末っ子皇女殿下のネタバレ&感想

漫画「末っ子皇女殿下」は原作SAHA先生、漫画AKEOSTUDIOの作品でピッコマで配信されています。

今回は「末っ子皇女殿下」43話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

スカンシャのハクマンの情報を得るためにレシーナに会うエニシャ。

『更に詳しい情報を…』とお願いすると、自分の仕事を手伝ってくれたらとレシーナは言います。

そこに”仲間を紹介する”と言って現れたのはなんとカヒルだったのでした。

 

≫≫「末っ子皇女殿下」その他話数ネタバレはこちら

末っ子皇女殿下43話の見どころ・考察予想

ハクマンとの情報交換の代わりに仕事を受けるエニシャとデル。

そこに仲間だとカヒルが現れたので二人はとても驚きました。

 

レシーナの依頼した仕事は、エニシャを人身売買の囮になってもらい、依頼主の子を一緒に助け出すというもの。

軽く話をするレシーナですが、デルとカヒルは不安しかありません。

 

ハクマンの情報欲しさに、囮になる事を了承するエニシャ。

そして、ロシエルがその売買に参加し、首謀者たちを逮捕することが決まります。

末っ子皇女殿下43話のネタバレ込みあらすじ

レシーナから仲間だと紹介されたのがカヒルだったことに、驚きを隠せないエニシャとデル。

カヒルも二人の顔を見て衝撃を受けます。

 

なんでここにいるの!?とお互いにびっくりするのでした。

 

その様子を見て、『知り合い?』と尋ねるレシーナ。

カヒルは『違います』ときっぱりと否定をしました

 

ですが、レシーナにはお見通しで、『知り合いでもないのにその反応は何??』と余計に怪しまれます。

 

苦し紛れに答えたカヒルの一言は…

『あまりにもかわいくて』

 

まさかの一言に、エニシャとデルは驚きの余り開いた口がポカーンとふさがりません。

顔を真っ赤にしているカヒルを見て、レシーナは『あんた照れてんの!?』と腹を抱えて大笑いするのでした。

仕事の内容は?

カヒルは、『依頼の内容を教えてください』とレシーナに言いました。

レシーナは『今日の依頼は、この人たちと一緒にやるから』とカヒルに説明します。

 

エニシャも一緒という事に驚くカヒル。

レシーナは『この小さいお嬢ちゃんが大活躍する予定!』とエニシャをメインとする計画を話そうとします。

 

デルは、その言葉を聞いて、『さっきはそんな話はなかった!』と反対しました。

ですがレシーナは、『奴隷競売の現場に潜入するには、売り物を出品するのが一番手っ取り早い』と言うのです。

 

それを聞いたデルとカヒルは、顔色を変えて激高しそうになります。

 

エニシャは、デルをツンツンとつつき、カヒルにも強く睨みつけ”何もするな!”とアイコンタクトを取ります。

二人は仕方なしに我慢するしかないのでした。

 

『出品するだけ。お嬢ちゃんが競売にかけられる前に、依頼の子と一緒に取り返す』と計画を説明します。

エニシャは、大魔導師だった頃初めて会った時も散々振り回されたし、レシーナの強引さは相変わらずだな…と思いました。

 

でも、今回の件でレシーナの信頼を得ておけば、今後も利用できるし損はしないはず…と考えたエニシャは、デルに了承をするようにツンツンと合図をします。

 

何も動きがないので、見上げてみると、デルはダメだと首を横に振っています。

引くことが出来ないエニシャは、デルに何回も何回もツンツンします。

 

デルは、大きなため息をついて『分かりました…』としぶしぶ了承しました。

レシーナは、『素晴らしい判断です!』と作戦について説明を始めるのでした。

エニシャを引き留めたいカヒル

カヒルは、レシーナに、『子供はちょっとだけ僕がほかの部屋につれていきます』と頼みます。

 

カヒルは、エニシャに手を差し出し、『おいで』と声をかけます。

エニシャはバスケットを抱え、カヒルの手を取り、一緒に歩いていきました。

 

別の部屋で二人になったエニシャとカヒル。

カヒルは、エニシャを心配そうに見ています。

 

エニシャは、カヒルの服の袖をつまみ、跪かせました。

頬の赤くなっている部分を優しくさすり『ケガをしたの?』と質問します。

 

カヒルは、『たいしたケガではない』と質問を流すだけで、ケガの理由については何も話しません。

 

エニシャは、正面から質問することにします。

 

『カヒルはどうしてここに?』と尋ねるエニシャ。

『自分の居場所を作っている』と目をそらしながら答えるカヒル。

カヒルはまだ本当の理由を話しません。

 

カヒルは話をそらすように、なぜこんな危険な所に来たのかエニシャに尋ねました。

『調べたいことがあってきた』と答えるエニシャ。

 

カヒルは『ここがどれほど危険か分かっているのか!』と怒ろうとすると、

エニシャは、『ハクマンについて調べたかったから!』と大声で言い返します。

 

ハクマンがエニシャに求婚したときいて、どんな人物か知りたかった。

でも、父も兄も何も教えてくれず、このままだと本当に何も知らないまま急に結婚するんじゃないかと不安になる…

 

本音をぶちまけたエニシャは我慢していた不安が溢れ、泣き出しました。

急にエニシャが泣き出したので、カヒルはどうしていいか分からずオロオロします。

 

エニシャはさらに泣きながら、カヒルに抱きつきました。

驚いてカチカチになるカヒルですが、珍しく泣いているエニシャをそのまま見守ります。

 

しばらく泣いた後、エニシャはクッキー食べたい…とポツリとつぶやきます。

数分後、バーネットにもらってきたクッキーをとても満足そうにサクサクと食べるエニシャでした。

ロシエルも参加する事に…!

外出していたロシエルが馬車でお城に戻ってきました。

ですが、その表情はいつもと違い何かに悩んでいるようです。

 

ロシエルは、『バーネットの所にお兄様達がついてきたら、お兄様達の事大嫌いになるから』という言葉に落ち込んでいたのです。

しかもロシエルは、『お兄様なんかいらない』といわれたと脳内変換していて、余計に落ち込んでいたのでした。

 

気を取り直して、『違法な人身売買が行われている競売は確かなのか』と確認するロシエル。

そして、『自分が直接その競売に参加するとしよう』と言い始めました。

 

『奴隷商もその後ろ盾になっている貴族たちも全員…

犯した罪を償わないとね…』

 

冷ややかな目をして冷たく言い放つロシエルでした。

末っ子皇女殿下43話の感想&次回44話の考察予想

レシーナが頼んだ仕事というのは、人身売買のおとりになって欲しいという危険極まりない内容でした。

さすがに断るかと思いましたが、エニシャはどうしてもハクマンの情報が欲しいのでやる事に。

 

デルやカヒルは心配でたまりませんが、レシーナは楽観的に考えているようで、何か起こらないかと不安ですね。

 

ロシエルも違法人身売買を取り締まる目的で参加することになり、エニシャとの遭遇は避けられそうにありません。

まさかのエニシャが出品されていると気が付いた後のロシエルの怒り狂う姿はとても恐ろしいものになりそうです。

 

エニシャが無事に帰ってこられることを祈ります…!

まとめ

今回は漫画『末っ子皇女殿下』43話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫「末っ子皇女殿下」その他話数ネタバレはこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら