悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作Sola先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生、脚色Yuns先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」25話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

ついにアイリーンと対峙したシャティ
ドレス購入や侍女のイジメのことを言われても、嘘泣きを使いつつ順調にシャティ有利な流れでした。
しかしアイリーンの一言で流れが変わりはじめたのでした…。

≫≫「悪女の定義」24話ネタバレはこちら

悪女の定義 25話の見どころ・考察予想

アイリーンの一言で会場の雰囲気がかわってしまっただけでなく、一気にアイリーン有利な流れになっていきます。
送ってもらったことやティータイム、名前で呼んでいること、次から次へと関係のない話まで大胆に語りはじめました。
そんな対応にとまどいシャティは下手に動くこともできず焦ります。
そしてもうこれ以上は!というところで意外な人物がシャティの助けに…?!

悪女の定義 25話のネタバレ込みあらすじ

アイリーンがカイラードに声をかけたことで、会場の雰囲気が変わってきました。

アイリーンの反撃

どうして私的に公女とお会いされているのです?レジーナのパーティーの時に踊られていた時は何も思いませんでした。
二人きりで散策したり公女の部屋でお茶も一緒にされてるそうではないですか、というアイリーン。
その言葉にさらに会場がざわつきます。
今日も一緒に来てらっしゃいますよね…わたしの過剰な心配だと何度も考えましたとアイリーンは言いました。
関係ない話をしてくるなんて苦境に陥っていると話してるようなものよ、と焦りながら考えるシャティ。
その間にも話を続けているアイリーンは、互いに名前で呼んでいるというのは本当ですか?と決定的な一言を言います。
状況が逆転してしまった…考えてたよりアイリーンは大胆!カイラードは何故なにも話してくれないの?違うと言って!と考えるシャティ。
公女へ恋心があるのであれば、まずは皇太子殿下へお話を通すべきなのでは…特別な関係になってもお伝えにならない理由があるのでしょうかというアイリーン。
これ以上は見ていられない!何か言わなくては!とシャティが動こうとしたその時です!
そこまでだと声をあげた人物がいました。

皇太子殿下、あらわる

声の主は皇太子でした。
責任を持って発言出来るか?ただの噂話で第五皇子の名誉に傷をつけようとしてるわけではないだろうなという皇太子。
もちろん、そんな考えではないと分かっていているし帝国への気遣いからでてしまったのだろう…とアイリーンの頬に手で触れ皇太子は言いました。
そしてシャティの方を向き、今回の件はわたしにも問題があるようだ…今まで他意なく公女を遠ざけるようになってしまい誤解が生まれたのだろうという皇太子。
他意なくとか…ルールまで破ってたのに!ドッカーンと怒り心頭でメラメラと燃えるシャティ。
そんなシャティに皇太子は手をさしだし、どうか帰りはエスコートさせていただけないだろうかと言いました。
わたしにエスコートだなんて、と考えながらも手を取るシャティ。
それを見ていたアイリーンは、わたしはレジーナはどちらとも交流されるべきと何度も申し上げましたと慈悲深く言います。
うっわ…妾を気遣う本妻のつもり?と引き気味のシャティに、まだパーティーを楽しむか?と声をかける皇太子。
いいえと答えると、それではとエスコートをする皇太子に周りはあっけに取られてる雰囲気です。
そしてシャティがカイラードの方をみたことに気づいた皇太子はエスコートする手を腰へと変えるのでした。

帰宮、馬車で二人

馬車に乗り込みシャティに手をさしだす皇太子でしたがシャティは見事に無視をして、ふんっ!と自分で乗りました。
斜めに向かい合わせに乗りましたが目も合わせようとはしませんでした。
今回は助けられた…きてくれたおかげでその場をおさめる事ができたけど、わたしに有利に動くわけないわとシャティはキッとにらみつけます。
一体なにを考えてらっしゃるんですか?と問うシャティになんのことだ?と返す皇太子。
どうして突然わたしを助けたのと、ステナ令嬢の言った通りカイラード殿下とのことを心配してるのですか?とストレートに言うシャティに、あり得ないと皇太子は即答しました。
スパイまでつけて監視し、信じろと言うのですか?わたしは頭は悪くありませんと言うシャティ。
公女が変わったとは思っていたが、本当に驚いた…わたしを驚かすものは数少ないと褒める皇太子。
褒められたいわけじゃないっつーの!なによ!その上から目線!とイラっとするシャティに、公女は勘違いを一つしていると言います。
カイラードのことは直接本人から聞いていた、不純な考えをもっているとは思ってはいない、カイラードを信じているという皇太子。
あいつは俺にとって特別な弟で、腹違いでも本当の兄弟と同じだと話しました。
それを聞き、仲がよいのねと考えているシャティ。
しかし公女のことは信じていない、とハッキリ告げたうえでシャティの手を握り、尊重はしていると話す皇太子。
これまで無視しといて今更!と思い手を振り払いました。
尊重しているといいながらどうしてこのような対応を?と問うシャティ。
はっきりさせるわ!今日こそ!とシャティは皇太子をにらむのでした。

悪女の定義 25話の感想&次回26話の考察予想

アイリーンえげつない手段をつかってくるうえに、聖女のような顔をしてわたしは前からちゃんと話してましたよ!というような対応を!!
本当に演技がお上手で…と思います。
次期皇后はわたしよと今から見せつけているようでした。
しかしどうしてなにも言わなかったの!カイラード!
皇太子がくることを知っていたふうでもありませんでしたし、いきなり話をふられて下手なことは言えないと思ったのか…考えが知りたいですね
そして皇太子とアイリーンが帰ったあとの会場は一体どんなふうになったのか…パーティーの主役のユタバインが若干気の毒でした。
あとは皇太子ですね!本当になにも考えなしに助けたのか、それともなにかあるのか…。
次回のシャティがどれだけ話を引き出せるかが見ものになりそうです。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』25話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」26話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら