ある日、私は冷血公爵の娘になった&感想

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になった は原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった 」106話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

エステルは、エメルが屋敷を出るのを止めたが、フラれてそのまま出ていってしまったことをアンに話しました。

アンはエステルを励まし、エステルは改めてアンとの友情に感謝するのでした。

 

一方援軍として来ていたゼオンはカルルの引き留めに後ろ髪をひかれつつ、自分の両親の住む首都へと帰っていきました。

 

そしてドラゴンも明後日屋敷を去ると聞いたエステルは、ドラゴンを質問攻めにするのですが…。

 

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった 」105話はこちら

ある日、私は冷血公爵の娘になった 106話の見どころ・考察予想

今回は前回ドラゴンに尋ねた「誓約」を白紙に戻す方法が明かされます。

これまで、父親も兄もできなかったことですから、当然エステルも簡単にできる方法とは思えないですが、いったいどんな方法なのでしょうか?

 

また今回はドラゴンが屋敷を去っていく話でもあるので、旅立ち前のドラゴンとエステルの交流も楽しむことができます。

 

ドラゴンはなぞが多いキャラでしたが、いったいどんな姿が明らかになるのでしょうか?

ある日、私は冷血公爵の娘になった 106話のネタバレ込みあらすじ

誓約を白紙に戻す方法とは?

ドラゴンに最後の質問として「皇室とカスティージョが結んだ誓約」について尋ねるエステル。

 

ドラゴンは、知っているが教えない、と言います。

誓約の内容は口外してはいけないからです。

 

仕方なく、エステルは「誓約」を白紙に戻す方法をせめて教えてほしいと頼みました。

 

誓約には剣や石といった媒介物を使うのですが、この媒介物を壊すことで誓約も白紙になる、というドラゴン。

そのためには誓約を交わした双方が白紙化に合意するか、媒介物を物理的に壊す必要があります。

 

しかし誓約の当事者であるカスティージョは当然物理的に壊すことはできないことになっている、とドラゴンはエステルにくぎを刺しました。

 

そしてここまで話すと、なぜか、突然ドラゴンがエステルの肩に歯を立てました!

エステルとドラゴン大空を舞う

ドラゴンはエステルの血をペロッとなめながら、エステルが自分の姉に似ているといいます。

 

そしておもむろに、自分の手を傷つけてを出し、それをエステルの口へと運ぶのです。

すると、エステルは意識が薄れていき…。

 

気付くと、草原に幼いころのドラゴンと姉が戯れている様子が見えました。

そして「アニンタ」を追い払うドラゴンの姉の姿も。

 

しかしここで、さらに意識は飛び、幼いころのエステルが母親に虐待を受けているシーンに移ります。

 

すると虐待されているエステルを助けに来るように、ドラゴンが抱きかかえてくれました。

この二つの記憶はドラゴンがエステルとつながるときに混ざってしまったものだ、と教えるドラゴン。

 

そして人型からドラゴン型へと姿を変えると、ドラゴンはエステルを背中にのせて大空へ飛び立ちました。

雨にぬれたり、風に吹かれたり、大空の中でエステルは自由でした。

 

そこで、ドラゴンがなぜエステルの父親について屋敷に来たのか、父親がなぜエステルとドラゴンを会わせたのか分かった気がします。

 

ドラゴンのいない世界に一人残されたドラゴン、魔族のいない世界に残されたカスティージョ家。

そしてその中の唯一の混ざった存在エステル。

 

すべてがカスティージョだから起こったことだ!

屋敷を去るドラゴン

大地に降り立つと、ドラゴンはエステルに一緒についてこないか?と誘いました。

しかしエステルは、ここは一人だけど独りじゃないから好きなんだ、と言って断ります。

 

するとドラゴンはそのまま飛び立っていってしまいました。

 

背後から「エステル様」と呼ぶ声がします。

それは赤髪から黒髪へと変わったアンでした。

 

「イメチェン?」とのんきに言っているエステルに、「二日間も眠り続けたと思ったら急に消えて、どうしたんです?」と大慌てのアン。

 

二日もたっていたと聞いて、エステルも驚きます。

そしてそこにエステルの父親が現れて…!

ある日、私は冷血公爵の娘になった 106話の感想&次回107話の考察予想

カスティージョと皇室の誓約の白紙化は、やはり、すぐにエステルが実行できるような内容ではありませんでしたね。

しかし、予想していたよりは簡単そうな感じがしました。

 

どんな形でも破るとカスティージョが滅ぶ、というわけではなさそうなので、協力者がいればできそうな…?

そんな布石にもなっている気がするので、この誓約の条件はしっかり覚えておきたいと思います。

 

ドラゴンはこれまで、感情を隠して不敵に笑うシーンが多かったのですが、最後の最後に、姉との交流で笑顔になる幼少期やエステルについてこないか尋ねるなどやわらかい一面が見えて、良かったです。

 

次回は父親とエステルがどんな会話をするのか?

今のところ予想がつかないので、楽しみに読み進めたいと思います。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった 』106話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった 」107話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら