悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は変化する」55話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

エルザは、リリエル中心の屋敷内で孤立した少女時代を過ごします。リリエルはアカデミーに入った頃から贅沢な貴族社会を批判するようになりますが、姉妹仲は悪くはありませんでした。それがある事件をきっかけに亀裂が入ることに…。

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら

悪女は変化する55話の見どころ・考察予想

リリエルは貴族社会を毛嫌いするようになります。

 

エルザは幼い頃からリリエルを優先させることを刷り込まれているから、わがままにも対応してきたのですが、あることをきっかけに2人の間に大きな溝ができてしまいました。

 

それは、エルザにとって耐えられないことだったのですが、このことをきっかけにロベリア中に悪女と噂が広まってしまいます。

 

ずっと胸にしまい込んで、考えないようにしてきたエルザですが、レンに心の内をさらけ出しました。

そんなエルザをそっと受け止めたレンは、もっと幸せにすると言うのでした。

 

ところがロベリアでは…!

悪女は変化する55話のネタバレ込みあらすじ

エルザが図書館にいると、リリエルがやってきて寄付をお願いできないかと言いました。

 

何に使うつもりかとエルザが訊ねると、所属している団体がイベントを来月開くことになったと答えるリリエル。

剣術を習いたいけれど機会のない平民の女性に練習用の剣を支援するというのでした。

エルザとリリエル、決別の瞬間

エルザは、それは先鋭的過ぎるから、それよりも必要な薬を支援するほうがいいのではと意見をしました。

 

しかしリリエルはありきたりでつまらない、今は革新が必要だと言います。

 

エルザもそれ以上は口を挟みませんが、自分が参加している団体に寄付したばかりで余裕がないと断りました。

じゃあいいと言って立ち去りますが…。

 

エルザが部屋に戻ると、タンスが開けられていたりと何かを漁ったように散らかっています。

 

リリエルの仕業だと察したエルザ。

よくあることなので特に驚きもせず部屋を片付け始めます。

 

リリエルは資金が足りない時はエルザの物を勝手に持っていって、エルザは事後承諾させられていたのでした。

それでもエルザはリリエルが善い行いをしているのだと諦めています。

 

ところが、この日ばかりはエルザの顔が青ざめました。

 

アカデミーに戻ったエルザは、リリエルを捕まえて祖母の宝石箱を持っていったのか訊ねます。

リリエルは後で話すつもりだったと悪びれもせず答えました。

 

どこにあるのかとエルザが訊くと、他の品物と一緒に売ってしまったと言うリリエル。

古い宝石だからいい値はつかなかったとまで…。

 

エルザが大切な宝石だと口にすると、宝石なんてみんな同じで貴族階級の虚栄心と贅沢の象徴だと言い放ちます。

祖母によくない思想を植え付けられたとまで言われ、エルザは堪りかねてリリエルの頬を強く打ち付けてしまいました。

 

あれはただの宝石ではなくて祖母の大切な形見だと訴えるエルザ。

 

取り繕うとするリリエルの手をはねのけるエルザに、リリエルは同情を買うような言葉でエルザに反論し、泣きながら去っていきました。

 

残されたエルザを、騒動を見ていたアカデミーの生徒たちが遠巻きに見ています。

そこにいる全ての人がリリエルの味方なのだとエルザは悟ったのでした。

エルザの苦悩を受け止めるレン

そして現在―。

祖母の形見のペンダントをそっと撫でるエルザ。

 

このときから、聖女リリエル、悪女エルザネスというあだ名が付けられ、あっという間に広まったのだとレンに説明しました。

 

このペンダントは枕の下に入れておいたので失わずに済んでよかったとエルザは言います。

レンはエルザを抱きしめ、悲しければ泣いていいと声をかけました。

 

昔のことだから…と言うエルザの目から涙が伝わります。

ロベリアでは仕方がないと諦めていたと言うエルザ。

 

ここに来て大勢の人に好かれて幸せを感じているのに、辛かった過去の思い出が自分を苦しめるのだと告白します。

 

それがすべてアルンデルの影響を受けたせいだと知った今、どうして私がそんな思いをしなければならなかったのかとレンに訴えました。

 

エルザは何も悪くない、ウィンターナイトで皆が優しいのはエルザが良い人だからだとレンが慰めます。

辛いことなんて思い出す暇もないくらい、もっと幸せにすると約束するレンに、エルザは泣きながらすがりつくのでした。

 

その頃ロベリアではアルンデルの主が不審な動きを見せています。

騎士を待ち伏せして命を奪い、その懐から手紙を取り出したアルンデル。

 

内容を確認すると、雑魚がどんな面白いことを企んでいるんだ…とほくそ笑むのでした。

悪女は変化する55話の感想&次回56話の考察予想

エルザは耐えすぎですね!

リリエルの行動はわがままでは済まないと思うのですが、それもアルンデルの影響かと思うとやるせないです。

 

でも、リリエルの人を魅了する力がアルンデルの影響だということはわかりますが、あの性格もそうなのかちょっと疑問ですが。

だとしたらリリエルも気の毒…。

 

それでも、エルザが我慢を強いられた長い年月を考えたら同情する気持ちも半減してしまいます。

ウィンターナイトに来て、本当に良かったと思いました。

 

さて、そろそろアルンデルが本格的に動き出しそうです。

すでにクロッカス家には接触しましたし。

殺された騎士は誰が誰に書いた手紙を持っていたのでしょう?

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』55話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら