公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ

漫画「公爵家のメイドに憑依しました」は原作Jooahri先生、漫画Aloha先生の作品です。

 

ゴジさん
前回までのあらすじ

リアンドロの呪いが解けてから、周りの大人達の態度が一変しました。これまでベラビティ家の鬼子として扱われてきたリアンドロを、今度は正式な爵位継承者として丁寧に扱うようになったのです。

特に父、ベラビティ公爵の態度の変化は顕著で、リアンドロと定期的に食事の席を設けるようになっていました。イベリナはそんな掌返しに反感を持ちながらも、父子の関係を悪くしないためにリアンドロには父との食事を大切にするよう言っていました。

 

一方、イベリナの周りではメイド仲間のフェデリカが恋をします。彼女は惚れっぽい性格でしょっちゅう色んな人に恋をしていたのですが、今回は道場の近くで転んだところを偶然助けてくれた美形の騎士に恋をしたのです。

一緒に洗濯をしながらフェデリカの恋バナを聞き、イベリナもその騎士がどんな人なのか気になり、後日二人で観に行くことを約束します。

 

洗濯を終え、イベリナは別の作業場へと向かうため、一人で中庭を歩いていると向こうから美形の騎士がやって来ます。

イベリナはひと目でその騎士こそがフェデリカの恋の相手であること、そしてその騎士の正体に感づくのでした。

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」の27話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

公爵家のメイドに憑依しましたの【27話】の考察予想

ゴジさん
公爵家のメイドに憑依しました【27話】のネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

 

新キャラクター登場でリアンドロの嫉妬が更にかき乱される展開になりそうですね。

今度のフラグは美形の騎士。

確かにとても美しい見た目をしており魅力的です。

この騎士は皇帝に反旗を翻すことになるリアンドロの人生においてキーパーソン。

これからの物語にも大きく関わっていくことになるでしょ。

真紀の読んでいた小説でも重要人物だったらしく、イベリナはすぐにどんなキャラクターだったのか思い当たります。

屋敷にはイベリナを快く思わない人もいる中、果たしてこの騎士はイベリナの味方なのでしょうか。

公爵家のメイドに憑依しました【27話】ネタバレあらすじ

前から歩いてくる騎士、イベリナは彼女のことを知っていました。

彼女の名前はリリアナ、リアンドロが死ぬまで仕えることになる騎士です。

そうです、フェデリカが恋した騎士というのは中性的な見た目をした女性騎士だったのです。

 

イベリナの視線に気づき、リリアナはイベリナに声をかけてきます。

リアンドロが呪いで苦しんでいた時に献身的に世話をしていたメイドとして、イベリナのことを知っていたのです。

 

イベリナとリアンドロが一緒に歩いているのを見かけてことがあるというリリアナの言葉に、イべリナは不安な表情を浮かべます。

リリアナがイベリナとリアンドロの交流をどう思っているか測りかねたからです。

 

あまりリアンドロとは話さないよう心がけているのだけど・・・というイベリナの言葉にリリアナは別に非難しようとしているわけではないと答えます。

リリアナはリアンドロが呪いから開放されたのはイベリナのおかげだと考えていたのです。

なんと言ってもイべリナが世話係になった途端、リアンドロの体調はみるみるうちに良くなっていったのですから。

 

イベリナはリリアナの勘の鋭さに驚きます。

真相を知られたくないイベリナは、たまたまリアンドロの回復期に自分が世話係を担当しただけだと謙遜してごまかすのです。

 

リアンドロも中庭をうろついていました。

イベリナのことを探しています。

父との食事が済んだら一緒に過ごすように言っておいたのにどこにも見つからないのです。

 

リアンドロはレッスンで習得した剣技をイベリナに見せて、男らしさをアピールしようと考えていました。

ふと視線をあげると誰か後ろ姿の男性らしき人物とイベリナが談笑しているのを見かけます。

ロレンゾとも違う人物です。

誰だあいつは!とリアンドロの機嫌は一気に悪くなってしまいます。

 

リリアナはイベリナに自分が見たリアンドロの幼少期の出来事を話していました。

リアンドロの呪いが悪化した際、メイドに運ばれているところを見たことがあったのです。

呪いで苦しいはずなのに、大人たちの手を煩わせないよう、僕は大丈夫だからと言って気丈に振る舞おうとしていたのです。

イベリナは癇癪を起こしてメイドたちを困らせていたリアンドロの姿しか知りません。

なので彼の幼少期を知り信じられない思いでした。

 

フェデリカにはどう説明すればいいだろう・・・。

話しながらイベリナは悩んでいました。

小説でもリリアナは中性的な人物として描写されていました。

実際に見てみると多くの人が男と間違えてしまいそうな見た目をしています。

女性だと知ったらフェデリカはどう思うでしょう。

 

自分をじっと見つめてくるイベリナに、リリアナはどうかしたのかと訪ねます。

イベリナは咄嗟にリリアナがとても可愛いから見つめてしまったと答えます。

よく男性に間違われるリリアナは、すぐ自分が女性だと気づいたイベリナに驚きました。

リリアナは別に男性として振る舞っているつもりはなかったのですが、何人かのメイドが勘違いして惚れてしまうことがあったのです。

 

それを聞いてイベリナは少し笑います。

もし小説を読んでリリアナが女性だと知らなかったら、自分もリリアナに恋にしていたかもしれません。

そんなイベリナの様子を見てリリアナも笑います。

 

口元を抑えて笑うリリアナの手の甲には切り傷がついていました。

イベリナはそれに気づきどうしたのかと心配します。

どうやら先程剣技の訓練の最中切ってしまったようです。

 

リリアナは何でもない傷かのように言いますが、まだ血が止まっていないようです。

イベリナはハンカチを差し出し血を止めるのに使うようにいいます。

そして同時にイベリナはリリアナに自己紹介をします。

リリアナも自分の名前を言い、二人は友人になるのでした。

 

リアンドロは遠くからその様子を見ています。

彼は相変わらずリリアナを男性だと思っており、イベリナが笑顔を向けハンカチを差し出すのを見て嫉妬してしまいます。

剣技の訓練場に戻り、乱暴に剣を振り回し憂さ晴らしをしていました。

男性教官が訓練に集中するように注意しますが、全く意に介しません。

がむしゃらに剣を振り回した後はさっさと道場を去ってしまいます。

道場を出るとリリアナが立っていました。

リアンドロはリリアナを睨みつけ、部屋へと向かいました。

リアンドロに嫉妬されているとは思っていないリリアナとしては何故睨まれるのかわかりません。

 

リアンドロが部屋に戻るとイベリナがベッドメイキングをしていました。

戻ったリアンドロに笑顔で話しかけるイベリナ。

その笑顔を見てリアンドロはなにか言いたげな顔をしますが、先程イベリナが一緒にいた騎士のことは尋ねませんでした。

剣技で疲れたから風呂の準備をするよう命じます。

 

風呂に浸かるリアンドロを見て、イベリナは見事な筋肉に驚きます。

つい数週間前まで病弱な少年だったリアンドロは、今やすっかりたくましい体を持っていたのです。

イベリナはいつものように身体を洗おうと言って、石鹸を取り出します。

それを見たりアンドロは驚き、やめるようにいいます。

リアンドロは成長し男性の体つきになっていましたから以前のような子供扱いをしてほしくなかったのです。

公爵家のメイドに憑依しました27話の感想&次回28話の考察予想!

なんと!麗しの騎士が女性だったとは!確かに長いまつげがチャームポイントのとても美しい顔をしていますよね。

切れ長の目が凛々しく、イベリナとはまた違った魅力のある女性キャラです。

人当たりも良く、イベリナとは仲良くなれそうですね。

 

しかしそんなこととは知らないリアンドロはすっかり嫉妬モードに入ってしまいました。

それでもイベリナに当たり散らさなくなったところに成長が見られます。

一方で剣技を見せて褒めてもらおうとするところなんかに子供っぽい可愛らしさがありますね。

 

入浴シーンではリアンドロのサービスショットが見られます。たくましい胸板の美しいボディが大変魅力的ですね。

リアンドロの意識も男性のものとなりつつあって、以前と同じように世話をしようとするイベリナとの間にギャップが生まれてきています。

一体イベリナはいつになったらリアンドロを一人の男性として見てくれるようになるのでしょうか。先の展開が気になります。

まとめ

今回は漫画『公爵家のメイドに憑依しました』27話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら