ある日、私は冷血公爵の娘になった&感想

漫画ある日、私は冷血公爵の娘になった は原作Cotton先生、漫画Siya先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「ある日、私は冷血公爵の娘になった 」103話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ドラゴンの「エステルは愛する者のために命を落とす」という予言をきっかけに、アンと喧嘩してしまうエステル。

エステルは自分が転生したことを思い出し、死んでも生まれ変わると語り、アンはそれでもダメだとエステルに命を大事にするようにお願いします。

 

その一方で、エメルは公爵邸を去り自分の実家であるレイモンド侯爵家を継ぐ決心をし、エステルの父親に騎士の誓約を解いてもらうことに。

 

エメルはカスティージョの「弱点」を取り除き、エステルが二度と「魔塔」の時のような危険にさらされないように、自分が打って出ようと決意しました。

たとえそのことで、エステルに憎まれることになろうとも…。

≫≫前話「ある日、私は冷血公爵の娘になった 」102話はこちら

ある日、私は冷血公爵の娘になった 103話の見どころ・考察予想

今回は日常的な部分のストーリーが進むため、劇的なシーンこそないもの、今後を大きく左右しそうな要素がてんこ盛りの回となっています。

 

忠誠をつくしたものの、エステルからほぼ何のアクションもなかったロイへの対応や、エステルがカスティージョの後継者として一歩前に進むような出来事。

そして最後にはエステルとエメルの恋にも大きな影響を与える出来事があるので、一つ一つのイベントを見落とさないように、読んでいきましょう。

ある日、私は冷血公爵の娘になった 103話のネタバレ込みあらすじ

ロイの忠誠への褒美とは

エステルがロイに忠誠を誓われながら、そのままほったらかしにしていたことを驚く執事長。

エステルはいまいちその重要さがわかっていません。

 

忠誠を誓うということは、ロイの人生そのものをエステルが手にすることを意味し、滅多にあることではないのでした。

 

一般的に、忠誠を誓われた主は剣など武具を授けるのが習わしだと聞き、ロイへのプレゼントを考えるエステル。

そこでドラゴンにのうろこを使って、鎧を作ることを思いつきました。

ドラゴンのうろこを使った鎧

さっそくドラゴンに頼みに行くと、代償にエステルを味わわせてくれればやってやると言われます。

味わわせるとはなにごとだ!と激怒するアン。

 

しかしエステルはごく普通の表情で、「いいよ」とこたえます。

これにはドラゴンも少し驚きました。

 

アンはエメルのことはどうするのか?と慌ててたずねますが、エステルは平然とナイフを貸してくれと言います。

ぽかんとするドラゴンとアン。

 

エステルは自分のをドラゴンに与えて交渉しようというのです。

ドラゴンが「味わう」と意味していたもの、アンも想像できていた「それ」をエステルは考え違いしていたようです。

 

それでもドラゴンはそれで手を打つことにし、エステルの腕から血を吸った後、ドラゴンのうろこ製の鎧を作ってくれました。

 

ロイはその後、ウルフ騎士団から所属を離れ、エステルの専属騎士となり、エステルの隣の部屋に越してきました。

エメルはしばらく護衛につけない、と伝言されたエステルはホッとしつつも、寂しさを感じています。

エステル、伯爵になる

場面は変わってエステルの父親の部屋。

父親はエステルが精霊士として密かに浄化したソリード伯爵領を、エステルの領地として授けることにしました。

エステルはびっくりしましたが、父親は自分の仕事を減らしたかったのですでに決定事項の様で…。

 

さっそく山ほどの書類を抱えて、エステルは自分の仕事部屋に帰る羽目になりました。

 

書類を持って歩いているところに、声をかけるゼオン。

エステルは、事情があって自分がソリード伯爵領を任され、伯爵になったことを話します。

ゼオンに男性の意見を聞いてみるエステル

エステルは数少ない対等に会話のできるゼオンに、思い切って自分が可愛いか聞いてみました。

ゼオンは直接的な質問に照れましたが、可愛いと正直に教えてあげます。

 

そこで、さらに「私から告白された男性はうれしいですか?」と聞いてみるエステル。

ゼオンは、エステルは可愛いのはもちろん、人を惹きつけるところがあるから、みんな喜ぶだろうと答えました。

 

エステルはその答えに喜びつつも、ゼオンの顔色が悪いことがきになったので、「体調が悪いのですか?」と質問を続けます。

 

実はこの前の戦争からエステルの兄カルルと、皇太子リドルの二人の友人の間に板挟みになってつらいというゼオン。

カルルはもうリドルのことは友達じゃないと思っているとか…。

 

そんなところに、慌ててジンが駆け寄ってきました。

何と、エメルが公爵邸を離れるというのです!

ある日、私は冷血公爵の娘になった 103話の感想&次回104話の考察予想

ドラゴンが意外にあっさり自分の鱗で鎧を作ってくれたのは面白かったですね。どうやら人間の計算高さは嫌いなようですが、天然のエステルは気に入っているようです。

 

後半では、エメルへの気持ちに気付いたエステルがゼオンに一般男性の意見を求めるシーンが微笑ましかったです。

ファンタジー世界の物語であり、戦争描写が続いたので、こういった普通の少女漫画のようなシーンがあると癒されます。

 

次回は最後にジンが口にした「エメルがこの屋敷を去る」ことについて語られると思いますので、恋心に気付いたばかりのエステルがどう行動するか注目ですね。

まとめ

今回は漫画『ある日、私は冷血公爵の娘になった 』103話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「ある日、私は冷血公爵の娘になった 」104話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら