悪女の定義ネタバレ&感想

漫画「悪女の定義」は原作Sola先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生、脚色Yuns先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」24話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

シャティは幼馴染であるユタバイン主役のパーティーに参加しました。
先に会場についていたエディスから、予想通りアイリーンが陰口を言いふらしていた事を確認しシャティの反撃がついに始まります。

≫≫前話「悪女の定義」23話はこちら

悪女の定義 24話の見どころ・考察予想

シャティが本格的にうごきはじめ、令嬢たちの陰口をきっかけについにアイリーンとの直接対決がはじまります。
前の日の夜に鏡の前で練習していた演技と嘘泣き、エディスの発言のおかげもあり周りもシャティに同情的なものに変わり有利な雰囲気で流れていきました。
しかしアイリーンの一言で不穏な空気が流れ始めます…。

悪女の定義 24話のネタバレ込みあらすじ

シャティの評判を落とすような噂をアイリーンが言いふらしている、そういうと反論をした令嬢たち。
しかしドレスを二十着を皇室の財産で買った…という、事実とは違う間違った内容だったのです。

シャティの攻撃

買ったものがあるのはご存知なのにお金の出どころは知らないなんてなぜなのでしょう?まるで誰かが分からないように話したようですね、というシャティ。
代金はカイロン家にまわすようにと話していた時ヘルマはアクセサリーに夢中で話を聞いていなかったのでした。
それを利用し、うまくバレないように隠したシャティ。
シャティの話を聞き疑問をもちだした令嬢たちでしたが、ナイフを侍女に投げつけたこともあると言い出したのです。
はずれ!わたしが投げつけたのはティーカップ!と思うシャティ。
ナイフが侍女の首をかすめて壁に刺さったそうですよ、と大げさな話になっていました。
ここから反撃開始よ!とシャティが動きます。
瞳に涙をうかべ今にも泣きそうな表情で、ステナ令嬢がそうお話されたのですか?と嘘泣き攻撃を発動させたシャティ!
?!令嬢たちに衝撃が走りました。

シャティvsアイリーン

そしてアイリーンのもとへと行くシャティ。
ステナ令嬢!!なぜこのような仕打ちをわたしにされるのですか?!国庫を使い果たす悪女だなんて!と詰め寄りました。
シャティがこうくるとは予想はしてなかったであろうアイリーンはわたしはただ心配で…と言います。
わたしはみなさんから咎められているのですよ!というシャティ。
内心は焦りがあるはずですが、なぜそんなに話しが変わってしまったのか…考えもみませんでした、とアイリーンは冷静に対応しました。
ステナ令嬢の話のせいでわたしが咎めをうけると考えもされなかったのですか?と言うシャティ。
心配だったから私の話をしてまわった方が…と反論するアイリーン。
内容は確認されなかったのですか?わたしが購入したものは全てカイロン公爵家へ回しました…というシャティ。
さすがのアイリーンも驚きを隠せず、周囲もざわめきだしました。
それに二十着も買ってはおりません!さすがのわたしでも、そんなに…と泣くシャティに、二十着とは…言うアイリーン。
それは言い訳にしかならないのよとグスグスと嘘泣きに集中するシャティ。
すると会場の視線はシャティへの同情に変わってきたのです。
それを感じたアイリーンはシャティの頬に手を当て涙を拭いました。
わたしが軽率でした…ごめんなさいというアイリーン
下手な言い訳より素直にあやまる方が…賢い選択、知らなければ騙されそうな演技力ね、と考えるシャティ。
許さないわけにはいかないけど、このままでは終わらないわとシャティは次の攻撃にうつります
ステナ令嬢を責める気はありません…でも、侍女にナイフを投げつけたとお話しされたのですか?と問うシャティ。
それは侍女が怪我をしたら公女の名誉に傷が…軽々しく話したことは謝罪しますが侍女が怯え不安になってるのを黙ってるわけにはいきませんとアイリーンは言いました
『侍女にシャティはナイフを投げつけた』
これは間違ったいる情報で、投げたのはティーカップ。
でも投げたとは言うわけにはいかないからシャティは言い返せないと考え、自分から認めたアイリーン。
これは使えないと思っていたけど…とシャティはエディスに呼びかけます。
ビヨンド令嬢侍女ではなく侯爵令嬢としてお答えくださいと聞くシャティ。
わたしはナイフを投げつけた事実はありますか?と問われエディスはひと息つきました。
ビヨンド侯爵家の名誉をかけ申し上げます。
公女が侍女だけでなく誰に対してもナイフを投げたことは一度もありませんとハッキリ言ったエディス。
有利な証言をする目撃者がいるというアイリーンにとっての誤算でした。
エディスはわたしのことを毛嫌いしていたから動くとは思わなかったでしょうが今は味方なのよ、と思うシャティ。
ステナ令嬢は嘘をついたのですね、それに侍女たちにわたしの陰口を…と致命的な一言をシャティは言いました。
そんなことはしておりません!と強い口調で言うアイリーンですが反論が不可能なところまで追い詰めたシャティ。
ブルブルと怒りで震えるアイリーンぐっと拳をにぎり、人に話すべきこととそうではないことは区別していますと言いだしました。
そして、でもこの憂いを一人で抱えるべきかは疑問ですね…とカイラードに声をかけ、どうして私的に会っているのですか!とアイリーンはカイラードを問いつめます
一体なにを!?と焦るシャティでした…。

悪女の定義 24話の感想&次回25話の考察予想

途中まで気持ち良いくらいにシャティの攻撃がきまっていましたね!
そのままいけー!と思いましたが、どうやらそうはいかない模様ですね。
しかし…演技が上手というよりはアイリーンは性格が陰湿すぎるのでは?と思ってしまいました。
もしなにか事情があるにしても、性格に難ありすぎなのではと感じました。
やり返すシャティもシャティかもしれませんが女の闘いは怖いとしみじみ思います。
ですが社交界とはきらびやかさだけではなく、そういうものが必須なのかもしれませんね。
次の話ではアイリーンの攻撃のターンになりそうな終わり方をした24話。
なんとかシャティに乗り越えてもらいたいです!
カイラードがシャティの援護してくれるといいのですが、どちらかというとおとなしいイメージのカイラード…どうなるのか気になります。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』24話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」25話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら