悪女のペット (ピッコマ)ネタバレ

漫画悪女のペットは原作Seobo先生、漫画Harnenn先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女のペット」55話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ペインは部下のヘイレスと隣国の情勢について語っていました。

近々派遣される予定のティグリスは決して強い国ではないものの、治安はアトランタほどよくないので、ついてきたいというリリスをどうにかアトランタに残したいと、悩むペイン。

 

そんななかペインはリリスのメイドメアリーが、リリスの母親に手紙で告げ口をしようとしていることに気付きます。

母親と縁を切りたいと思っているリリスの気持ちを知っているペインはこっそりとアースに相談に行くのですが、リリスを守る作戦の交換条件として、アースはペインが皇帝になるというのはどうかと、大胆な提案をしてくるのでした。

≫≫前話「悪女のペット」54話はこちら

悪女のペット55話の見どころ・考察予想

今回は前回アースがペインに提案した、ペインが次期皇帝になるという案に対してペインとアースが真っ向から対立する話です。

最初のうちこそ一触即発の状態ですが、その会話の中でペインの祖国に対する考えや、アースの皇族に対する考えなどが明らかになる重要な回です。

 

男同士の対立が見られる話は少ないので、それぞれの主張を意識しながら、話の展開を追っていきましょう。

悪女のペット55話のネタバレ込みあらすじ

激突ペインVSアース

ペインはアースの提案に怒りをあらわにしました。

アースはヨハネスの補佐役にも関わらず、ペインに帝位を進めるというのは明らかに反逆行為です。

 

怒ったペインはこの場でアースを斬ると言い出しました。

しかしアースは冷静なままです。

 

なぜこんな提案をするのか、それは民間人に対して甘すぎる点を除くとペインが完璧な人物だからだ!と断言します。

頭脳、身体能力、人柄、名声すべてがです。

 

名声に関しては国外限定ですが…。命がけで守っている祖国からは邪険に扱われるとは…。

アースはペインのおかげで生きている人々がペインを軽んじ、それをペインが受け入れていることが悔しくないのか?とペインに問いました。

 

ペインは悔しくない、と即答します。

なぜならペインが命を懸けて戦うのは、この国の民を守るためだから。

 

メイドのメアリーもそんな民の一人である以上、自分に歯向かったからと言って斬ることはできないとのがペインの考えです。

 

アースはなおも食い下がります。皇族たるものそれ相応の威厳を持つべきだと。

しかしペインは自分を軍人とみなしているので、部下と敵の前で威厳を保てれば充分だと言って聞き入れません。

 

アースは、このようなペインの生き方は、公私の区別がはっきりしすぎていて問題に思えます。

戦場に慣れすぎているし、何より皇帝への忠誠が強すぎて、扱いづらい人物です。

作戦のためにひくアース

アースは作戦のためいったん引くことにしました。

嫌がる人に無理強いするつもりはないとペインに告げるアース。

 

ペインはこれまでアースがヨハネスに忠誠を尽くしているようにみえたので、今回のアースの発言が不思議でなりません。

アースは人間には表と裏があると悪びれずに言いました。

 

ペインは今すぐ皇帝に告発することもできる!と言いますが、ペインよりも皇帝の信頼が厚いアースは余裕の表情です。

ペインが告発したところで、皇帝はアースをはめるための罠と思うのがオチだと…!

 

そしてなぜか最後に、アースはペインに「皇帝は甘いもの好きという噂が本当か?」という質問をします。

ペインは警戒を解き、それは本当で、苦い薬の後には必ず菓子を用意すると言いました。

皇帝夫婦とヨハネス皇子

皇帝と皇后ははアースから送られたと思われるクッキーを食べながら、アースの婚約について話していました。

皇后はアースの婚約は初耳だったので、驚きを隠せない様子。

 

相手はちゃんと実在する女性なのか?ととんでもない質問をします。それほどアースが婚約するのが驚きだったのです。

 

皇帝がアースの意向で、忙しいヨハネスにはまだ内緒にしておくように皇后に伝えると、皇后はヨハネスの結婚について心配を口にしました。

 

早くレベッカと結婚させたいのに、当人たちの仲は良くないし、レベッカの父親ケロンド公爵も結婚はまだ早いと言っているし…。

皇帝は力づくで進めることもできるが、レベッカは社交界で評判だからそうもいかないと悩んでいます。

 

そんなところにヨハネスが現れました。

皇后も皇帝も、仕事が大変だったでしょ?お菓子はどうだ?とヨハネスを甘やかします。

 

皇帝は、近々来るカナクタからの使節の応対をヨハネスに任せたいと持ちかけました。

ヨハネスは使節の応対をいつもペインが行っていたことに、内心強く嫉妬しており、ペインにできて自分にできないはずはないと自惚れていました。

 

そして、いずれ皇帝になる自分の力を見せつけるいい機会だと考え、笑顔で「必ずやご期待に応えて見せます!」と宣言するのでした。

悪女のペット55話の感想&次回56話の考察予想

ペインのこれまでの行動だと、アースのペインを皇帝にする計画を受け入れるはずがないと思いましたが、よもや、その場でアースを斬るところまでいくとは!!

また斬ると言われつつも冷静に交渉を続けるアースもこれまで以上に策略家で、新しい一面が見えましたね。

 

一触即発の事態でしたが、会話の中で、たとえ自分が民に戦ばかりしている人間だと蔑まれても、民が平和に暮らしていけさえすればよい!というペインの考え方は、まさに次期皇帝にピタリの素晴らしいかんがえでした。

 

アースは作戦のためにいったん無理強いすることはやめましたが、まだまだペインのことをあきらめないでしょう。

そして最後に出てきたヨハネスは相変わらずいいとこなしでした。

ペインにできて自分にできないことなどない!とカナクタ使節の応対を買って出ますが、本当にうまくいくのでしょうか…?

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』55話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女のペット」56話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら