悪女の定義ネタバレ&感想

漫画悪女の定義は原作HÆON先生Yuns先生、漫画Min(REDICE STUDIO)先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪女の定義」117話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

アルベルの魔道具のおかげで、毒事件がアイリーンの自作自演も視野に入れた捜査が行われることになりました。

未だ目を覚まさないアイリーンに、シャティは密かに勝利宣言をするのでした。

≫≫前話「悪女の定義」116話はこちら

悪女の定義117話の見どころ・考察予想

事件の捜査で息の詰まる皇宮から離れて、その日はシャティ主催のアルテミルの祝賀パーティー。

ステナ夫人の別荘へと向かいました。

 

久しぶりのアルテミルとシャティは相変わらずです。

アルテミルの恋愛に対して奥手なところも…。

 

久しぶりに息抜きをするシャティですが、そこへ皇太子が現れます。

でも、なんだか皇太子の様子がいつも違って見えるシャティ…。

悪女の定義117話のネタバレ込みあらすじ

皇宮内は、毒事件の捜査の方向性が変わったことで緊張した空気が流れます。

シャティも息が詰まってしまう状態ですが、その日は気持ちも違いました。

 

皇宮の外で開かれるパーティに参席するからでした。

純情アルテミル

シャティが向かったのはレオナ夫人の別荘。

そこで、シャティの兄アルテミルが留学を終えて帝都に戻ってくることを祝う祝賀会が行われるのです。

 

狩猟祭のときに、レオナ夫人と打ち合わせをした通り、貴婦人たちの注目を集めたパーティー。

シャティはその主催者なのです。

 

忙しいシャティに代わって、レオナ夫人とラブエルが全て準備してくれました。

それでも、シャティと挨拶を交わそうとする貴族たちは後を絶たず、忙しくしています。

 

そこへアルテミルがやってきて声をかけました。

ハグをすると、めずらしく頬にキスをしてきます。

 

前に会ったときに、これからは大切に思っている気持ちを表現すると言っていたアルテミルですが、こんな照れくさい挨拶までしてくれると思わなかったと口にするシャティ。

 

アルテミルは何だよ!と焦り顔です。

シャティが今日は他の女性たちとも仲良くなって下さいと言うと、そんなことはわかってると返ってきました。

 

今まで女性とは縁がなかったじゃないかとからかうシャティ…。

そこへ両親も合流して家族が顔を合わせます。

 

アルテミルが女性に縁がなかったわけじゃないと、子供の頃の話を持ち出してきたので、シャティは呆れて嫌味を言いました。

初恋の記憶を壊すなぁ、と叫んでアルテミルは走り去っていきます。

 

アルテミルはこのパーティーの主役であり、すべてのレディーの理想のような存在なのに、本人はその方面にはまったく消極的。

 

そんなアルテミルに、シャティはまだ若いし仕方ないなと思います。

前世の自分より年下なんだから…と。

 

それなりにパーティーを楽しんでくれればと、シャティも久しぶりの幸せな時を過ごしていました。

そこへアルテミルが戻ってきてしまいます。

 

楽しんでいると言う割にはダンスも踊っていないとシャティが言うと、踊りたいのかと手を差し出してきました。

結局シャティはアルテミルと踊ることに。

 

楽しかったけれど、令嬢たちの視線が痛いシャティ。

すると、令嬢たちにまぎれてムッとした視線を送ってくる皇太子に気付きました。

パーティー会場に皇太子が!?

ダンスが終わり、帝都に戻ってからのパートナーもお願いしようと言うアルテミルに、それは困ると皇太子が答えてシャティの横に並びました。

 

挨拶を済ますと、シャティのパートナーは全て自分が務めるようになると宣言する皇太子。

それをわざわざ言いに来たのかとシャティは呆れます。

 

アルテミルはわかりましたと答えますが、シャティがどんな地位になっても妹であることには変わりないし、それにまだ皇太子とは何の関係もないと言い返しました。

 

レジーナ皇后予備軍に過ぎない、と。

一触即発の皇太子とアルテミル。

 

シャティはひとまず2人を引き離そうと、皇太子をレオナ夫人のところに連れていきました。

レオナ夫人は、皇族が来てくれたことに大喜びです。

 

シャティも皇太子が来ることを知らなかったと伝えると、さすがカイロン公女だと言われました。

でも、シャティには皇太子が機嫌が悪そうに見えます。

 

2人になったシャティは、忙しかったのでは?と訊きました。

シャティの主催する初めてのパーティーだからと皇太子は言いますが、もう戻らないといけないと告げます。

 

シャティも一緒に戻ろうと腰に手をかける皇太子。

パーティーの主催だからと言ってシャティが皇太子の顔を見上げると、やっぱりいつもと様子が違います。

 

本当にどうしちゃったのだろうと思うシャティ…。

悪女の定義117話の感想&次回118話の考察予想

アルテミルはイケメンなのにもったいない!

でも、小公爵ですからね、これで愛想がよかったら令嬢たちが群がってしまいますね。

 

それにしても4歳のときのことを持ち出して反論するなんて奥手にも程があります。

 

皇太子はシャティが主催する初めてのパーティーだと言っておきながら、一緒の戻ろうなんてどうしたのでしょう?

 

皇宮で何かあった?

それとも単なるジェラシーでしょうか!?

まとめ

今回は漫画『悪女の定義』117話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪女の定義」118話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら