公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピ原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」61話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

公爵領の別荘地に来ていたクロエは、街で開催されている祭りに出掛けました。店で買い物をしていると、突然アルフォンスが1人の少女を地面に押さえつけます。妻に何をするつもりだったのかと問い詰めるアルフォンス!

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ61話の見どころ・考察予想

クロエの様子を伺っていたのは少女でした。

 

サンディーというその少女は、お金が欲しかったのだと言います。

まだ幼い少女が、病気の祖母に薬を買いたかったと訴える姿にクロエは胸を痛めました。

 

祖母の病気は壊血病だと聞いたクロエは前世での記憶を辿ります。

 

ビタミンC不足が原因で発症する病気ですが、この世界ではそのことは知られておらず、不治の病と言われていました。

助けたいと思ったクロエは、歯も無くなり高価なものが買えない祖母にどうしたらビタミンCをとらせることができるのか考え始め…。

公爵夫人の50のお茶レシピ61話のネタバレ込みあらすじ

アルフォンスが押さえつけているのは、まだ幼い少女だったのでクロエは放してあげてと頼みました。

しぶしぶその手を放すアルフォンス。

 

すると少女はクロエに走りより、お金を盗もうとしただけだと言うのです。

少女に同情するクロエ

護衛についていたジェイコブが奥様にスリを働くつもりだと!?と怒りを露わにします。

 

そして、クロエに危害を加えるつもりはなかったことに安心したアルフォンスですが、治安維持隊に引き渡すと言いました。

 

少女は土下座をして許しを請います。

祖母が病気で薬代が欲しかったと涙を流しながら訴える少女。

 

クロエは胸が痛みました。

ジェイコブは嘘をついて許してもらおうとしているんだろうと信じません。

 

少女はジェイコブに悪態をつきますが、ジェイコブも負けずに応戦し、言い合いをする2人。

どっちが子供なんだか…クロエは呆れて仲裁に入り、少女に名前を訊きました。

 

サンディーと答える少女。

クロエは「サンディー」と名を呼び、おばあさんはどこが悪いのかと訊ねました。

 

サンディーは医者に壊血病だと言われたけど、船乗りがかかる病気なのになんで祖母がかかったのかわからないと答えます。

クロエは聞いたことがある病気だと思いました。

ビタミンCをとれる方法は?クロエの閃き

壊血病は歯茎などから出血し貧血になりしだいに免疫力が低下していく病気。

最終的には命を落とすこともありますが、ビタミンCをしっかり摂っていれば予防と治療が可能です。

 

クロエはそのことを知っていましたが、この世界では違いました。

 

クロエは少女の家まで行くことにします。

そこは家と呼ぶには躊躇われるようなあばら家でした。

 

狭い部屋の中にはベッドに横たわった老婦人と、その横で酔っ払ってテーブルに突っ伏して寝ている父親の姿が。

 

サンディーは祖母の枕元に座り、壊血病に良いと言われることは色々やったけどちっとも良くならなかったと肩を落としました。

 

アルフォンスがクロエにどうしますか?と声をかけます。

できれば助けてあげたいとクロエが答えると、壊血病は不治の病だとアルフォンスが言いました。

 

この国では未だに多くの船乗りが壊血病で命を落としていることを聞いて、クロエは壊血病の原因がビタミンC不足だということをまだ誰も知らないことを確信します。

 

クロエはサンディーに祖母は普段に何を食べているのか訊ねました。

歯が抜けてしまってオートミールしか食べないと訊き、それだけでは壊血病になるのも当然だと思います。

 

果物は食べさせたことはあるかと訊ねると、きょとんとするサンディー。

クロエは食べさせたことがないのも当然だと気付きました。

 

高価だし、そもそも果物が壊血病に効果があると知らないのですから。

 

他にビタミンCを採れる方法はないかと考えていると、バラの花びらが風に煽られて室内に入ってきました。

そうだ、あれなら!とクロエは閃きます。

公爵夫人の50のお茶レシピ61話の感想&次回62話の考察予想

観光のつもりがついつい仕事モードになってしまうクロエ。

そして今度は人助けです。

 

壊血病は確かに船乗りに多かった病気です。

ビタミンCの欠乏状態が数週間から数ヶ月続くと発症し、実際にいかに壊血病を防ぐか!治すか!という問題には長い間苦労していたそうですよ。

 

サンディーのおばあさんは歯がなくなってしまったからオートミールばかり食べていたからビタミンC不足になってしまいました。

 

近年オートミールは健康食品とされて注目を集めていますが、残念ながらビタミンCはほとんど含まれていません。

 

おばあさんが粥状のものしか口にできないからと果物を勧めても、サンディーの家では高くて買えないのです。

 

酔っ払って働きもしない父親に腹が立ちました。

酒代があるなら果物買ってこい!って…。

 

でも、クロエは何か閃いたようです。

きっとお茶に関係しているのでしょう。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』61話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら