異世界剣王生存記ネタバレ

漫画「異世界剣王生存記」は原作SOON-G先生、漫画YKB先生の作品です。

 

新しい仲間たちと、森のダンジョンへ出かけた三輝♪ところがそこは激弱モンスターの町・・?!!

レベルがあがらない三輝。永遠にこのままなの?!と思った矢先!強い波動が・・。かけつける三輝が見たのは人間で・・?

≫≫前話をもういちど振り返りたい方はこちら

 

今回は「異世界剣王生存記」の7話を読んだので、ネタバレと考察予想、読んだ感想をご紹介します。

異世界剣王生存記【7話】の考察予想

ゴジさん
異世界剣王生存記【7話】の考察予想や、見どころについてと後半はネタバレ確定がありますのでネタバレが知りたい方はこちらをクリックして飛ばしてくださいね。

人間の正体は・・?

裸の人間の正体は・・?それもまぁまぁイケメン・・・!

私は異世界人なのかなと思っていますが(でもなぜ裸?!)

飛ばされてきたばかりということもありますし、

そもそも人間の姿のモンスター?

高位レベルになれば変身も可能になったりして。

さて、どうなんでしょう♪

異世界剣王生存記【7話】ネタバレあらすじ

三輝の前に現れた、裸の人物!!

茜色の瞳・・さらさらのロングヘアー・・白い肌

それは、ラウドパーティの魔法使いでした。

 

何故裸なのはおいておいて、三輝が感じた波動はこの男・・?

三輝は、波動のモンスターを探しますがそこは高原・・誰もいません。

とりあえず裸の人の前に出てきてしまった事を詫び、立ち去ろうとします。

 

三輝はLv5がこれるような場所ではないと、魔法使いに怪しまれてしまいました。

モンスターの波動を追っていたらここに到着した。と素直に認めることにしました。

立ち去ろうとする三輝を魔法使いは慌てた様子で炎で取り囲みます。

 

その目で見たのか?と力で三輝を抑制しようとしますが三輝に炎を握りつぶされてしまいました。

 

何故、自分に敵意を向けているのかわからない三輝は自分だってわからない、ラウドのように馬鹿にするのかと悲しみます。

二人が和解したところにラウドがやってきます。

 

三輝の姿を見てなんだかとても怒っている様子でした。

今にも襲い掛かってきそうなラウド。

「貴様ぁああ・・・!!!!」

 

魔剣士のラウドは、攻撃態勢を整えます。

どうやらラウドは、魔法使いを女性だと勘違いし三輝が暴行を働いたと思っているようです。

 

レベルの差を見せてやるよぉぉと雷雷剣を繰り出すラウドでした。

その時、三輝は冷静に謝ると同時にお辞儀をした瞬間。

ラウドの剣は三輝の頭上を通り越してしまいます。

ピカ!

 

~あたり一帯

雷が落ちる様子~

 

三輝は自分のパーティに戻ってきていました。

部屋の中から悲しみにくれたヒーラーが出てきます。

ケガをしたのはラウド本人でした・・。

 

翌日、ケガをした彼は魔法使いに連れられ帰っていきました。

ラウドは後日、魔法使いが男だと聞いて行方をくらましたそうです。

 

そうして月日がすぎていきました・・・。

場所はバークマンキャンプ内。

ラウドが1人、ダンジョンに向かったと話しています。

 

ラウドのレベルでダンジョンに向かうのは自殺行為だとアンバー姉さんは心配そうです。

ラウドは強いんじゃないのかと三輝。

 

しかし、ラウドのレベルが通用するのはこの近辺のみの穏やかなモンスターたちくらいでダンジョンに出ればLv30以降のモンスターたちがゴロゴロいるため太刀打ちできないと。ラウルねえさんは言います。

 

彼らはこの世界の住人ではなく魔人が作り出したものだといいます。

 

三輝は、背中でその話を聞いていますがこっそり自分のレベル上げのために侵入したいと思っている様子。

入り口の検問が厳しく、異世界人が集まると聞いて侵入をあきらめます。

 

でも何故ラウルはそんなところへ?

バークマンは言います、そこにはラウルの傷を治すことができる唯一のものがあると。

そう、その名も「アーティファクト」。

 

この世のものではないダンジョンとつなぐこと

それがアーティファクト・・・

特殊な能力を持ったアイテムで、噂ではどんな怪我でも治せるものがあるそうです。

 

バーマンたちは、サト樹林以外で最近モンスターが増えていると心配をしています。

その夜、三輝は、バークマンパーティを抜け出し情報をあつめようとエピルのもとへ向かいます。

その途中、強そうなモンスターたちに囲まれてしまいました。

 

ガイドには、Lv31 タチロ ダンジョンにしか生息しないモンスター。

剣での攻撃は効かない、と出ています。

モンスターはしょぼそうな剣士の三輝を舐めている様子です。

 

三輝は剣で薙ぎ払うとタチロは消滅してしまいます。

ザクザク倒していき、逃げるタチロを追いかけていると・・

「?」

タチロが魔法で転移しようとしている入り口を見つけました。

 

そこはなんと他ダンジョンにつながっており、タチロたちはそこからワープしてきていたようでした。

異世界剣王生存記7話の感想&次回8話の考察予想

今回も三輝は無敵でしたね♪

ラウルパーティの魔法使いは何か秘密を持っているようでした。

 

そんな事にも気づかず、裸の彼を変質者扱いする三輝が面白い。ちょっと鈍感ですよね。(笑)

どうやら周囲のダンジョンに異変が起きだしているようです。

三輝も闘う相手が出てきてうれしいのではないのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『異世界剣王生存記』7話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

≫≫次回『異世界剣王生存記』の8話のネタバレはこちら