外科医エリーゼのネタバレ

漫画「外科医エリーゼ」は原作mini先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「外科医エリーゼ」55話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

野戦病院の改善をリンデンに相談するエリーゼ。

自分の一存では決められないと、会議に出席しみんなに話をするように提案します。

 

代わりにエリーゼにお願いがあるというリンデン。

『一度でいい。笑顔を見せてほしい』と恥ずかしそうに頼むのでした。

≫≫前話「外科医エリーゼ」54話はこちら

外科医エリーゼ55話の見どころ・考察予想

重役会議でエリーゼは病院を改善すれば死亡率を少なくすることができると考えを主張します。

ですが、なかなか納得させることができません。

 

リンデンがエリーゼに重役の職位を与え、やるべきことができるように采配をします。

納得のいかない上層部たちには、一大プロジェクトを遂行できるのはエリーゼしかいないと言って納得させます。

 

権限を授かったエリーゼは、野戦病院の改善を始めます。

外科医エリーゼ55話のネタバレ込みあらすじ

エリーゼは部屋で調べ物をしています。

ですが、昼間のリンデンの事が頭から離れません。

 

『そうやって笑っていた方がどれだけいいか…』

優しく頬を撫でるリンデンに、エリーゼはまたドキドキした気持ちになるのでした。

 

エリーゼは、会議まで2日しかないから余計なことは考えないように!と頭をブンブンと振りますが、なかなか頭から離れません。

 

あの言葉どういう意味だったんだろう…

エリーゼは顔が赤くなりドキドキが止まらないのでした。

エリーゼの主張とは

二日後の司令部会議当日。

現在の帝国軍の状況の報告が上がっています。

 

その他にも重要な案件の話し合いが続きます。

すべての話し合いが終わった後に、エリーゼの話を検討する番になりました。

 

負傷兵の生存率増加のために提案があり今回参加させてもらったと話を始めるエリーゼ。

ですが、誰も興味がなく話をまともに聞いてはくれません。

 

エリーゼは続けます。

 

『現時点での野戦病院の負傷兵の死亡率は40%以上で、ケガをすると半数近くが命を落としている。

死亡率を下げることが出来たら、帝国の勝利に大きな助けとなる。

この40%以上の死亡率を10倍以上下げる方法がある』と強く主張しました。

 

エリーゼの言葉に一同が驚きます。

エリーゼがロンドを伝染病から救ってくれたことは知っているが、10倍とはあまりにも虚言が過ぎるのではと信用しない上層部たち。

 

エリーゼは、資料を見せました。

この資料は、死亡者の死亡記録を元に作った資料です。

 

その内容を見て上層部たちは事実なのかと信じられません。

死亡原因の中で負傷が原因で亡くなったのはたったの2%以下なのです。

 

エリーゼは、野戦病院の環境さえ改善すれば伝染病の発生を防ぐことができ、負傷兵たちの死亡率を急激に低くすることができますと力強く訴えました。

リンデンの決断

10倍以下に減らせるという事がどうしても信じることができない上層部に、リンデンが『やってみよう』と言います。

 

『やるかどうかの問題ではなく、必ずしもやらなければならない重要な事だ。

反対する者がいるというのか』というリンデン。

 

そして、エリーゼに臨時医務司令官に任命し、このことを進行してもらうと言いました。

 

突然の職位の発表に驚くエリーゼと上層部たち。

そんな補職は存在しないと反対する上層部に、真顔で『無いなら作ればいい。何か問題が?』と淡々と話すリンデン。

 

『そもそも、兵士たちの回復に責任を取る医務司令部が今までなかったことがおかしい。

戦争をするたび数万名は命を落としているというのに、軍法上何の問題もない』

 

『職位は大佐と同じとする』と言いました。

 

あまりにも大きな職位に上層部は反対します。

リンデンは、みんなをキッと睨みました。

 

『死亡率を10倍以上も下げることのできる一大プロジェクトだ。

誰かほかによりふさわしいものがいるのか?

3日で感染病から救ったエリーゼより優秀な人物はいないと思うが?』

 

上層部は何も言い返すことができず、同意せざるを得ないのでした。

 

リンデンは、エリーゼに医務司令官の職位を授ける代わりに条件があると言います。

 

三か月以内に言った成果を出すこと。それができたら功績と能力を認め正式に任命する。

もしできなかったときは、責任を取り、この戦争に参加する資格がないと判断し強制的に除隊してもらうと言いました。

 

リンデンは、支援すると決めたからには徹底的に支援してやる。

そのためには高い階級と地位は必須でエリーゼならできる。

万が一失敗しても、安全に国に帰る事ができる。

 

今回の職位を与えたのは、エリーゼの事を考えての決断だったのです。

順調に改善が進む

それからすぐに、エリーゼは環境改善と臨時の建物を建築するスペースを依頼し確保できました。

 

リンデンが授けてくれた職位のおかげでスムーズに作業が進みます。

ですが、医薬品の補給はまだまだ足りません。

 

医薬品支援の予算がこんなに少ないはずはないのに何かおかしいと感じるエリーゼ。

エリーゼは部下にある事を調べてもらうことにします。

 

数時間後、部下から調査報告がありました。

責任者であるヘインツ大尉が処理を怠っていたこと、さらに予算を横領していたことも確認できたという事です。

 

最初から怪しい様子で、何かしている予感があったのでエリーゼは、この結果に納得します。

直ちに解任させて厳重な罰を下すよう命令するのでした。

 

エリーゼは、『今日からこの野戦病院の総責任職は私が引き受けます!』と宣言するエリーゼなのでした。

外科医エリーゼ55話の感想&次回56話の考察予想

リンデンのエリーゼのための決断がカッコよかったですね!

 

何とかしてあげたいと思う気持ちを、きちんと筋を通し、みんなを納得させ、エリーゼに職位を与えるシーンは素敵でした。

上層部は納得いっていない人もいるとは思いますが、これからの結果で納得してもらえると思います。

 

リンデンのエリーゼへの思いの深さが伝わった今回のお話でした♪

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』55話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「外科医エリーゼ」56話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら