外科医エリーゼのネタバレ

漫画「外科医エリーゼ」は原作mini先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「外科医エリーゼ」56話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

負傷兵の生存率を上げるため、野戦病院を改善したいエリーゼ。

上層部の反対になかなか話が進みませんが、リンデンの『やろう』という一声で実行することが決定します。

エリーゼには医務司令官として職位を与え、改善に力を注ぎます。

≫≫前話「外科医エリーゼ」55話はこちら

外科医エリーゼ56話の見どころ・考察予想

病院の改善が着々と進み、病院内部はかなり衛生的になりました。

ですが、医薬品がどうしてもまだ足りません。

 

エリーゼは実家に支援を頼みますが、その話は街中で広まり、国民にも支援の輪が広まり、予想以上の医薬品が集まります。

 

3か月後、死亡率のデータを提出するエリーゼ。

その結果は40%も死亡率を下げたという驚くべき内容でした。

 

ベネチア軍は順調に勝ち進めていますが、クリミア軍が反撃に入ります。

ニコラスはある作戦を立て勝利を、そしてエリーゼを手に入れようとします。

外科医エリーゼ56話のネタバレ込みあらすじ

野戦病院の責任者が、処理を怠っていた上、予算を横領していたという事実が判明したため、厳重に処罰を与え、解任させました。

そして、エリーゼが、総責任職を引き受け、改革を進めていきます。

 

正当に予算を受け取り改革をしていくエリーゼですが、それでもまだ薬品が足りません。

戦争には、縦断や砲弾、衣服など物品にも資金が必要なので、むやみに予算を増やしてほしいとは言えません。

 

父親なら、このくらいなら支援してくれるはずとエリーゼは親に手紙を書くことにします。

 

エリーゼの父は、我が家の富はこれまで年間帝国の臣下として受けた富だから、臣民に帰していくのが正しいと言っていたことを思い出し、私の願いも分かってくれるはずと気持ちを込めて手紙を出すのでした。

 

数日し、病院の改善が着々と進んでいきます。

病室が明らかにきれいになり、感染症の発生も確実に減っています。

 

戦争はまだ終わってないので、患者数は減らないものの、このように急速に改善したのはエリーゼのおかげだと話をするのでした。

支援の輪が広まる

エリーゼは夜中も患者の見回りをしていました。

 

患者の一人が、『私は治るのか』と尋ねると、そっと手を握り、『必ず家族の元へ戻れるように最善を尽くす。』と優しく答えます。

その言葉に患者は胸がいっぱいになり、『ありがとうございます』と何度も言うのでした。

 

ある一人の兵士が、エリーゼの事を【ランプを持った女人】と例えます。

その言葉は、すぐに帝国軍の陣営全体へと広がり、回復した多くの兵士たちはエリーゼの看護に感動していました。

 

その話はブリチア島へも伝わっていました。

 

街中では、クロレンス家が自費で不足している医薬品を仕入れているそうだと話題になっています。

自分達も支援できないかという動きが出てきて、その結果、たくさんの医薬品を野戦病院へ送ることができました。

 

あまりのたくさんの量に、医薬品の不足は心配しなくて済みそうと安心するエリーゼ。

そこへ、皇室十字病院から、グレアムたちが到着します。

 

エリーゼは、来てくれたことにお礼を言いました。

自ら支援して戦地へ出向いてくれたのです。

 

これで体制が整い、ようやく道が開けたと喜ぶエリーゼでした。

また功績を残すエリーゼ

それから2か月が過ぎ、戦線は一進一退の交戦を繰り広げていました。

 

リンデンの卓越した指揮のおかげで様々な戦線が有利な状況へと変っていきます。

特に東部方面では敵の重要な要塞を墜落し、南側へ前進しました。

 

エリーゼは、医療環境を改善し、各自の負傷程度に合わせた治療を行います。

 

3か月後、エリーゼは背棒率改善結果に対する報告を上層部に提出しました。

報告書を見たリンデンや上層部の人たちは目を疑います。

 

死亡率は2%と報告されているのです。

 

20%ではないのかと疑いますが事実です。

実際に負傷兵達の兵営復帰率も高くなっています。

 

42%から2%

たった3か月で死亡率が40%も減少していたのです。

 

リンデンはエリーゼの偉業に改めて驚かされるのでした。

クリミア軍反撃開始

クリミア半島では、現状の状態について話し合っていました。

ブリチア軍は、防御が手強く、まるで鉄壁のようで到底崩すことができません。

 

さらに気がかりなのは剣帝のミハイルで、戦闘中オーラナイトで結成された剣騎士団を率いて突撃し一瞬で戦列を崩しました。

またミハイルだけでなく、リンデンの超能力も油断ができません。

今はまだ戦場にでていないリンデンですが、今後に備えて対策を立てた方が良いと提案します。

 

その中で、兵力の数では勝っている今、総攻撃をするべきだという意見が出ます。

『どうしましょうか閣下』とニコラスに意見を伺います。

ニコラスの作戦とは

ニコラスは、【ランプを持った女人】という言葉を聞いたことがあるかと質問しました。

 

次期皇太子妃の事を表し、現在帝国司令部近隣の野戦病院にいるという事は知っていると答えます。

ニコラスは、『それならコフスクにいるという事か…』と確認すると、次に敵の軍はどこにいるか確認します。

 

現在ブリチア軍は、西軍がビットランに、司令部の中央軍がコフスクに、東軍はボクネ要塞にいます。

その事を聞いたニコラスは、『それは理想的だ。三つの軍を一気に打つ。特に東西軍に向かって戦力を集中させるように』と指示を出しました。

 

作戦名はアンヴィル作戦。

周囲の人々は総攻撃の命令に一致団結し、『承知しました!』と志気を高めます。

 

実は、ニコラスは、わざとボクネ要塞の防御を弱体化させ、ブリチア軍が奪ってくれることを狙っていたのです。

 

ニコラスは、総攻撃は通じない。相手は誰だと思っているのか。

でもこれはどうかな…?と、コフスクにいるリンデンを狙ってニヤリと笑います。

 

『今回の作戦が終わればランプを持った女人にようやく会える』と、一人で不敵な笑いを浮かべるニコラスでした。

外科医エリーゼ56話の感想&次回57話の考察予想

エリーゼがまたやってくれましたね!

40%もの死亡率の低下は戦地にいる兵士たちの大きな心の支えになるでしょう。

 

ケガをしても適切に処置してもらい、手厚く看護されていると、また勇気が湧いてくるものです。

兵営復帰率が高いのもうなずけます。

 

順調に進んでいるように見えていたブリチア軍ですが、最後のニコラスの言葉に、手のひらで踊らされていたのかも…という心配が出てきました。

 

この戦争どうなっていくのか注目していきたいと思います。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』56話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「外科医エリーゼ」57話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら