悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作Sola先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生、脚色Yuns先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」21話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

シャティの行動は作戦だったことを知り驚きながらも、派閥の事も含めて条件つきで味方になったエディス。
そしてストレスを解消するためにシャティは内宮図書館のビブリオへと向かったのでした。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

悪女の定義 21話の見どころ・考察予想

禁書であるメロドラマな小説を満喫するべく内宮図書館のビブリオにきたシャティ。
お目当てのものをみつけてルンルンランランでしたが読書を楽しみました。
その後、探索していると皇太子と出くわします
先ほどまでしていたカイラードとのティータイムの内容を皇太子はもう知っており驚くシャティ。
その情報の速さにスパイを疑いつつシャティは困らせてやろう!と皇太子に刃向かうのでした。

悪女の定義 21話のネタバレ込みあらすじ

フェロン帝国の宮廷には、貴族にも開かれている外宮図書館のリシアムと皇族のみが許可されている内宮図書館のビブリオの二つの図書館がありました。
そしてにレジーナにもビブリオの利用が許可されているのでした。

内宮図書館ビブリオ

入ると受付と思われる女性いました。
皇族とレジーナしか利用できない場所なので、侍女たちが入ることが出来るのはここまででした。
読書したいから時間がかかると伝えるシャティ。
かしこまりましたと答え、ビブリオから離れていく侍女たち。
すると、どのようなものをお探しでしょうか?と司書と思われる男性から声がかかりました。
メロドラマな小説が読みたいシャティにとっては一人きりが好都合、案内はいらないですと伝えると、なにか御用のときは本棚の間の紐をひっぱってくださいと言われ、笑顔でうなずくシャティ
ビブリオにはあらゆる書物があり、シャティのお目当てである禁じられているメロドラマな小説もたんまりあり、激しい内容のものも多数あると言われていました
うふうふうふうふ♪と笑いがとまらず楽しみがとまらないシャティ。
侍女たちも入ってくることはできない。
レジーナの権利!自分だけの時間!と、シャティは上機嫌でスキップするようでした。
建物全体が図書館になっており中も豪華なつくりのビブリオ。
広いビブリオの中からお目当ての禁じられている書物がありそうな場所にたどり着いたシャティ、本棚の本をしっかりとチェックしながら歩いていました。
すんごいタイトルのがあった!!こういうのを望んでたのよ!!と、さっそく大喜びで読み始めるシャティ。
わたしが夫人だったとしても駆け落ちコースだわー!と大興奮のシャティは、すこし落ち着くために他も探索してみることにしました。

突然あらわれる

とても素敵な装丁の本を見つけ、すんごい高級なのでは?と手に取ろうと一番上の段に手を伸ばしますがシャティには届きませんでした。
もうちょっと!とグッと手を伸ばすシャティ、その手首を後ろから覆いかぶさるかのように掴まれました。
耳元で何をしようと?と問いかけながらクルッとまわされ声の人物と向き合うと、そこにいたのは皇太子
皇室の史録に手を出すとはどういう考えだ?という皇太子に、素晴らしい装丁だったので近くでみたかっただけ史録だとは分かりませんでしたと、つかまれている手を振り払い答えるシャティ。
きれいなものに惹かれるのは女の性質です。信じるか信じないかは殿下しだいです。とシャティは返しました。
きれいなものに惹かれるのは女の性質…と言いながら、シャティのアゴに手をそえ顔を自分の方に向かせた皇太子は、それでこんなにおしゃれをしているのかと問いました。
カイラードをティータイムに招待したようだが、なんでもないと? ゆっくりとした時間を一緒に過ごしたと耳にしたがという皇太子。
ヤキモチをやかれているよう…?そんなわけがあるはずない。
…と顔を赤くしながらそむけるシャティ。
公爵家のパーティーへ二人で行くんだってなと言う皇太子。
シャティはその言葉に驚きました。
ティータイムに招待したことは知っていてもおかしくはない、でも同伴の話をしてからはそう時間は経過していない…この短時間で知っているということはスパイが…と考えるシャティ。
参加しないという選択肢はありませんからとシャティは伝えると、なぜカイラードと…と皇太子は返しました。
その問いに、わたしに恥をかけと?殿下はエスコートすることはないのですよねと、刃向かうシャティ。
そんなことはないと皇太子は答えますが、シャティはとまりませんでした。
今からパーティーの同伴を殿下がお誘いくださるであれば、殿下と一緒にパーティーにいきます。と笑顔で伝えるシャティ。
申し訳なく思いますが、カイラード殿下だったら分かっていただけるでしょうとシャティは言いました。
表情をくもらせる皇太子。
カイラードと…呼んでいる…?何故かメラメラと皇太子はもえているようでした。
名を呼ぶということは親密だという証ではあるけど、親しくすることが気にくわないのね、とちょっとイラッとするシャティ。
人から離れさせたいと考えているようだものねとシャティは考えました。
恐縮ながら、そう呼ぶことを容認してくれましたのでと言うシャティ。
無反応の皇太子に再び声をかけました。
何かを考えていそうな少し暗い雰囲気の皇太子
本当に自分の都合だけ!と思いながらシャティはその場から離れるのでした。

悪女の定義 21話の感想&次回22話の考察予想

宮廷図書館!!すごい!と、蔵書もさることながら紐を引けば来てくれるだなんて!さすが宮廷!と本好きにはたまりませんね♪
そして久々に一人きりで羽を伸ばせたシャティ。
良かったですよね♪ずっと気を張り詰めっぱなしだと気になってました。
とはいえ、途中で邪魔が…。
でも、ちょっぴりトキメキの展開も。
図書館ぽい王道なシーンがでてきましたね!読者目線だといい仕事をした皇太子!
その皇太子はヤキモチをやいているのでしょうか、それとも派閥のことを考えているでしょうか…?
着飾ってるのを気にしたり、同伴を気にしたり…どちらかといえばヤキモチのような気もしますが、最後の表情がきになるところです。
今後の進展に期待したいと思いました。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』21話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女の定義」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら