末っ子皇女殿下 ネタバレ16話【ピッコマ漫画】エニシャも2歳に。ついに魔力も回復の兆し!

漫画末っ子皇女殿下は原作SAHA先生、漫画Stonehead先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「末っ子皇女殿下」16話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アーキラ連邦へ戦争に向かったロドゴ皇帝陛下とヘラード皇子殿下。

アーキラ連邦の王陛下は、ヒペリオンの力に恐怖を感じ、他国を共謀していました。

エニシャに暗殺者を送っていた犯人の1人だったのです。

 

ロドゴ皇帝陛下たちはあっさりとアーキラ連邦の王族たちを捕まえ処刑しました。

さらに、目当ての真珠もたくさん手に入れ、エニシャの待つヒペリオンへ帰国を始めたのでした。

≫≫前話「末っ子皇女殿下」15話はこちら

末っ子皇女殿下16話の見どころ・考察予想

2歳になったエニシャ。

またしても国中が喜び、各国からもお祝いの贈り物がたくさん届いています。

やましい気持ちを抱いていた国たちは、それは豪華なプレゼントをエニシャに贈っていました。

ヒペリオンの敵国は一体どのくらいあるのでしょうか。

 

エニシャも魔力が少しずつ回復してきました。

いつか完全に回復するとエニシャも確信しています。

魔力が回復したエニシャがヒペリオンにもたらす影響はあるのでしょうか。

 

そして、ついにヒペリオンに帰国した皇帝陛下とヘラード皇子殿下。

エニシャに会えて2人はとても喜びますが、エニシャは2人を忘れたフリをします。

最愛のエニシャに忘れられてしまった2人は、今後どのような行動を起こすのでしょうか。

末っ子皇女殿下16話のネタバレ込みあらすじ

エニシャはついに2歳の誕生日を迎えました。

ヒペリオンでは国中がお祭り騒ぎとなり、記念硬貨が発行されたり、城前の広場では展示会や賛美会が開かれたりしていました。

 

さらに、皇女宮は各国からの贈り物で溢れかえっています。

サイのツノや虎の骨など、珍しい薬剤や香料・アロマオイル、ピンクダイアモンドの貴重な宝石類まで届き、特にやましさを感じていた国々は命をかけて媚びへつらっているようでした。

それは、まるでこの大きな帝国の実権をエニシャが握っていると言われるほどでした。

 

兄のロシエル皇子殿下は誕生日プレゼントとして皇女宮に書斎を作ってくれました。

そこには、現在の年齢にあった書物から大人向けの難しい専門書まで、数多くの書物が取り揃えていました。

エニシャの魔力が少しずつ回復?

エニシャはそんな皇女宮で1人魔法の練習を重ねています。

生まれた当初、全く使えなくなっていた魔法は、年齢を重ねるごとに少しずつ力を取り戻していました。

頑張って一滴の水を出す程度の力しか使えなかった魔法も、2歳になった今では小さな水たまりができるような感じにまで使えるようになっていました。

 

侍女たちは、シーツに包まり、1人こそこそと魔法の練習を続けるエニシャを、まさか魔法の練習をしているとも考えず、可愛らしいと微笑ましく見守っているのでした。

そんな中、練習を続けるエニシャは、いつかきっと魔力を全部取り戻せると確信していました。

 

侍女長は、ロシエル皇子殿下にエニシャが皇帝陛下とヘラード皇子殿下にすでに半年以上会っていないことを告げます。

さらに、幼いエニシャが2人の顔を忘れていないか心配をしていました。

 

ロシエル皇子殿下は幼い子供は顔を忘れやすいという話を侍女長から聞き、1人ほくそ笑んでいます。

エニシャはそんなロシエル皇子殿下を不思議に思いながら、忘れたフリをするべきか悩んでいました。

ロシエル皇子殿下の魂胆

ロシエル皇子殿下はエニシャを抱き上げると「父上とヘラードの顔を覚えてる?」突然聞いてきました。

さらに「無理して思い出す必要はない。誰も文句は言えないから」と続けたのでした。

 

ロシエル皇子殿下はエニシャを独り占めできると喜んでいたのです。

ロシエル皇子殿下の魂胆に気づいたエニシャは、2人を忘れたフリをすることを決めました。

皇帝陛下とヘラード皇子殿下、ついに帰国

数日後、ついに皇帝陛下とヘラード皇子殿下が帰国します。

2人の帰国に国民は喜び、2人は讃えられながら、城まで凱旋して帰ってきました。

 

エニシャもロシエル皇子殿下と2人の帰りを迎えます。

ヘラード皇子殿下は久しぶりに見たエニシャに嬉しくなりました。

エニシャの反応は?

皇帝陛下とヘラード皇子殿下はそれぞれエニシャを抱き締め、戦争で獲得した真珠のプレゼントたちをエニシャに渡します。

笑顔でプレゼントを渡す2人でしたが、エニシャは突然泣き出してしまいました。

 

さらに、ロシエル皇子殿下の後ろに隠れ、「だれ?」と2人に言い放ったのでした。

末っ子皇女殿下16話の感想&次回17話の考察予想

エニシャもついに2歳になりました。

今回の誕生日も、皇帝陛下がいないにも関わらず、豪華なことになっていました。

各国からたくさんのプレゼントが届いたエニシャですが、やましい気持ちを抱えている国とは一体何カ国くらいあるのでしょうか。

そんな国たちが、かなり高価な物を贈ってきているということですが、分かりやすすぎて逆に心配になってしまいます。

そして、エニシャの魔力も回復の兆しです。

成人する頃には元の魔力を取り戻せるのか、気になりますね。

ついに帰国した皇帝陛下とヘラードですが、最後はなんだか可哀想でした。

忘れたフリをしたエニシャですが、一体どのようにして2人との関係を戻すのでしょうか。

次回17話も楽しみです。

まとめ

今回は漫画『末っ子皇女殿下』16話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「末っ子皇女殿下」17話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら