリーは若くても、母としてそしてノイヴァンシュタイン家の当主として、毅然とした態度でジェレミーを守るのでした。

ある継母のメルヘン24話のネタバレ込みあらすじ

2階では、少年たちが集っていました。

その中で、ヨハネスとシュリーの噂話がジェレミーの耳に入ります。

 

少年たちはヨハネスを侮蔑し、シュリーはヨハネスがすぐ死ぬことをわかっていたからあんな年寄と結婚したんだと、とんでもなく失礼なことを口にするのでした。

ジェレミーの父の記憶

ジェレミーの遠い記憶。

 

長期の出張から戻ってきたヨハネスを迎えるため、急いで屋敷に戻るジェレミー。

母親は保養地に発った後でした。

 

戻ったばかりだと言うのに、多忙なヨハネスはすぐに留守中の報告を受けるため執務室に入っていきます。

ジェレミーの頭を撫で、悪いな、と言葉をかけて。

 

ジェレミーはドアの外で父親をずっと待っていました。

 

仕事が一段落した頃、2人は庭を散歩しながら会話をします。

ヨハネスが保養地で暮らす母、アリーチェを恨まないでくれとジェレミーに言いました。

 

アリーチェの生家ライヒ家は武人の家門。

ジェレミーは母方の血筋を受け継いで剣の才能があると言われたことをヨハネスに話します。

 

皇室騎士団に入って、母や兄弟たちを守りたいと言うジェレミー。

ヨハネスはお前を誇らしく思うと言ってジェレミーの頭を優しく撫でるのでした。

母として、当主として

ジェレミーは父親を侮辱されたことが許せなかったのです。

少年に殴りかかりました。

 

殺気立っているジェレミーをエリアスと双子たちが必死に止めに入ります。

シュリーが駆けつけました。

 

その状況を見て、ジェレミーが本気で怒っているのだと察したシュリー。

 

大人たちも集まってきました。

殴られた少年の親がささいな言いがかりを言ったからとこんなに殴られたとシュリーを怒鳴りつけます。

 

このとき、たまたまジェレミーが殴りかかる時に近くにいたノラまで巻き込まれていて、ニュルンベル公爵がノラに何があったのか問い詰めました。

ノラは内容を聞いていましたが黙っています。

 

公爵がノラに向かっていこうとするのをシュリーは止めて、これは単なる喧嘩ではなく複雑な事情があるように見えるから質問をさせてくれと言いました。

 

シュリーは、うちの子が手を出すきっかけとなった『ささいな言いがかり』とこの場でもう一度聞かせてくれと詰問します。

当事者の少年とその親は青くなりました。

 

それを聞いた上でジェレミーに非があれば謝罪すると毅然とした態度のシュリー。

 

シュリーにもその内容の見当はついているのです。

そしてそれを答えられるはずもないことも分かっていました。

 

反論がないので、シュリーはそれが答えだと、若輩者ではあるけれど屋敷内で家族を侮辱されることは我慢ならないと言い、少年の親に引き上げるよう促します。

謝罪の手紙もいらないときっぱりと拒絶を伝えました。

 

パーティーが再開されますが、シュリーは疲労感で倒れそうです。

するとエリアスがシュリーにジェレミーを探しているんだろうと声をかけてきました。

 

テラスにいると教えてくれますが、俺が頭でも冷やしてこいって言ったんだとドヤ顔です。

双子はあっちだ、と頼りになるところを見せたい様子のエリアス…。

 

しばらくしてテラスにいるジェレミーを見つけたシュリーは、さっきの騒動のことを話しました。

 

ジェレミーの怒る気持ちはわかると共感します。

ただ、それが大きな波紋となって返ってくることもあると諭し、だからこれからは…とジェレミーの手にそっと触れると…。

 

ものすごく冷えています。

驚いたシュリーは慌ててジェレミーを室内へ背中を押しました。

 

そのとき、庭からバシッと何かを叩く音が聞こえて…。

ある継母のメルヘン24話の感想&次回25話の考察予想

ジェレミーが怒るのも当然出し、大人たちの縮図とも言えるのかもしれませんね。

さすがにヨハネスのことをバカにするようなことを言う大人はいないと思いますが、シュリーのことは…。

 

シュリーは中身は大人ですから、毅然とした態度をとることは何の不思議もないのですが、周りの人はそんなことわかりませんから、16歳の少女が!と驚いたでしょう。

 

ただ年少者として媚びへつらうだけの小娘ではないと見せつけたのですが、それは吉と出ることもあるでしょうし、凶と出ることもありそうです。

まとめ

今回は漫画『ある継母のメルヘン』24話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「ある継母のメルヘン」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら