悪女のペット (ピッコマ)ネタバレ

漫画悪女のペットは原作Seobo先生、漫画Harnenn先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女のペット」56話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アースが口にした「次期皇帝にならないか」という提案を、拒絶したペイン。

その返事は、たとえ民に正当に評価されなくとも、民が幸せならばそれでよい、というペインの理念がもとになっていました。

 

アースはペインの優秀さは完璧だと認めつつも、あまりにも民に甘い点、皇帝への忠誠心が高すぎる点は問題だと気づきます。

そこでいったんペインに即位を促す作戦から引くことにしました。

 

一方皇帝は相変わらず息子を甘やかし、近々来るカナクタ使節の応対をヨハネスに任せることに…。

ヨハネスはこれまでペインがすべて担っていた使節の応対を任され有頂天になりますが…。

 

≫≫「悪女のペット」その他話数ネタバレはこちら

悪女のペット56話の見どころ・考察予想

今回はアースとペインの話から場面を旅行に戻し、レベッカがシャシャに「アルチェン家の当主になる!」と宣言した会話の続きが語られます。

旅行編は前々回終わったと思いきや、再びアルチェン家の後継者にスポットライトを当てて、話を続けます。

 

今回の話を通じて、やっと旅行の結末がわかるのですが、果たしてそれはどのようなものなのか?

レベッカとシャシャの心境の変化が垣間見える話なので、楽しみです。

悪女のペット56話のネタバレ込みあらすじ

アルチェン家の問題、空席の後継者

現在、アルチェン家の一番の問題は空席の跡継ぎをどうするかというものでした。

アルチェン家には息子いないため、親族から養子をとるしかありません。

 

もちろんレベッカは候補から除外されています。

アトランタで、女性が爵位を継いだ例はないし、何よりレベッカはヨハネス皇太子の婚約者として、いずれ皇族になる身です。

 

そんなレベッカが今シャシャに向かって、「当主になる!」と野望を明らかにしたのです。

 

シャシャは不安に思いました。

 

レベッカに執着するヨハネス皇子とどうやって婚約を解消するのか?

女性が剣術をするだけで、陰口をたたかれる世界でどうやって当主になるのか?

 

レベッカの助けになるようなことは何一つ思いつかないシャシャ。

そんなシャシャの気持ちを察してアースがレベッカなら大丈夫と、シャシャの肩を抱いて言ってくれました。

 

シャシャはレベッカ一人なら無理でも、原作でも天才のアースと二人ならできるかもしれないと胸をなでおろすのでした。

 

そんなシャシャを見てレベッカは「世界で一番大切なのは自分自身」だということをシャシャが教えてくれた、だから頑張れたと感謝を伝えるのでした。

 

シャシャは原作では不幸になってしまうアースとレベッカが、いま生き生きとしているのは、自分がいたからなんだ!と勇気づけられました。

 

そして同時に、人には説教をしておいて、自分を大切にすることはできなかった自分自身を反省します。

これからは怒りも、拒絶も、ちゃんと表現し、自分を大切にしていきたい。

 

シャシャはアースとレベッカとナスカと、みんなが一緒にいてくれればきっとできると笑顔になるのでした。

旅からの帰宅、シャシャの自己分析

色々あった旅も終わり、シャシャは気分も晴れやかです。

 

旅行なんて今まではできなかった…、と以前のことを思い出すシャシャ。

そのことに落ち込むのではなく、不幸だった憑依前のことをしっかり受け止めなければ前に進めないと気合を入れます。

 

おそらく、憑依前の記憶も影響して人目を過剰に気にするのが、自分が「怒れない」理由の一つだと分析するシャシャ。

 

しかし、今は爪を噛んだり、冷水を被ることも減ってきたので、少しづつ克服できているとちょっぴり自信もにじませたのでした。

シャシャとレベッカ幸せな時間

遠くでレベッカの呼んでいる声がして、シャシャはすぐさま駆け付けます。

 

改めてレベッカの美しさにうっとりするシャシャ。

やはり、レベッカはヨハネス皇子のようなダメ男の婚約者よりも、アルチェン家の当主がふさわしいと思うのでした。

 

レベッカは腕が治ったらすぐに剣術の訓練を再開し、ヨハネスの問題も父親の公爵が解決してくれるらしい…。

シャシャはダメ男ヨハネスは皇室に生まれたというだけで皇帝になれるのに、レベッカは女というだけで爵位を継ぐのもままならないなんて、と悔しく思います。

 

レベッカは暗い顔をして「もし自分が男に生まれていたらどうだった?」とシャシャに質問しました。

シャシャは自信をもって、絶対美しかった!と太鼓判を押すのです。

 

レベッカは意図した方向と違う答えが返ってきて、きょとんとするのですが、それならやはりデメリットがないんだから「男に生まれればよかった」と言います。

 

しかし、シャシャは、ここにいるのは紛れもない女のレベッカだ!と今のレベッカを肯定します。

なにより、もしレベッカが男に生まれていれば、二人が出会う前にレベッカは婚約しているはずだから、二人が仲良くなれなかったはず!そんなの悲しすぎると涙しました。

 

「本当にそうかしら?」と聞くレベッカ。男に生まれてもシャシャと仲良くなった、いやむしろ今以上に…。

しかしこの質問の意図はシャシャにはわからないようです。

 

そんな二人の歩く先にナスカが一人、花かんむりづくりに悪戦苦闘していました。

シャシャが「花かんむりを作っていたりして?」とからかうとほほを赤らめてうつむくナスカ。

 

シャシャは急に素直になったナスカに驚きながら、無邪気に駆け寄ります。

 

後ろに歩いていたレベッカは、シャシャの鈍感さを一人そっと笑うのでした。

悪女のペット56話の感想&次回57話の考察予想

一度終わったと思った旅行編を振り返りつつ、アルチェン家の後継者問題が語られ、一瞬戸惑いましたが、旅行の結末がシャシャにとってもレベッカやアースにとっても幸せなものになり、より良い結末になったように感じました。

 

後継者問題が絡むと、レベッカはどうしても自分が男生まれてくればよかったと考えてしまうようですが、シャシャが今のレベッカを肯定してくれて救われましたね。

 

シャシャは鈍感なので、周りの人物たちの恋心には全然気づいていない様子ですが、それがかえって物語をさわやかにしてくれてよいアクセントになっているのではないでしょうか。

まとめ

今回は漫画『悪女のペット』56話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「悪女のペット」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら