悪役のエンディングは死のみネタバレ&感想

漫画悪役のエンディングは死のみは原作Gwon Gyeoeul先生、漫画SUOL先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪役のエンディングは死のみ」31話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

雨の中修行をしているイクリスに声をかけるペネロペですが、イクリスはペネロペに対し木刀を突きつけてしまいます。

必死に罰を与えてほしいとお願いするイクリスですが、ペネロペは罰を与えずその場から去っていくのでした。

≫≫前話「悪役のエンディングは死のみ」30話はこちら

悪役のエンディングは死のみ31話の見どころ・考察予想

ヴィンダーを早く探したいところですが、うまく行くかはエミリーの活躍が鍵かと思うところですが、なかなかメイドのエミリーだけでは手がかりを掴めそうにない気がしますね。

 

そして、最初かなりペネロペに対し酷い事ををしていたエミリーですが、ここ最近は従順なメイドになってしまっているのが、何か裏があるのかどうなのか?

 

今回はそのあたりが見どころだと思います。

悪役のエンディングは死のみ31話のネタバレ込みあらすじ

エイミーが偵察した結果

エイミーから「例の件での返信が届きました」と報告がありました。

返信の手紙を見るペネロペ。

 

数が少ないと思う彼女はエイミーに「これだけ?」と聞き、エイミーは情報がすくなすぎたのでと弁解しました。

 

第2皇子の誕生パーティーで白いハンカチを持っていた貴族の男性というキーワードだけでは情報が曖昧すぎて特定が難しかったと説明しました。

 

そしてエイミーは他の所にも依頼すると張り切りますが、リストはこれだけで良いと言う彼女。

理由は人探しのために渡した情報ではないからです。

 

私が言ったのが店の数だったのに、4箇所回って3箇所分しか返事がないと言いました。

それに対しエイミーは、ウサギの仮面をつけた人の所は何の連絡もなかったと報告します。

 

すぐ返事がくると踏んでいたが、来なかったのではルートを進められないと思う彼女。

もう一度行くという彼女のお願いを却下し、代金は払ったか確認します。

 

言われた通り使いに宝石をもたせたとのこと。

 

彼女はエイミーを褒め、残りの宝石は褒美としてあげると言いました。

突然の高級な褒美に驚くエイミーは「いいえそんな、残りはすぐお持ちしますので」と受け取らない宣言をしました。

 

では金貨でもと言うペネロペですが「私はそんなものは要らないです」とつっぱねるエイミー。

不思議がる彼女に、褒美は欲しくないと意思表示しました。

エイミーが欲しいものとは

彼女は針の事を気にしてるのかと思い、針は捨てとくと言いますが、エイミーは「捨てなくていいです」と言います。

ますます不思議に思うペネロペは、欲しいものをはっきり言うように要求します。

 

エイミーは少し恥ずかしそうに「本当の意味でメイドになりたい」と言うのでした。

その言葉に今いちピント来ないペネロペ。

 

もしかして「私の手足になりたいってこと?」と思い、聞いてみると「はい」との返事が。

しかし、以前のエイミーの行いから考えるとそんなこと信じられません。

 

あなたをどう信じろと?」と問い「任された仕事はうまくこなせたので褒めてあげる」と言いました。

だけど、エイミーは既に専属メイドだし、それ以上の権限を与えられないと伝える彼女。

 

するとエイミーは土下座し、以前の無礼をわびました。

周囲に流されて身の程知らずな過ちを犯してと謝るエイミー。

 

今は私の事が信用できなくて当然ですが、でもチャンスさえいただけるなら必ず役に立ってみせますと誓います。

必死にお願いするエイミーに「本気でいってるの?」と半信半疑な彼女。

 

針は保管していただいても構わないので、疑わしい時は公爵様に見せてくださいと、裏切らない姿勢をエイミーはみせました。

 

戸惑うペネロペは、これもエピソードなのかと考えます。

 

名ばかりの公女に尽くしても特はないし、今までは針の弱みを握られてるので従順だったと思ってけど、自ら私の見方になりたがるとは・・と思うペネロペ。

 

エイミーを見ると、とても嘘を言ってるようにみえません。

ペネロペはエイミーに、残った宝石は戻しておくように命令しました。

エイミーの事を信じたペネロペは

エイミーの表情が明るくなります。

お礼を言い、今すぐ行ってきますと部屋を出ていきました。

 

そして満面の笑みで「これからも精一杯がんばります!」とペネロペに言うエイミー。

ペネロペは少し複雑ですが、忠実な人を側において損はないかと納得します。

 

システムウィンドウのお知らせが入り、公爵家の人物との仲が改善したとのこと。

名声ポイントも+10になりました。

 

トータルポイントは15です。

 

しかし、面倒な事になってきたと、再び考えるペネロペ。

 

ヴィンターに関しては、偶然ぶつかっただけの人をこっちから訪ねるのはおかしいので、ヴィンターには先に動いてくれないと、と思います。

 

このまま返信がなかったらイヴォンみたいに探し回る覚悟をします。

その時窓のガラスが急に割れました。

 

何?と驚くペネロペの前に一匹のウサギがいるのでした。

悪役のエンディングは死のみ31話の感想&次回32話の考察予想

エイミーの覚悟は本当かなと思います。

ゲームの世界に入ってペネロペは、数々の人と接したりしていくうちに、ゲームのキャラ達の考えが変わっていってるのかなと感じます。

 

しかし、名声ポイントが上がったとしても、ハードモードなので、先に何が起きるかわかりませんね。

状況次第では、すぐに名声が下がっていくことも考えられそうです。

 

そして、飛び込んできたウサギはなんなのか気になりますね。

うさぎの仮面関係だとは思うのですが、先が楽しみです。

まとめ

今回は漫画『悪役のエンディングは死のみ』31話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

≫≫次回「悪役のエンディングは死のみ」32話はこちら

 

ピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』もおすすめですよ♪

マンガMee】

公式サイトはこちら
・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!
マンガMeeのDLはこちら