悪女の定義ネタバレ&感想

漫画「悪女の定義」は原作Sola先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生、脚色Yuns先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」31話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

皇太子と食事をしたシャティ。

本心を話してると知ったことでシャティも計算なく穏やかに会話をしました。

 

そして皇太子と宮に戻る途中にアイリーンと会ってしまい、皇太子を誘うアイリーン!シャティはピンチに?!

 

≫≫前話「悪女の定義」30話はこちら

悪女の定義 31話の見どころ・考察予想

廊下ではち合わせたにも関わらずアイリーンは真っ向からシャティに嫌味を言ってきます。

それに対抗するシャティでしたが、皇太子の恋人であるアイリーンの誘いを断るとは思えない不利な状況です。

 

そんな状況を打ち破ったのは…?!

 

部屋に戻ってから水晶宮の重要さをラブエルから教えられます。

水晶宮を選ばなかったシャティにラブエルは表情を曇らせました。

 

それについてシャティは詳しく聞きたいのですが、なかなか聞く機会がおとずれませんでした。

悪女の定義 31話のネタバレ込みあらすじ

頭痛に効くお茶を手に入れたので…と、皇太子をシャティの目の前で誘うアイリーン。

シャティ対アイリーン再び

公女もご一緒に?と誘う気もないのに声をかけてくるアイリーン。

 

シャティは最近は頭痛のタネもありませんしやめときますと涼しい顔で返し、アイリーンはにらみつけてきました。

 

でもきっと皇太子はアイリーンと一緒にいくはず…そうなったらどれだけみじめか…と考えるシャティ。

周りにはそれぞれの侍女や侍従だけでなく、宮で働いているもの達もいて注目しています。

 

今回はやられたわ…そう考えていると、これから予定がある気持ちだけと伝える皇太子

 

それに驚いたシャティでしたが、お忙しいですものねと言いつつもアイリーンも少し驚きの表情を浮かべました。

 

そして皇太子のエスコートで立ち去るときにチラッとみたアイリーンの表情は怒りの形相でした。

パーティーでの成果

部屋から戻り一息ついたシャティに侍女のセシリアから、ステナ令嬢の表情…恐ろしい顔を…と話しかけてきました。

 

パーティーでも騒動があったと話に聞きましたというセシリアに普段は物静かな侍女のエスターもわたしも聞いて驚いた…と会話に加わってきました。

 

噂は立ちやすいもの…ステナ令嬢が気分を害したなら悪いわ…と我ながら完璧な対応!と思いながら心にもない事をいうシャテ

 

そのパーティーに参加し見ていたエディスはあきれ顔ですが、セシリアからはそんな人だったなんて知らなかったという言葉が出てきます。

 

そこでラブエルからたしなめる声がかかりました。

気になる言葉

侍女たちが入浴準備に向かい、一人残ったラブエルからは避暑は西部にするのですねと声がかかりました。

 

とっさだったと返すシャテにため息をつくラブエル。

ところで水晶宮を推していた理由は?とたずねるシャティ。

 

水晶宮は皇后の財産として与えられるもので、太后から皇后へと受け継がれ皇后が管理する宮ですとラブエルから伝えられます。

 

象徴…でも行きたい所を選んだから後悔はないというシャティ。

エストゥスよりそのあとの方が大切…というシャティに、表情を曇らせるラブエル。

 

結局のところ全部は支持を得るための手段でしかなく、特に貴族の支持が重要です。

そのため不利にならないよう日常から注意しなくてはいけないというラブエル。

 

でもそれなら、家の差があるから心配はないのではないかというシャティ。

その言葉に、だから問題なのですとさらにラブエルは困った表情を浮かべました。

 

どういう意味なのかと聞こうとしたところでエスターから声がかかり、ラブエルとの話はそこで終わってしまいました。

 

ですがシャティは問題だという言葉が耳から離れませんでした。

 

カイロン公爵家とステナ伯爵家では圧倒的に有利な状況です。

 

アイリーンが有利なのは皇太子と恋人関係であることと貴族間での評価で、それを変えればいいし先日のパーティーから変わってきていると考えるシャティでした。

聞きたいのに聞けない!

何が問題なのかと詳しくラブエルに聞く機会は中々おとずれる事はなく、日々が過ぎていき休暇を取ることになったラブエル。

 

そんなラブエルにシャティは高価な幸運石の入ったネックレスをプレゼントします。

 

ラブエルには感謝しているの、生まれたばかりのお孫さんの健康と成長を祈っているわとシャティは伝えました。

 

宮の事は気にせずにゆっくり休んできてと伝えるシャティは、何が問題なのか今がもう一度聞くタイミングだわ!と、ところで…と話しだしたタイミングで扉がノックされます。

 

第五皇子のカイラードが来たことが伝えられ、聞いていなかったと焦ります。

 

ラブエルに気を付けてと言葉をかけ送り出しつつも、聞く機会を失ってしまうシャティ。

 

連絡もせずにすみませんというカイラードに、迷いなく席をすすめました。

 

しかし、一体なんの話なのか全く分からないシャティです。

悪女の定義 31話の感想&次回32話の考察予想

アイリーンの本性が少しずつ表にではじめてきました。

パーティーの一撃は大きかったようで侍女たちも知っていたところをみると社交界には、いい感じに話が広まってるのでは?と思います。

 

でも水晶宮の件とラブエルの話が気になります!

ラブエルが重たい雰囲気を出していたところをみると、今後にかなり影響してくる可能性もあるのではないかと思います。

 

現代と同じであれば爵位の順番は…

公爵>侯爵>伯爵>子爵>男爵

だと思いますが、それでいけば公爵と伯爵なのでシャティの言うように問題はないと思うのです。

でもそれだけではないような感じがあります。

 

もしかしたら、前にもでてきた派閥の関係なのかもしれませんね…。

これから明かされていくでしょうし楽しみに待ちたいと思います。

 

あと関係なさそうな事ではありますが、ラブエルはおばあちゃんなのですね!意外でした!

 

そしてカイラードはお久しぶりな感じがしました!

一体なんの用なのか…普通に考えたらパーティーの件かなぁとは思いますが、これも楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』31話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」30話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら