異世界剣王生存記ネタバレ

漫画「異世界剣王生存記」は原作SOON-G先生、漫画YKB先生の作品です。

 

ハンター登録をしに、ハンター登録所へ向かった光輝。その猛々しい姿に、ベテランハンターと間違われてしまいました。

異世界人だと思われ襲われそうになる光輝でしたが見た目によらずLv5だったことから、異世界人だとバレずに無事にハンター登録することができました♪

 

他のハンターに絡まれていると、後ろからそんな光輝を見つめる人物が・・

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「異世界剣王生存記」の6話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

異世界剣王生存記【6話】の考察予想

ゴジさん
異世界剣王生存記【6話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

謎のおじさんは誰なのか・!!

光輝の後ろで目を光らせている謎の人物・・。

彼は、このあたりで一番強いハンターでした!!!

(私は、探偵とかだと思ったんだけどなー。モンスターの謎を解き明かす!?的な。笑)

まぁ光輝にとっては、望んでもない絶好のチャンスですね♪

技や生きるすべを学ぶチャンスにはなりそう♪

Lv5でできるダンジョンは・・?

これはなんと荷物持ちでした笑

光輝は、戦いにすら入れません。笑

レベルあがんなーい。

異世界剣王生存記【6話】ネタバレあらすじ

ラウルにからまれた光輝は、剣と一緒にラウルを持ち上げてしまいます。

ラウルはひるんで声を出すこともできません。

シーンと静まり返る登録所。

 

そんな中、光輝に話しかけてくる人物がいました。

その名はバークマン。

依頼達成率、単独1位を獲得する

オンプロスで最も信頼されているパーティのリーダーでした。

 

思わず登録所を壊しかけている光輝を停止します。

「ここを壊す気か?」

すると、ぶん投げられたラウルが光輝に悪態を飛ばします。

Lv5の光輝を引き取ってくれるパーティなんてない と言うのです。

その言葉を聞いて所持金を登録料で使い果たしてしまった光輝は途方にくれます。

 

「大丈夫さ、この体格なら朝飯前。」

光輝はバークマンのパーティに勧誘されます。

(筋肉への信頼が厚い様子です。笑)

絶好のチャンス!と言わんばかりの光輝でした。

 

光輝はバークマンパーティの一員になります。

ここオンプロスシティはダンジョンとモンスターで成長した町。

モンスターを材料にすべての生産がおこなわれています。

そしてその一部、サト樹林でなぜかモンスターが大量出没しているようでした。

 

槍術士のアンバー、癒しのエーウィン、魔法使いのヒューバート、そして剣士のバークマン!!!

とてもバランスの取れたチームに光輝は加わることになりました。

 

強そうなモンスターがチームで次から次へと襲ってきますが華麗な連携プレーで倒していきます。

ハンター初心者にとってこれほどいい条件はありません。

報酬ももらえ、戦いには参加できないものの荷物持ちとして加わることになりました。

 

ただ問題なのは、光輝には弱すぎました・・・。

小石をはじき一番強そうなモンスターをワンパンします。

逃げ狂うモンスターたちを遠い目で見つめます。

 

ガイドにはレベルが低すぎる場合経験値として換算されないことが表示されていました。

光輝がレベルを上げるためには、もっと強いモンスターを倒さなければいけません。

その後、倒したモンスターを解体しながら光輝の話に20年も前に拉致されてしまった事。

家に帰るのもむずかしいと話す光輝に何か勘違いをしている様子のご一行。

これからは私たちが家族だと、光輝を迎えてくれました。

 

光輝のレベルを気にせずパーティに入れてくれただけのことはありますね。

とても面倒見のいいバークマン。

レベルなんか気にすんな、なんの意味もないとバークマンは言います。

しかし、その理由は驚くものでした・・。

 

なんとこの近辺には、強いモンスターがおらずバークマンは長い事ずっとLv25のままでした・・。

彼らは生活のためにモンスターから資源を集めて生活しているのでレベルを上げる必要がありません。

そのためのさっきの一言だったんですね・・。

 

戸惑いを隠すため光輝はひとりパーティから離れます。

光輝をLv5だと思っているヒューバートは、一人で行くのは心配だと追いかけますがそこにはもう光輝の姿はありませんでした。

光輝は森を風の速さで走り抜けます。

先ほどの言葉を確認するために・・。

 

残念ながらエピルほどのモンスターは1匹もいません。

ズゥん・・!!

そんな時、高レベルモンスターの威圧を感じます!

チャンス!と思ってかけつける光輝でしたがそこにいたのは人間でした・・・。

異世界剣王生存記6話の感想&次回7話の考察予想

今回は、ダンジョンの1部と森の様子が見られて楽しいですね♪

本当は一番強いハズの光輝ですが、隠しているあたり努力を感じます。

力を持て余して暇をしている光輝です。

早くレベルを上げて次のダンジョンにすすみたいですよね・・。

八方ふさがりとはこのこと・・。笑

でもせっかく外に出れたんだからなー。

異世界人と闘いレベルを上げるって方法はないのかしら・・

そもそも最後の人は異世界人のような気がするな。

まとめ

今回は漫画『異世界剣王生存記』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『異世界剣王生存記』の7話のネタバレはこちら