ピッコマ漫画・悪役令嬢の計画のネタバレ&感想

漫画「悪役が施す美徳」は原作usoo先生、Lemi先生、Bae Hee Jin先生、漫画Storysoop先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪役が施す美徳」41話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アイリーンが元旦那の命日を泣きながら想っていると、心配したエアハルトがやってきました。

そして、突然来たシャンノンに、冷たく、非難の言葉を浴びせるのでした。

≫≫前話「悪役が施す美徳」40話はこちら

悪役令嬢の計画41話の見どころ・考察予想

エアハルトに避難されたシャンノンはどうするのか

大好きなエアハルトにあそこまで言われて、シャンノン(バイオレット)はさぞかしショックだったでしょう。

ところで、シャンノンはエアハルトに何か言い返すのでしょうか。

 

自分が本当はバイオレットなこと、バイオレットは偽物のことなど、言いたいとは思いますが、言ったところで信じてもらえないし、言ったところで、自分自身さえ嫌われるというデメリットもありますね。

シャンノンがどうするのか見ものです。

悪役令嬢の計画41話のネタバレ込みあらすじ

シャンノンはエアハルトにあのことを告げるのか?

エアハルトがシャンノンにうそつきだというと、シャンノンは、誤解であると弁解します。

なぜバイオレットを虐めるのかというエアハルトに、バイオレットはいじめなどしていないと反論します。

 

そして、正直に言うわけがないというエアハルトは、シャンノンの話など聞く必要もないと言い放つのでした。

シャンノンは自分の潔白を主張しますが、エアハルトはそれならなぜ手が震えているのかと質問したのです。

 

エアハルトは、もしまたバイオレットを虐めたら自分が黙っていないというと、シャンノンは怒り過ぎて震えるのでした。

そして、エアハルトもハーロンもなぜバイオレットの話だけ信じて自分の話は信じないで批判するのかと責めますが、エアハルトは、批判ではなく事実だと切り捨てます。

 

シャンノンは笑いはじめ、本当にうそつきなのは誰か知らないくせにといい、真実が知りたいならあの偽物に聞くように言い放ったのです。

そして、バイオレットの正体を知ったらそんなこと言えるはずがないというと、エアハルトは、何を言っているのか理解不能だと言い放ちます。

とうとうシャンノンがバイオレットの正体を明かす

シャンノンは、自分はエアハルトとアイリーンに好意を示そうとしただけなのになぜバイオレットのはなしばかりするのかとうつむきます。

自分があんなになりたかったシャンノンになったのに、なぜエアハルトの気持ちは手に入らないのかと、まるで自分がエアハルトに愛されない呪いをかけられているかのように感じるのでした。

 

するとシャンノンは、バイオレットは偽物でバイオレットの体には別の人の魂が入り込んでいると言ったのです。

そして、バイオレットはこの時分だというと、エアハルトは、シャンノンが頭がおかしくなってしまったのか心配します。

 

シャンノンは、エアハルトが自分を知りたいといってくれた場所を言うと、エアハルトはなぜそれを知っているのかと驚きます。

するとシャンノンは、自分をバイオレットだというのに対し、それならだれがバイオレットなんだと混乱します。

 

それはほかの人の魂だというシャンノンは、その女がバイオレットの体を奪いみんなをだましているというのですが、エアハルトはいまいち信じることが出来ません。

するとシャンノンは、自分のいうことが信じられないならバイオレットを呼ぶように言い、直接バイオレットに聞くといいといったのです。

 

シャンノンは、自分が、もともとのバイオレットだから自分を愛してほしいというとエアハルトは、自分が愛しているのは今のバイオレットであり、それが誰の魂であっても関係ないといったのです。

 

そのころ、麻衣とハーロンは、元旦那の命日だるアイリーンのもとに、励ますために会いに行きました。

アイリーンは二人がお似合いだというと、ハーロンは顔を赤くしてデレデレになります。

シャンノンがバイオレットにキレる

するとそこに突然シャンノンが現れたのです。

怒ったような顔をしたしゃんのんは、エアハルトに会って帰る前に挨拶に来たというと、アイリーンのお茶を断って帰ると言います。

 

バイオレットである麻衣は、シャンノンを追いかけて、自分たちの結婚式に来たいというのを聞いたというと、シャンノンは断りに来たのだと勘違いして、自分の顔でハーロンと結婚する癖に友達の結婚式にも参加させないようにするなんてひどいと怒鳴りました。

麻衣は、誤解を解きたかったのに、自分の話を聞こうともしないシャンノンにショックを受け、ハーロンたちのもとに戻ります。

 

そして、シャンノンが自分に心を開くことは絶対にないと感じたのです。

先ほどシャンノンからものすごい憎悪を感じとり、死ぬほど恨まれていると改めて実感したのでした。

悪役令嬢の計画41話の感想&次回42話の考察予想

やはりシャンノンがバイオレットが偽物だということをエアハルトに話しましたね。

しかし、エアハルトが偽物でも好きだといったのには驚きました。

 

ハーロンもエアハルトも、あまり細かいことは気にしない、器の広い男性なのでしょうか。

しかし、シャンノン、ブチ切れていますね。

 

このままシャンノンが暴走しないか心配です。

次回、エアハルトはバイオレットに真実を聞くのでしょうか。

次回も楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪役令嬢の計画』41話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪役令嬢の計画」42話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら