ピッコマ漫画・悪役令嬢の計画のネタバレ&感想

漫画「悪役令嬢の計画」は原作Yusoo先生、Lemi先生、Bae Hee Jin先生、漫画Storysoop先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪役令嬢の計画」38話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ハーロンは、バイオレットであるシャンノンに会いに行き、なぜバイオレットを殺そうとしたのか尋ねます。

シャンノンは、バイオレットをもう虐めないと約束する代わりに、結婚式に参加させてほしいと頼んだのでした。

≫≫前話「悪役令嬢の計画」38話はこちら

悪役令嬢の計画38話の見どころ・考察予想

ハーロンはバイオレットをどう守るのか?

バイオレットを虐めないと約束する代わりに結婚式に参加させてほしいというシャンノンから、ハーロンはバイオレットである麻衣をどう守るのでしょうか。

麻衣が反対するからとは言えないでしょうし、どのように理由を告げるのか気になりますね。

 

とりあえず、ハーロンの行動や考え方に注目です。

また、シャンノンのたくらみも気になるので見ていきましょう!

悪役令嬢の計画38話のネタバレ込みあらすじ

ハーロンが麻衣につげたこととは

バイオレットは、ハーロンがシャンノンに会いに行ってから丸一日連絡がこないことを気に掛けます。

もしかしたらシャンノンを選んだのかもと考えると、バイオレットは不安に襲われます。

 

すると、ハーロンが現れ、シャンノンが自分たちの結婚式に参加させてほしいと言っていることを聞き、悪い予感がするのでした。

バイオレットは、シャンノンのことを招待したいのかハーロンに聞くと、ハーロンは二人には仲良くなってもらいたいから招待したいと答えたのです。

 

ハーロンは、シャンノンが心から自分たちの結婚を祝福するように説得して見せるといいバイオレットの手を握りますが、バイオレットはそうは思えません。

しかし、真剣な顔でシャンノンをかえるから信じてほしいというハーロンに、NOなどとは言えないのでした。

 

ハーロンは、これからはシャンノンに会う機会が増えるであることを告げ、再びシャンノンになったバイオレットが壊れるのを見たくないのだと、麻衣であるバイオレットを抱きしめます。

納得した麻衣は、ハーロンの、またという言葉に引っ掛かります。

バイオレットを守りたいハーロン

そのまるで、以前もバイオレットが壊れたところを見たかのような言い方に違和感を覚えたのです。

なぜなら、麻衣がバイオレットの体に入った時はまだバイオレットは普通だったので、自分が知らない事件でもあったのかと考えるのでした。

 

ハーロンは、このままではシャンノンになったバイオレットがどんどん悪い方向に進んでいくこと、そして、バイオレットを失いたくないと言うと、麻衣はその言葉に引っ掛かります。

もちろん、麻衣は二人のきずなが家族同然に深いことは小説を読んでいたので知っているのですが、そんなことを言われるとどうしても嫉妬してしまいます。

 

ハーロンは、ッ枚に傷つけたことを謝りながら、バイオレットは唯一の友達であり、不幸になる姿を見たくないと言うと、その後、誰よりも麻衣の幸せが一番大事だと告げたのです。

そして、麻衣のことを一番に優先すると約束したのでした。

 

麻衣は、そんなハーロンに、笑顔でハーロンが隣にいてくれるだけで今も幸せだと言うと、ハーロンは真っ赤になります。

そして、小説を読んでいた時はバイオレットの幸せを望んでいたにもかかわらず、自分の幸せのためにバイオレットの幸せを壊そうとしていたことに気づいて反省したのです。

バイオレットに幸せになってほしい麻衣

そう、麻衣は、悪い道に走るしかないバイオレットの幸せを心の底から望んでいました。

麻衣は誰よりもバイオレットの幸せを考えていたのに、そんなことを忘れてしまっていたのです。

 

麻衣は、バイオレットを招待しようと言うと、自分にもバイオレットは幸せになってほしいと笑顔で言いました。

喜ぶハーロンに、自分はバイオレットではないのに、一緒にいて幸せなのかと不安な表情で聞くと、ハーロンは、バイオレットがエアハルトと結婚する姿は見たくないといいました。

 

そして、いっみが分からない麻衣に、君のことが欲しいと、まっすぐ見つめていったのです。

それは女としてほしいということなのか麻衣が期待すると、ハーロンは、時が来たら話すと話しをそらしたのでした。

 

ハーロンは、もう一つお願いがあると言うと、本家にいた母がまた戻ってきたことから、明日会えないか聞いてきたのです。

ハーロンの両親はあまり仲が良くないが、ハーロンの婚約を聞いてここに会いに来て、バイオレットにも会いたいといっているというのです。

 

そして、ハーロンはバツが悪そうに、母親は頑固でバイオレットに性格が似ていると告げました。

麻衣は、原作で、浮気者の父親のせいでいつも苦労していて、贅沢でストレス解消していたその母親を思い出しました。

 

 

翌朝、バイオレットである麻衣がドレスアップすると、いつもと違う雰囲気にハーロンは戸惑います。

 

麻衣は、ぜいたくには贅沢といいウインクすると、人は自分と似た人に好意を持つから、初対面で気に入ってもらうための作戦だと話したのです。

新婦としてハーロンの母に気に入ってもらいたいという麻衣に、ハーロンは、母親がなぜ贅沢好きなのか知っているのかと聞きます。

 

麻衣は、しまったと思い心臓がバクバクします。

ここが、小説の中だなんて言えるわけがない麻衣は、ハーロンへの言い訳を必死に考えるのでした。

悪役令嬢の計画38話の感想&次回39話の考察予想

うーん、今回のハーロンの方法はすごくいやですね。

麻衣を優先すると言いながら、嫌がるまいではなく、すでにバイオレットが結婚式に出たいということを優先しているではないですか。

 

こういう男性って、奥さんをずっと不安にし続けるし、その上、ハーロンだってバイオレットが何か企んでいると気づいているくせに、これはないです。

ハーロンの株が、今回個人的にダダ下がりでした!

 

そして、次回はハーロンの母親と対面ですが、バイオレットのような性格ということで、またまた一波乱起きそうですね。

ハーロンの贅沢好きな母親、どんな女性か見るのが楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪役令嬢の計画』38話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪役令嬢の計画」39話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら