その悪女に気をつけてくださいのネタバレ&感想

漫画「その悪女に気をつけてください」は原作Soda Ice先生、作画Blue Canna先生、脚色Berry先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「その悪女に気をつけてください」33話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

メリッサの用意した宝はメリッサ自身でした。

ピーコックの宝は小説で知っていたので簡単に当ててしまい、メリッサの勝利で終わりました。

 

ピーコックは不満があるようですが、しぶしぶ撤退していきました。

≫≫前話「その悪女に気をつけてください」32話はこちら

その悪女に気をつけてください33話の見どころ・考察予想

小説を読んでいたメリッサは、ピーコックがユーリに送った宝石を覚えていました。

しかしピーコックはメリッサの宝を当てることが出来ず負けてしまいます。

 

メリッサの答えはメリッサ自身。

メモにメリッサ・ポジェブラトと書かれていたのです。

 

納得がいかないピーコックでしたが、しぶしぶエリザベス邸から撤退していきました。

 

メリッサは帰る前にお願いしたいことがあると言います。

とうとうナインの舌を治してもらうのでしょうか?

 

メリッサのお願いも気になりますが、何かを言いかけたユーリの話も気になります。

その悪女に気をつけてください33話のネタバレ込みあらすじ

メリッサのお願い

メリッサはユーリに舌と牙を失ったナインを元に戻してほしいと頼みました。

 

ユーリの話では、普通の人なら難しくないが狼人間となると話は違ってくるようです。

最悪の場合、拒絶反応を起こして死に至ることもあると言います。

 

小説の中ではユーリがジャックを治療する場面がありました。

しかし舌や牙を再生させる場面はありません。

 

つまり、ナインが治るかどうかはユーリにかかっているのです。

 

魔法薬などを使えばいけるかもしれないが、初めての試みなので時間がかかるのではと言います。

 

ようするに、治せると言うことですね!

 

メリッサ様のお願い事なら不可能も可能にして見せると言ってくれたユーリ。

自分は魔法の評価も高いし修練だって頑張ってるからと胸を張って見せます。

 

他の登場人物と同じで、ユーリも小説とはキャラが少し違うようです。

 

魔法薬が完成したら連絡してくれることになり、これでリプトンに来た目的は全て果たせたことになりました。

 

ポジェブラト邸に戻ったら少し退屈になるでしょう。

ちょっとだけ恋しい気持ちもありますが…。

晩餐会への招待

メリッサが帰る前にエリザベス男爵が感謝のしるしに晩餐会へ招待したいと言っているそうです。

 

エリザベス男爵といえば、ユーリを愛してやまない設定でした。

メリッサは招待を受けて帰るのを明日に引き伸ばすと伝えます。

 

ガッツポーズで喜ぶユーリ。

 

晩餐会には楽な服装で、ナインとヨナも一緒に参加していいとのことです。

ユーリは大はしゃぎで着替えてくると言って元気に出ていきました。

 

リプトンに来て気づいたことですが、どうやらメリッサは暇になると怠ける性格のようです。

憑依する前の中高生の時は勉強で忙しく、大学でも飲み会と課題で忙しくて自覚したことはありませんでした。

 

一件落着したせいで晩餐会の服選びも、明日の荷造りもすべてが面倒くさくなっています。

 

ちょっとだけ横になるつもりだったメリッサですが、ヨナに起こされたときはすでに約束の時間が過ぎていました。

エリザベス男爵の悪癖

悪評の高いエリザベス男爵。

彼の一番悪い癖は永遠に相手にお酒を飲ませることです。

 

遅刻したメリッサを自分の隣に座らせて、遅刻の罰として丼のように大きな杯でお酒を飲むようにと言いました。

 

魔術師たちはすでにベロンベロンに酔っぱらっています。

前世では結構いける口だったメリッサですが、この体では試したことがありません。

 

酒癖もあるだろうしどうなるのでしょうか。

このままこのワインでダウンしたら黒歴史を刻んでしまいそう。

 

誰かに助けて欲しいけれども、ヨナは魔術師相手に賭け事をしていて、ナインはモテモテで使用人たちに囲まれていて無理そうです。

 

仕方なく、代々受け継がれていると言う大きな杯で飲むことになりました。

気を抜かないよう、気を付けながら。

 

エリザベス男爵はメリッサの飲みっぷりにご機嫌です。

 

気付くと男爵はベロベロになっていますが、メリッサはまるで素面のようにしっかりしていました。

最後まで正気で残ったのはメリッサだけでした。

 

こんなにお酒に強い体なら心配することはなかったのです。

 

十分飲んで楽しんだのでそろそろ帰ろうとヨナとナインの二人を探し始めました。

ヨナは調整して飲んだだろうし、ナインはお酒が好きではないので問題ないでしょう。

 

ヨナとナインを呼びながら探していたメリッサに、いきなりナインが後ろから抱きついてきました。

なんとナインはベロベロに酔っぱらっていたのです。

その悪女に気をつけてください33話の感想&次回34話の考察予想

ユーリの言いたかったことは晩餐会のことでした。

メリッサが参加すると答えたときとっても嬉しそうでしたね!

 

それにナインの治療を引き受けてもらえてよかったです!

まだ方法は見つかっていませんが、有能な魔術師一家ですからきっと大丈夫でしょう。

 

ユーリがメリッサの役に立てることに大喜びだったのは、ピーコックを追い払ってもらったことが嬉しかっただけでなく、メリッサのことが大好きなんだと思います。

 

メリッサはそのさっぱりした男前な性格になってから、みんなに好かれるようになったのではないでしょうか。

ヨナはいつも通りですが、ユーリとナインの態度は大好きオーラがたくさん出ていますから。

 

今回、ようやくエリザベス男爵が登場します。

酒豪で飲ませ好きというのが意外でした。

 

遅刻して会場入りしたときには既に魔術師たちは出来上がっていました!

男爵はさすがにお酒に強い方なのでしょうが、メリッサの方がずっと強かったですね()

 

お酒を飲むはずがないと思っていたナインが酔っぱらってメリッサに抱きついてしまいました。

 

いつも自分の気持ちにブレーキをかけているナインです。

お酒のせいで気持ちが抑えられなかったのでしょう。

 

もしかして、次回で告白しちゃうのかな?

もしそうなったらメリッサはどうするのでしょうか。

 

普段はナインを可愛がっているメリッサですが、本命になれるかどうかは分からないですよね…。

 

この二人、どうなるのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『その悪女に気をつけてください』33話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「その悪女に気をつけてください」34話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら