悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女は変化する」57話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

レンとエルザは領地を離れ、首都のウィンターナイト邸へ。

使用人たちもエルザに会うのを楽しみにしていた様子で温かく迎え入れられます。

そこへ、突然レンの両親がやってきました。ドキドキのエルザ…。

≫≫前話「悪女は変化する」56話はこちら

悪女は変化する57話の見どころ・考察予想

エルザはレンの言うように、両親の温かさに触れて緊張も解れていきます。

メリッサが用意したプレゼントのネックレスは、思い出の品と言うだけではなく、エルザを大切に思う気持ちが込められていました。

 

そして、リリエルの魅惑の魔力の謎が解明されます。

ポイントは「リリエルの保持している魔力がごく微量」「アルンデルの魔力の特性」です。

 

エルザは謎は解けても余計に困惑します。

その理由は?

悪女は変化する57話のネタバレ込みあらすじ

レンの母メリッサは明るい夫人で、エルザに終始笑顔で接してくれます。

 

父親のルウィンスキーは寡黙な人のようで、会話が途切れたりはしますがしっかりフォローするメリッサ。

レンもそうじゃないのかとエルザに訊ねるメリッサに、レンは父上よりずっとましだと答えます。

 

和やかな雰囲気に、エルザの緊張も次第にほぐれていくのでした。

メリッサからのプレゼント

メリッサがエルザにプレゼントだと言ってネックレスを渡しました。

ルウィスキーからプロポーズのときにプレゼントされたもので、今度はエルザにプレゼントだと言います。

 

エルザは感謝の言葉を伝え、さっそく身につけてみました。

すると、メリッサがこれは魔法が刻まれているアーティファクトだと言います。

 

エルザのアルンデルの魔力が溢れ出て影響を受けた人がいたことをレンから聞いたので、それを防ぐとネックレスだと説明しました。

 

レンはメリッサからアーティファクトは造るなと言われていて、その理由はこれだったのですねと訊ねます。

メリッサは、大切なお嫁さんのために少しでも力になりたかったと伝えました。

 

エルザは心から感謝します。

両親はレンとずっと手紙のやり取りをしていたことを明かし、自分たちの経験を役に立てて欲しいと言うのでした。

リリエルの魅惑の魔力の謎

レンがリリエルの件を切り出します。

 

ルウィスキーがリリエルはアルンデルの魔力を持っているだろうと言いました。

でも、なぜそれを使うことができるのか疑問が残るエルザ。

 

レンも、アルンデルの魔力はその主が覚醒させない限り自分の魔力を自覚できずに、使うこともできないのではと質問します。

エルザもそうでした。

 

そしてエルザも、アルンデルの黄金の杯が見せた記憶の中では、クロッカス家の先祖はアルンデルの魔力を受けて髪色が赤く変わったのに、リリエルは金髪だと疑問を投げます。

 

するとメリッサが説明を始めました。

リリエルの魔力はごくわずかなものだから、最初から閉じられていなかったと…。

 

初めから覚醒しているなんてことがあるのかとエルザが質問しました。

 

ルウィスキーが、ごく稀にそういう一般人がいるし、その程度ならウィンターナイトの五感だけで感じることができるが、訓練してもホワイト騎士団ほど強くはならないと説明します。

 

実はルアンがそうでした。

リリエルもそういうケースだろうと言われますが、レンがその程度なら周りの人に何の影響も与えないだろうと疑問を呈します。

 

そこで、メリッサがエルザがリリエルの魔力を増幅させていたのだろうと言いました。

 

アルンデルの魔力は、魔力が弱い者でも自分より強い魔力の持ち主の近くにいると増幅する特性があるのです。

その差が顕著なほどはっきり現れるのでした。

 

エルザはかなり強いアルンデルの魔力の持ち主だろうと言うルウィスキー。

 

でも、リリエルの魔力は微弱だから人々の理性を失わせるほどではなかっただろうが、かなり長い時間多くの人が影響を受けていたのだろうと…。

 

メリッサの、おそらく両親も…と言う言葉にエルザも言葉がありません。

レンが、エルザが離れたからにはロベリアの状況は変わっているのかと訊きました。

 

その可能性は十分にあるとルウィスキーが言います。

メリッサも、違和感を感じている人が多いだろうと…。

悪女は変化する57話の感想&次回58話の考察予想

エルザのアルンデルの魔力が強いだろうとは予想していましたが、それがリリエルに影響をしていたとは!

 

そのことを聞いたエルザは何を思ったでしょう。

結局は私のせいだ…って思ってしまいそうですが大丈夫…?

 

ロベリアで、リリエルの立場が微妙になってきた描写がありましたが、そういうことだったのかと納得しました。

 

じゃあリリエルがあんな性格になったのもアルンデルのせいと言えるのか疑問になってきます。

元からわがままな性格なのか、それとも物心ついたときから、何でも自分の思い通りになってきたからああなってしまった?

 

とにかく、魅惑の魔力が弱まってしまった今、リリエルは逆境に立たされるということは確かなようです。

 

エルザとしては黙ってみているわけにはいきませんね。

ロベリアへ行くことになるのでしょうか…?

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』57話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女は変化する」58話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら