外科医エリーゼのネタバレ

漫画「外科医エリーゼ」は原作mini先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「外科医エリーゼ」52話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

自分の身を守る方法として銃の使い方をレンに教えてもらったエリーゼ。

このことをきっかけにエリーゼは家に戻る事にします。

父たちは、無事に戻ってきたエリーゼを優しく抱きしめ、出征することを許すのでした。

≫≫前話「外科医エリーゼ」52話はこちら

外科医エリーゼ52話の見どころ・考察予想

クリミア戦争への出征式で声明を発表するエリーゼ。

デイムという称号を手にしたエリーゼは国民がらたくさんの尊敬を受けています。

 

”どんな時でもみんなの側にいる”という言葉を聞いて、エリーゼに安心感を覚えるのでした。

 

戦争に行く前にと母親へ挨拶に来たミハイル。

母親の状態は悪くなっていて悲しさや寂しさから悲しそうな表情を見せます。

 

一方敵国のフランソエン軍では、ニコラスがエリーゼを手に入れたいと改めて計画を練っていました。

外科医エリーゼ52話のネタバレ込みあらすじ

いよいよ出征する日になり、陛下の元で出征式が行われます。

『誇り高き帝国の兵士たちよ…』

出征兵の前で陛下は言葉を述べます。

 

『どうか皆に主のご加護がありますように』

陛下は言葉を終えると、皇子のリンデンに言葉を述べるように言いました。

 

リンデンは力強く『我々は必ず勝利する』とハッキリと断言しました。

 

『ブリチア帝国の、誇り高き兵士の諸君と一緒なら、相手国など我々の相手ではない。必ず祖国に戻って凱旋式を行おう』と頼りになる姿勢で兵士たちの志気を上げました。

 

次はいよいよエリーゼの番です。

緊張しますが、一歩前に進みます。

 

エリーゼが前に出ると、兵士たちから『デイムクロレンス!』と称賛の声が上がりました。

 

エリーゼの活躍は街中に知られているので国民からも尊敬されているのです。

大歓声の中エリーゼは話し始めました。

エリーゼが伝えたい事

『親愛なる兵士の皆さん…』

エリーゼは優しい声で話し始めました。

 

『これからケガをしたり命を落とす方が出てくるかもしれません。

医者として皆さんと共に同行しますが、全員の命を助けると約束することはできません』

 

『しかしこれだけは約束できます』

 

『皆さんがケガで苦しんでいるとき必ず皆さんの側にいます。

一人でも多くの方が家族の元に帰れるよう最善を尽くします』

 

エリーゼは女性目線の優しい言葉の中にも、必ずみんなを支えるという強い意思を感じる言葉を述べるのでした。

皇太子・皇太子妃の力強い言葉に兵士達は一気に士気が高まります。

 

リンデンは、突然みんなの前でエリーゼの手を強く握りました。

兵士たちに見せるためにわざと?と突然の行動に困惑するエリーゼ。

 

ですが、リンデンは心の中でこう思っていたのです。

 

エリーゼの参戦を結局止めることが出来なかった。

途中で帰還させようとしても言う事を聞くはずはない。

自分が必ず守らなければ…!

 

エリーゼの命を守る事を心に決意するリンデンなのでした。

ミハイルの母親

その頃、チャイルド家にミハイルが訪れていました。

戦争に行く前に、母親に顔を見せようと思って訪れていたのです。

 

『今日は出征式では?』と尋ねる執事ですが、父親にぐちぐち何か言われるだけだと笑って話すミハイル。

 

執事は、母親に会うのは今日はやめておいた方がいいと話します。

ですが、『息子が母親に会いに来ただけ。今日会えなかったら戦争が終わるまで会うことが出来ないから少しだけ失礼する』と言って母親の部屋へ行きました。

 

母親の部屋の前に着くと、中から何かが割れる音がします。

悲しそうな表情をするミハイル。

 

ですが、気持ちを整え『母上!』といつもの陽気なキャラで笑顔で部屋に入ります。

 

母親は突然入ってきたミハイルに、叫びながらワイングラスを投げつけました。

超能力を使ってグラスを回避し、『ミハイル、いやミルが会いに来ましたよ』と話しかけます。

 

ですが、母親はひどくおびえて震えています。

手には無数の切り傷が付いていました。

 

執事に、薬を持ってくるように頼むと、ミハイルは、母親にこれから出征することを伝えました。

そして、母上に喜んでもらえるよう手柄を立ててくるからと話します。

 

そして『いつか、自分が皇帝になって、母上を皇太后として何不自由ない生活を送らせてあげる。だから元気でいてください。』と優しく話すのでした。

 

母親に挨拶をした後、庭を歩くミハイル。

あまりの天気の良さに、皇位なんてすべて投げ出して旅行にでも行きたい気分になります。

 

エリーゼの事を思い出し、一緒に言ったらもっと面白いだろうと思い、思い切って旅行にでも誘ってみようかなんて考えてしまいます。

 

ミハイルはまぁそんなことできるわけないか…と少し寂しそうな表情をして、遠征軍の元に向かいました。

フランソエン軍のニコラスの狙い

クリミア半島では、ニコラスがブリチア帝国の新聞を読んでいました。

クリミア半島の王が厳しくマスコミを取り締まったせいで共和国の新聞は面白みがないのです。

 

ブリチア帝国の新聞には、エリーゼが今回の戦争に参加する事が書かれていました。

 

ニコラスは、以前会った時のエリーゼを思い出します。

自分のものにしたいくらい、実に美しい少女で、今回の戦争に勝ってエリーゼを手に入れたいと考えています。

 

戦争の勝利の戦利品としてエリーゼを手に入れることは、リンデンたちとの戦いもそうですが、面白ことになりそうだと不敵な笑いを浮かべるのでした。

外科医エリーゼ52話の感想&次回53話の考察予想

いよいよクリミア帝国との戦争が始まります。

出征式でのエリーゼの声明はエリーゼらしくとても素敵でした。

 

リンデンの弟にあたるミハイルの母親も憔悴しきっていてとても大変そうでした。

普段の笑顔のミハイルからはとても想像がつきませんね。

 

クリミア戦争で勝利し、エリーゼを手に入れようとするニコラスの策略は一体どういうものなのでしょうか。

次の話が気になってしょうがありません!!

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』52話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「外科医エリーゼ」53話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら