悪役のエンディングは死のみネタバレ&感想

漫画悪役のエンディングは死のみ原作Gwon Gyeoeul先生、作画SOUL先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪役のエンディングは死のみ」23話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ペネロペは兄たち3人とお祭り見物に来ました。

人ごみの中でデリックの腕につかまって歩いていましたが、手が離れ見失ってしまいます。

 

一人になったペネロペはシステムに導かれオークション会場へたどり着きました。

 

≫≫前話「悪役のエンディングは死のみ」22話はこちら

悪役のエンディングは死のみ23話の見どころ・考察予想

デリックとレナルドを護衛に3人でお祭り見物に出てきたペネロペ。

デリックの腕に捕まって歩いていましたが、人ごみで手が離れてしまい意図せずはぐれてしまったのです。

 

一人になり、システムに導かれるようにオークション会場へやってきました。

ペネロペはエカルトの紋章が入った金のボタンを使い会場へ入ります。

 

一般の奴隷のオークションが済むとイクリスが登場しました。

戦士として名高いデルマンからきたイクリスは、ショーとして3匹の獰猛な狼と戦わせることになっているのです。

 

防具もつけず一人で戦わなければいけないイクリスは、無傷で済むとは思えません。

 

大けがをする前にペネロペはイクリスを競り落とすことが出来るのでしょうか。

大金持ちの邪魔が入らないことを祈ります。

悪役のエンディングは死のみ23話のネタバレ込みあらすじ

イクリスvs

3匹の唸る狼を目の前にしたイクリスの手足には拘束具がつけられていました。

身を守る者は身に着けず、武器は木でできた剣ひとつだけです。

 

これで助かるとは思えません。

すぐにでも救い出したいペネロペですが、ショーは始まってしまいました。

 

イクリスにとびかかる狼たちをかわしながら、木剣一つで正確に攻撃しています。

ショーは緊張感の中、イクリスの勝利で終わりました。

 

しかし彼も傷を負っていて血を流しています。

一瞬の静けさの後、拍手が巻き起こり歓声が上がりました。

 

その瞬間、イクリスは司会者にとびかかろうとします。

そのとき首に付けた拘束具に電流が走り、イクリスはその場に倒れてしまいました。

 

司会者はイクリスについて説明します。

扱いは難しけれども安全装置が付いているので制御できるようになっていると。

命のかかったオークション

競りが始まりました。

 

他の奴隷たちよりも高い50ゴールドから始まります。

値段はどんどんせり上がり、1千万ゴールドまで上がりました。

 

1千万ゴールドを提示した男が、落札を確信したと思われたその時、ペネロペが1憶ゴールドを提示しました。

 

会場がざわつきます。

司会者も驚きますがニヤリと笑うのが見えました。

 

いきなり10倍の値が提示されて後が続きません。

ペネロペは最初から最高値が着いた時に、その値段の10倍を付けて落札する計画でした。

自分の命がかかっているのでいくらでも出すつもりでいたのです。

 

無事1憶ゴールドで落札したペネロペは別室に案内されます。

そこではイクリスが繋がれ、係員に不必要に鞭で打たれていました。

 

彼はずっとこんな扱いを受けていたのでしょうか?

ゲームのストーリーより早く迎えに来て正解でした。

 

オークションの主催者からペネロペは一つの指輪を渡されます。

イクリスのチョーカーには麻痺の魔法がかけられていて、指輪を押すと電流が流れて彼を制御できるのです。

 

舞台で司会者が襲われそうになった時もこれを使ったのでしょう。

使いすぎると命が危ないものですが、か弱い女性なら必ず身につけるようにと。

 

今それを試してみないかと言われているときに、後ろから悲鳴が聞こえてきました。

話している間にイクリスは傍にいた係員を足だけで押さえ締め付けていたのです。

悪役のエンディングは死のみ23話の感想&次回24話の考察予想

奴隷オークションというのはやっぱり気分のいいものではないですね。

イクリスが獣より強いのはよく分かったのですが、繋がれて鞭で打たれてほとんど獣と同じ扱いです。

 

獣を倒したとはいえ、傷だらけの体でさらにチョーカーで制御されたり鞭で撃たれたり…。

普通の人なら体も心も耐えられません。

 

ペネロペはもともと最高値の10倍を出すつもりだったと言いますが、後の支払いは公爵がするのですよね?

これをどう説明するのでしょうか?

 

屋敷を抜け出したこと、兄たちとはぐれて単独行動をとった事、そして一人で奴隷オークションに行ったこと。

そこにさらにこんな大金を使ってしまって。

 

どう考えても勘当ものの罰がありそう。

 

イクリスも今の時点ではペネロペをただの購入者としか見ていないですよね。

周りに極度の不信感と攻撃的な気持ちがあるイクリスと仲良くなるには時間がかかりそうです。

 

どうやってそこまでもっていくのか、ペネロペにはなにか策があるのでしょうか。

 

でもその前に公爵への言い訳ですね。

せっかく認められつつあったのに、大丈夫なのでしょうか?

 

すっかり忘れていましたが、二人の兄たちは今頃どうしているのでしょう…。

まとめ

今回は漫画『悪役のエンディングは死のみ』23話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪役のエンディングは死のみ」24話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら