ピッコマ漫画・悪役令嬢の計画のネタバレ&感想

漫画「悪役令嬢の計画」は原作Yusoo先生、Lemi先生、Bae Hee Jin先生、漫画Storysoop先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪役令嬢の計画」36話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

シャンノンに殺されかけたバイオレットは、ハーロンに自分がバイオレットではないことを告白します。

ハーロンは、そんなバイオレットに別人かもしれないと気づいていたというと、バイオレットの本名を聞いたのでそた。

≫≫前話「悪役令嬢の計画」35話はこちら

悪役令嬢の計画36話の見どころ・考察予想

シャンノンがバイオレット?ハーロンの反応は

バイオレットがバイオレットではないことを告げると、ハーロンはあっさりと受け入れていたのには驚きました。

しかし、幼馴染のバイオレットが今のシャンノンだということを知ったハーロンはどんな反応をするのでしょうか。

 

自分の体を奪われたバイオレットのことを殺そうとしたシャンノンの気持ちも少しはわかるのかもしれません。

シャンノンがバイオレットだということを知ったハーロンの行動や反応に注目です。

悪役令嬢の計画36話のネタバレ込みあらすじ

バイオレットがシャンノン、、!ハーロンの反応は?

ハーロンは、ショックだったのか、ずっと黙っていました。

バイオレットは、自分でさえかなり驚いたのだから、ハーロンはさらに驚いただろうと考えます。

 

すると、しばらく黙った後でハーロンは、シャンノンがなぜ自分に対してあんな態度を取ったのかが分かったといい、とても深刻そうな表情で、バイオレットだったからなのかと、頭を抱えます。

そして、バイオレットに似ているような気がしていたが、まさか本当にバイオレットだったとはというと、バイオレットは、意外にも信じられないような事実を受け入れているハーロンに驚くのでした。

 

バイオレットは、ハーロンに自分の話したことをそんなに簡単に受け入れるのかというと、ハーロンは、バイオレットがうそをついているとは思わないし、自分も前から変だと思っていたということを告げたのです。

想像はしていたけど、心のどこかでこんなこと起きてほしくなかったのかもしれないというハーロンに、バイオレットは、自分がバイオレットでなく本物のバイオレットでいてほしかったということか、困り顔で聞きます。

ハーロンの麻衣への気持ち

ハーロンはそんなバイオレットを麻衣と呼び、麻衣の存在を否定しているわけではないから誤解をしないように言いました。

そして、幼馴染のバイオレットも大切だが、バイオレットも違う意味でたくさん大事な時間を過ごした大切な存在だといい、麻衣のほほを触り見つめたのです。

 

ハーロンは、シャンノンに会いに行こうと言うと、麻衣に安心するように言い、麻衣のことをもっと知りたいから、麻衣の話も聞かせてほしいと、顔を赤らめていったのでした。

バイオレットは、自分のことを知りたいというハーロンに喜びつつも、自分が平凡すぎてがっかりされないかと心配するのでした。

 

バイオレットは、平凡だと前置きしたうえで、事故で両親を亡くし、生きるために必死だったが自分の周りには誰もいなかったことを告げます。

ハーロンは、つらかったねと言うと、顔を赤くして、見た目はどんな感じなのか、そして彼氏はいなかったのかと聞いたのです。

 

見た目は普通で彼氏もいなかったことを言い、自分を知ったらがっかりするかもというバイオレットに、ハーロンは、自分は麻衣を好きだから麻衣でなければ意味がないといったのです。

バイオレットは、自分は本物のバイオレットではないしこんな自分でいいのかと聞くと、ハーロンは、名前なんか関係ないということを男らしく言い放ちます。

シャンノン逃亡!

そして、二人がシャンノンの眠っていたベッドに行くとなんとシャンノンが姿を消していたのです。

その上、シャンノンの馬車もなくなっており、二人はどうするか話し合います。

 

ハーロンは、シャンノンが本当にバイオレットなら自分が話したほうがいいと提案すると、バイオレットはその通りだと思いつつも、ものすごく不安になり、どうしても賛成できません。

バイオレットは、二人が恋に落ちてしまうのではないかと気が気ではないのです。

 

しかし、ハーロンは、バイオレットが想像していることは絶対にありえないとバイオレットの手を握り、もう行くねといい、シャンノンのもとに向かうのでした。

そのころ、シャンノンはベッドの上で、バイオレットを殺せなかったことで怒りで震えていたのでした。

悪役令嬢の計画36話の感想&次回37話の考察予想

ハーロン、バイオレットのいうことをすべて信じるなんて、バイオレットも驚いていましたが本当にすごいですね。

そして、麻衣のことを知りたいというハーロン、これはバイオレット(麻衣)もうれしかったことでしょう。

 

バイオレットは心配していたようですが、ハーロンがシャンノンに恋をすることはないでしょうね。

だって、麻衣の性格が好きだからバイオレットに恋をしたわけで、バイオレットが麻衣ではなくバイオレットのままだったら、二人は恋になど落ちませんでしたからね。

 

次回、まだ怒りに燃えるシャンノンにハーロンが会い、どんな展開になるのでしょうか。

シャンノンの狂気っぷりも楽しみにしています!

まとめ

今回は漫画『悪役令嬢の計画』36話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪役令嬢の計画」37話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら