末っ子皇女殿下 ネタバレ42話【ピッコマ漫画】情報屋のレシーナと密会!なぜかカヒルがレシーナの仲間として現れる!

漫画「末っ子皇女殿下」は原作SAHA先生、漫画AKEOSTUDIOの作品でピッコマで配信されています。

今回は「末っ子皇女殿下」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

街の情報屋に会うために、以前一緒にお茶会をしたバーネットと一緒に遊び、外出することにしたエニシャ。

お茶会の後、エニシャはばれないように変装しデルと二人で街に出かけます。

≫≫前話「末っ子皇女殿下」42話はこちら

末っ子皇女殿下42話の見どころ・考察予想

レシーナという情報屋にハクマンの事を聞くために訪れるエニシャとデル。

エニシャは以前に会ったことがあるのか懐かしさを感じます。

 

レシーナから聞いたハクマンという人物は狂っているが実力があるので崇拝されていると言います。

それ以上の事を尋ねると、仕事の手伝いをしてくれたら教えるというので手伝うことにします。

 

そこへレシーナの仲間といって現れたのは、なんとカヒルだったのでした。

末っ子皇女殿下42話のネタバレ込みあらすじ

情報屋へ渡す品物を買いに商店へ行くエニシャとデル。

お金を引き替えに目的のものを入手します。

お店を出た後、デルから品物をもらい中身を確認しました。

 

買ったものは高級タバコ。

情報屋に、ハクマンの事を教えてもらう代わりに渡す品物として購入したのでした。

 

エニシャは『9本あればいいから残りの1本はデルにあげる』といい、残りのタバコを持ってきたバスケットの中に入れます。

 

デルは、けげんな顔をしながら、『あの…』と声をかけます。

そして、『そのタバコは私が持った方が良いかと…』と言いました。

 

『いくら大魔導師様でも喫煙だけは我慢して欲しい。体は子供なんですから!』と真剣な顔で話すデル。

エニシャは、自分が吸うと思われていたことにびっくりし、全力で否定するのでした。

 

エニシャは、『広場には人が多いから抱っこして』と頼むエニシャ。

目的地に行くため広場へ向かいます。

情報屋レシーナ

薄暗い店内のある酒場に入る出るとエニシャ。

店長に例のタバコを黙って渡します。

 

店長は、中身を確認すると『彼女は少し席を外している。戻ってくるまで待つか?』とエニシャたちに尋ねました。

『はい』と返事をすると、ある部屋へ連れていかれます。

 

部屋まで案内し、エニシャたちが部屋に入った事を確認すると、乱暴にドアを閉める店長。

デルは『無礼な…!』と怒りながらもそのまま部屋で待つことに。

 

部屋の中は物が雑然としていて、とても散らかっています。

エニシャはその様子を見て、あの時とほとんど変わってないと以前を思い出すのでした。

 

少しして、豪快にドアを開け、女性が『こんちはーーーー!』と大声で入ってきました。

エニシャとデルを見て『今日のお客様はちょっと変わってますね』とチェックします。

 

そして、タバコをクンクンと嗅ぐと、『いい香り!サイッコーーー♡』とすごく喜んでいます。

 

ひとしきりタバコの香りを堪能すると、女性は『どうもレシーナです』でデルに手を差し出しました。

『そこの可愛いお嬢ちゃんは?』とレシーナが尋ねると、デルは『……孫娘です』と恥ずかしそうに答えます。

 

欲しい情報は?と尋ねるレシーナ。

『スカンシャのハクマンについて聞きたい』とデルは伝えます。

 

とりあえず大きな情報から…とレシーナは話し始めます。

狂人のハクマン

レシーナが話し始めたのは次のような事でした。

 

今から5年前スカンシャの皇子が狂ったとのうわさが流れた。

小さな虫1匹も殺せず、勉強だけの心弱き王子が、目の前に人が拷問される光景を見て、笑い出すほどに性格が一変した。

でも、多くの人々の間に持ちきりだったその噂は1年ほどするとすっかり消えた。

 

理由は、残忍で暴力的であろうと、利益だけを追求する性状は、スカンシャで崇められるハクマンの美徳である事。

そして、狂った王子が17歳でハクマンになり、たった3年でスカンシャを西部の覇者に仕立てあげたという大きな功績を作ったから。

 

レシーナはさも愉快そうに話します。

 

デルは、『もっと詳しいことを聞きたい』とレシーナにさらに尋ねますが、レシーナは見返りを求めます。

レシーナは、今日私が解決すべき依頼があるけどそれを手伝ってもらえないかと提案しました。

 

平凡な農民から、”奴隷商に子供を拉致されたので助けてほしい”と頼まれたと言うのです。

依頼する為に所有している農地をすべて売り払ったなんてかわいそうじゃない?と強制してきます。

 

『私たちで何とかするべきじゃない?』というレシーナに、『自分達には何の力もない』と答えるデル。

レシーナは不思議な顔で『でもアナタ魔法使いでしょ?』と、やるかどうか早く決めるように言います。

 

エニシャはデルをツンツンとつつき、合図を送りました。

デルは、大きくため息をつきながら分かりましたとしぶしぶ了承するのでした。

 

レシーナは、今日の依頼を一緒にやる人がもう一人いるといいます。

ちょっと若いけど実力は確かだという人がちょうど到着しました。

 

そこに現れたのはは、あのカヒル。

意味が分からずエニシャたちは困惑するのでした。

末っ子皇女殿下42話の感想&次回43話の考察予想

レシーナと言う情報屋からハクマンの情報を聞くことにしたエニシャ。

以前にも会ったことのあるようなセリフが意味深ですね。

 

ですが、ハクマンは狂っていると噂になる人物とはかなりのくせ者の予感がします。

 

更に情報を得るために仕事を受けることになった所に現れたカヒル。

以前カヒルが暗殺している話がありましたが、ここで繋がりました!

その理由が次の話で見えてきそうですね♪

まとめ

今回は漫画『末っ子皇女殿下』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「末っ子皇女殿下」43話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら